今週の注目レース

JBCスプリント(JpnⅠ)

京都競馬場 1200メートル(ダート)定量 3歳以上オープン

2017年 ニシケンモノノフ

2017年 ニシケンモノノフ

2016年 ダノンレジェンド

2016年 ダノンレジェンド

2015年 コーリンベリー

2015年 コーリンベリー

レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

JBC競走は、本家アメリカのブリーダーズカップ(ブリーダーズカップ・ワールド・サラブレッド・チャンピオンシップス)に範を取りながら、将来的にはダートの各カテゴリー(年齢、性別、距離など)のチャンピオン決定戦とすべく、2001年に創設され、ダート競走の魅力の向上を通じて、地方競馬の振興及び軽種馬生産の振興を目指すという理念のもと、地方競馬場の持ち回りにより行われてきた。創設当初はスプリントとクラシックの2レースが行われていたが、2011年にレディスクラシックが新設され、現在は同日に3レースが行われている。

なお、中央競馬・地方競馬を通じて行われているダートグレード競走の魅力を広く知ってもらうため、2018年はJRAで開催することとなり、第5回京都競馬第2日に3競走(スプリント、クラシック、レディスクラシック)が行われる。

2001年の第1回JBCスプリントは、大井競馬場ダート1200メートルで行われ、JRA所属のノボジャックが優勝した。2018年は京都競馬場のダート1200メートルで行われる。

コースの特徴

京都・ダート1200メートル

スタートからゴールまでダートのコース。向正面の2コーナー過ぎからのスタートで、3コーナーまでの距離が約410メートル。スタート地点から3コーナーまでの距離は、ダートの上からスタートするJRAのダート1200メートルコース(東京、中京、京都、阪神)の中では最も長い。スタート後しばらくして上り坂。3コーナーから4コーナーにかけて坂を下る。同じ関西圏の阪神のダートコースよりもコーナーは緩やかで、直線は平坦。そのため、コーナーから直線でスピードを発揮しやすく、古馬の上級クラスになると、末脚の切れがレースの勝敗を決することも多い。

(亀谷 敬正)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: