今週の注目レース

菊花賞(GⅠ)

京都競馬場 3000メートル(芝・外)馬齢 牡・牝 3歳オープン

データ分析関連動画

スタミナこそが強さの証し クラシック三冠最終決戦

春の皐月賞、日本ダービーから夏を越え、クラシック三冠最後の戦いを告げるファンファーレが鳴ろうとしている。芝3000メートルという距離は3歳馬にとって初めて経験するもので、折り合い面や騎手の駆け引きなど、最後の一冠を巡って手に汗握るドラマが演じられてきた。ここでは過去10年の結果から、好走馬に共通する傾向を探っていく。

下位人気馬の台頭に警戒せよ

過去10年の単勝人気別成績をまとめると、「1番人気」が3着内率でトップとなる80.0%をマークしている。続く、「2〜5番人気」はやや好走率が伸び悩んでおり、「6〜9番人気」が3着以内に9頭入るなど、3着内率で「2〜5番人気」と同等の数値をマークしている。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 6-1-1-2 60.0% 70.0% 80.0%
2番人気 0-2-0-8 0% 20.0% 20.0%
3番人気 1-0-2-7 10.0% 10.0% 30.0%
4番人気 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
5番人気 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0%
6〜9番人気 2-2-5-31 5.0% 10.0% 22.5%
10番人気以下 0-2-2-86 0% 2.2% 4.4%

前走「神戸新聞杯」組が優勢

過去10年の出走馬について、前走別に成績を調べると、トライアルの「神戸新聞杯」組が3着以内に19頭入り、好走率でもトップに立っている。その一方で、同じトライアルの「セントライト記念」組は3着内率が10.0%にとどまっており、「1000万下の芝レース」組の13.2%より低い数値になっている。〔表2〕

〔表2〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率  連対率 3着内率
神戸新聞杯 8-6-5-51 11.4% 20.0% 27.1%
セントライト記念 1-3-1-45 2.0% 8.0% 10.0%
1000万下の芝レース 1-0-4-33 2.6% 2.6% 13.2%
札幌記念 0-1-0-1 0% 50.0% 50.0%
その他のレース 0-0-0-20 0% 0% 0%

近走で3着以内に入ったレースの距離に注目

過去10年の出走馬について、過去2走で3着以内に入ったレースの最長距離別に成績をまとめると、日本ダービーや神戸新聞杯が行われる距離である「2400メートル」組が3着内率で41.5%という断トツの数値を記録している。それに続くのがセントライト記念などが該当する「2200メートル」組となっている。なお、「2500メートル以上」組からは1、2着馬こそ出ていないが、3着に入った2頭(2012年ユウキソルジャー、2014年ゴールドアクター)は共に単勝7番人気だったように、長距離戦で実績がある馬は、人気にかかわらず警戒が必要だろう。〔表3〕

〔表3〕過去2走で3着以内に入ったレースの最長距離別成績(過去10年)
最長距離 成績 勝率  連対率 3着内率
1700m 0-0-0-1 0% 0% 0%
1800m 1-0-0-18 5.3% 5.3% 5.3%
2000m 0-1-1-22 0% 4.2% 8.3%
2200m 1-2-2-25 3.3% 10.0% 16.7%
2400m 8-5-4-24 19.5% 31.7% 41.5%
2500m以上 0-0-2-13 0% 0% 13.3%
過去2走で3着以内なし 0-2-1-47 0% 4.0% 6.0%

過去3走で3着以内の多い馬が強い

過去10年の出走馬について、過去3走で3着以内に入った回数別に成績を調べると、優勝馬10頭を含む連対馬20頭中18頭は、過去3走で2回以上3着以内に入っていた。好走率でも「3回」・「2回」組が「1回」・「0回」組を大きく上回っており、過去3走で複数回3着以内に入っていた馬は高く評価した方がよさそうだ。〔表4〕

〔表4〕過去3走で3着以内に入った回数別成績(過去10年)
回数 成績 勝率  連対率 3着内率
3回 7-1-1-29 18.4% 21.1% 23.7%
2回 3-7-4-43 5.3% 17.5% 24.6%
1回 0-0-4-59 0% 0% 6.3%
0回 0-2-1-19 0% 9.1% 13.6%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

皐月賞での着順などをチェック

過去10年の優勝馬10頭の同年春の実績を調べると、10頭中5頭は皐月賞に出走経験があった上、3着以内に入っていた。また、皐月賞に出走していなかった残り5頭の同年4月末時点での所属クラスを調べると、3頭が未勝利クラス(うち1頭はデビュー前)、2頭が500万下クラスと全て条件クラスだった。皐月賞の時点での所属クラスが条件クラスだった馬や、当時はまだデビュー前だった馬であっても軽視は禁物だろう。〔表5〕

(河野 道夫)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕優勝馬の皐月賞での着順、皐月賞不出走の場合は同年4月末時点での所属クラス(過去10年)
年度 優勝馬 皐月賞での着順 所属クラス
2008年 オウケンブルースリ 不出走 未勝利
2009年 スリーロールス 不出走 500万下
2010年 ビッグウィーク 不出走 未勝利
2011年 オルフェーヴル 1着
2012年 ゴールドシップ 1着
2013年 エピファネイア 2着
2014年 トーホウジャッカル 不出走 未勝利(未出走)
2015年 キタサンブラック 3着
2016年 サトノダイヤモンド 3着
2017年 キセキ 不出走 500万下

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: