今週の注目レース

中日新聞杯(GⅢ)

中京競馬場 2000メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

データ分析関連動画

出世レースとなりつつある古馬・芝中距離のハンデキャップ重賞

2000年から2011年までは12月上旬〜中旬に、2012年から2016年までは3月上旬〜中旬に行われていた中日新聞杯だが、2017年から再び12月の開催となった。3連単が発売された2004年以降の14回中、3分の1を超える5回で“10万馬券”が飛び出すなど、波乱の決着も珍しくない一戦だ。なお、2017年2着のミッキーロケットは、翌2018年の宝塚記念でGⅠウイナーの仲間入りを果たした。2012年から2016年までこの時期に行われていた金鯱賞も後の活躍馬を数多く輩出していただけに、今後の中日新聞杯は翌年以降のビッグレースを展望するうえで見逃せない一戦となるかもしれない。今回は中京競馬場・芝2000メートルで行われた2008、2009、2017年の中日新聞杯と2012〜2016年の金鯱賞、小倉競馬場・芝2000メートルで行われた2010、2011年の中日新聞杯の計10レースを集計対象として、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

極端な外枠に入った馬は不振

中京競馬場のリニューアルオープン(2012年3月)後に行われた2012〜2016年の金鯱賞と2017年の中日新聞杯における馬番別成績を調べると、「14〜18番」の馬は全て4着以下に敗れている。ちなみに、リニューアルオープン前に行われた2008、2009年の中日新聞杯、小倉・芝2000メートルで行われた2010、2011年の中日新聞杯も、馬番が「14〜18番」だった馬(計16頭)は全て4着以下に敗れていた。出走頭数が多くなるようであれば、外寄りの枠に入った馬は評価を下げたいところだ。〔表1〕

〔表1〕馬番別成績(2012〜2016年の金鯱賞、2017年の中日新聞杯)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1番 0-1-0-5 0% 16.7% 16.7%
2番 0-0-1-5 0% 0% 16.7%
3番 0-1-0-5 0% 16.7% 16.7%
4番 1-0-1-4 16.7% 16.7% 33.3%
5番 0-0-3-3 0% 0% 50.0%
6番 1-0-0-5 16.7% 16.7% 16.7%
7番 0-0-1-5 0% 0% 16.7%
8番 0-0-0-6 0% 0% 0%
9番 0-1-0-5 0% 16.7% 16.7%
10番 1-1-0-4 16.7% 33.3% 33.3%
11番 1-0-0-5 16.7% 16.7% 16.7%
12番 0-1-1-4 0% 16.7% 33.3%
13番 2-1-0-1 50.0% 75.0% 75.0%
14番 0-0-0-3 0% 0% 0%
15番 0-0-0-2 0% 0% 0%
16番 0-0-0-2 0% 0% 0%
17番 0-0-0-2 0% 0% 0%
18番 0-0-0-1 0% 0% 0%
1〜13番 6-6-7-57 7.9% 15.8% 25.0%
14〜18番 0-0-0-10 0% 0% 0%
  • 注記:2016年の金鯱賞は3着同着

若い馬が優勢

対象とした10レースの年齢別成績を調べると、「4歳以下」の馬が3着内率40.0%と優秀な成績を収めている。ちなみに、2008〜2011年ならびに2017年の中日新聞杯に限れば、3着以内馬15頭中13頭が「4歳以下」の馬だった。今年も比較的若い馬を重視したい。〔表2〕

〔表2〕年齢別成績(2008〜2011、2017年の中日新聞杯、2012〜2016年の金鯱賞)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳以下 8-7-5-30 16.0% 30.0% 40.0%
5歳以上 2-3-6-93 1.9% 4.8% 10.6%
  • 注記:2016年の金鯱賞は3着同着

前走の出走頭数に注目

2008〜2011年ならびに2017年の中日新聞杯における前走の出走頭数別成績を調べると、前走の出走頭数が「18頭」だった馬が3着内率32.1%と優秀な成績を収めている。一方、「12頭以下」だった馬は連対例がなく、3着内率も6.3%にとどまっている。2012〜2016年の金鯱賞では前走で少頭数のレースを使われていた馬の好走もあったが、この時期に行われた中日新聞杯の傾向を重視するならば、前走が18頭立てだった馬を高く評価すべきだろう。〔表3〕

〔表3〕前走の出走頭数別成績(2008〜2011、2017年の中日新聞杯)
前走の出走頭数 成績 勝率 連対率 3着内率
12頭以下 0-0-1-15 0% 0% 6.3%
13〜17頭 2-2-1-37 4.8% 9.5% 11.9%
18頭 3-3-3-19 10.7% 21.4% 32.1%

馬体重のある馬を重視したい

2008〜2011年ならびに2017年の中日新聞杯における前走の馬体重別成績を調べると、前走の馬体重が「470キログラム未満」だった馬は3着内率8.0%と苦戦している。一方、「510キログラム以上」だった馬は3着内率33.3%と優秀な成績を収めている。12月に行われた中日新聞杯の傾向からは、馬体重のある馬ほど信頼できると言えそうだ。〔表4〕

(伊吹雅也)

〔表4〕前走の馬体重別成績(2008〜2011、2017年の中日新聞杯)
前走の馬体重 成績 勝率 連対率 3着内率
470kg未満 0-1-1-23 0% 4.0% 8.0%
470〜509kg 2-3-3-38 4.3% 10.9% 17.4%
510kg以上 3-1-1-10 20.0% 26.7% 33.3%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: