今週の注目レース

富士ステークス(GⅢ)

東京競馬場 1600メートル(芝)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

ペルシアンナイト

牡4歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:オリエントチャーム
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

3歳春の皐月賞で2着に好走。秋には他世代の強敵を撃破してマイルチャンピオンシップを制し、GⅠホースの仲間入りを果たした。前走の安田記念は6着に敗れたが、直線で進路が開かず不完全燃焼だったもの。秋初戦の今回、好発進が期待される。

「前走の安田記念(6着)は最後の直線で進路が開かず、脚を余した形でした。力を出し切っての結果ではありませんので、悲観はしていません。その後は予定通りに休養へ入り、秋初戦を富士Sに定めて調整してきました。調教の動きがひと追いごとに上向いていますから、順調な仕上がりで出走できるでしょう。東京コースへの適性は備えているので、スムーズなレースができれば巻き返せるはずです」と、厩舎サイドは本馬の手入れに余念がない。中距離での実績も十分な馬だが、ベストは昨年のマイルチャンピオンシップを優勝しているこの距離だろう。リフレッシュが完了した今回は、前走のうっぷんを晴らす走りを期待したい。

レッドアヴァンセ

牝5歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:エリモピクシー
  • 母の父:ダンシングブレーヴ
ここに注目!

前走のヴィクトリアマイルでは、最後の直線で1度先頭に立つ場面を作って3着。前々走の阪神牝馬S2着に続く好走で、地力アップを強烈にアピールした。今回は牡馬相手になるが、前走と同じ舞台なら待望の重賞初制覇も可能だろう。

「前走のヴィクトリアマイルは、最後の直線で一度先頭に立つシーンを作って3着に好走してくれたので、今後の活躍がますます楽しみになりました。その後は放牧で英気を養ってから栗東トレーニング・センターに帰厩し、この富士Sを視野に入れて調教を積んでいます。今回は牡馬の強力なメンバーに入っての一戦なので、楽な競馬にはならないでしょうが、ここで初の重賞のタイトルを獲得して、さらなる飛躍を遂げたいです」と、陣営は本馬の仕上げに懸命だ。休養期間が多かった分まだ成長が見込め、重賞優勝馬がずらりと並ぶ血統背景も魅力。ここで重賞ウイナーの仲間入りを果たせば、その先にはGⅠ制覇も見えてくるだろう。

エアスピネル

牡5歳

調教師:笹田和秀(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:エアメサイア
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

昨年秋は、富士Sを制して臨んだマイルチャンピオンシップで勝ち馬にハナ差の2着と好走。GⅠ制覇にあと一歩のところまで迫った。今回は約6か月ぶりのレースになるが、気性的に休み明けでも力を出せるタイプで、同レース連覇を目指す。

「読売マイラーズC3着の後は安田記念を目標にしていましたが、体調が整わず休養に入りました。今回は久々のレースになりますから、順調に使われている馬たちに比べると不利な面はあるかもしれませんが、この馬自身は休み明けでも力を出せるタイプです。東京のマイルも合っているので、好発進を遂げてほしいです」と、スタッフは厩舎の看板ホースに成長した本馬に期待を寄せている。高いマイル適性を示しており、GⅠ制覇も視界に捉えている一頭。昨年の本レース優勝は不良馬場を克服してのもので、馬場コンディションを問わない点も心強い。順調さを欠いた春シーズンの分まで、この秋の活躍が期待される。

ワントゥワン

牝5歳

調教師:藤岡健一(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ワンカラット
  • 母の父:Falbrav
ここに注目!

中京記念5着、関屋記念2着に続いて、前走の京成杯オータムHでも2着に好走。サマーマイルシリーズでの活躍が目立った。高いマイル適性を示しており、順調に実戦を使われている強みを生かして、待望の重賞初制覇に挑む。

「前走の京成杯オータムH(2着)は、右回りで直線の短い中山が舞台だったので、どんなレースができるか不安もありましたが、最後の直線ではこの馬らしい切れ味を発揮してくれました。惜しいところで重賞のタイトル獲得は成りませんでしたが、着実に地力を強化していることは確認できました。夏場の疲れも見られませんから、ここも好勝負を期待しています。今回は実績のある東京・芝コースなので、うまく一瞬の切れ味を生かしてほしいです」と、厩舎サイドは好走を続ける本馬に信頼を寄せている。直線でスムーズさを欠いた3走前の中京記念は力を存分に発揮できなかったが、前々走の関屋記念では目を引く末脚を披露して2着に好走。夏以降の充実が目立つ存在だ。

ジャンダルム

牡3歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:Kitten's Joy
  • 母:Believe
  • 母の父:Sunday Silence
ここに注目!

前走の日本ダービーは距離面の不安が出た印象で17着と敗れたが、昨年のホープフルS2着、今年の弥生賞3着の実績があり、世代上位の脚力を誇ることは間違いない。ここまで2戦2勝の芝1600メートルなら、見直しが必要だろう。

「前走の日本ダービー(17着)は上々の仕上がりで臨めましたが、ラストは余力がなかっただけに、距離の壁があったのかもしれません。その点を踏まえて、今後はマイル路線を中心にローテーションを組むことを考えています。夏場の休養で成長が感じられますし、栗東トレーニング・センターに帰厩後の調整も順調です。今回は初めて他世代の馬たちと戦いますので、今後を占う意味でも重要なレースになります」と、陣営は秋の活躍に期待を寄せている。中距離でも実績があるが、芝1600メートルでは昨年のデイリー杯2歳S優勝を含めて2戦2勝。マイル適性十分の3歳馬で、ここで好結果を出して大舞台に向かいたい。

ロジクライ

牡5歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ドリームモーメント
  • 母の父:Machiavellian
ここに注目!

一昨年1月のシンザン記念を優勝した後に骨折が判明して、長期休養を余儀なくされたが、昨年12月に復帰し、再び重賞戦線で活躍を始めている。前走の京成杯オータムH(3着)の内容は着順以上に濃く、ここは2度目の重賞制覇のチャンスだ。

「前走の京成杯オータムH(3着)は前に行った馬には厳しい展開でしたが、最後まで粘り強く走ってくれたと思います。余裕を持たせたローテーションで使ってるので、今回も好調をキープしたまま臨めるでしょう。東京・芝コースでの勝ち鞍がありますから、舞台替わりも問題ありません。スムーズに流れに乗ることができれば、勝機を見いだせるはずです」と、陣営は本馬の久々の重賞勝利へ向けて意欲的だ。長い休養期間があった影響でレースキャリアはまだ12戦。そのうちの11戦が芝1600メートルという生粋のマイラーだ。今後も活躍が期待できる一頭だけに、ここは楽しみなレースを迎える。

ハクサンルドルフ

牡5歳

調教師:西園正都(栗東)

  • 父:アドマイヤムーン
  • 母:キングスミール
  • 母の父:Theatrical
ここに注目!

重馬場で行われた前走のエプソムCで、勝ったサトノアーサーに次ぐ2着と好走。重賞制覇はすぐ手の届くところまで来た印象だ。晴雨兼用のタイプで、馬場コンディションを問わない点は心強い。末脚勝負型で展開に左右されやすいが、ここでも軽視はできない。

「前走のエプソムC(2着)は強いメンバーを相手に好走してくれたので、収穫の大きな一戦になりました。瞬発力が生きる良馬場に越したことはありませんが、水分を含んだ馬場状態も苦にしないタイプです。どんな馬場でもラストは確実に末脚を伸ばせる点は大きなセールスポイントでしょう。夏場を休養に充てて疲れも解消しているので、そろそろ重賞のタイトルを獲得させたいです。前走から200メートルの距離短縮もプラス材料と言えるでしょう」と、厩舎サイドは本馬の成長を感じている様子だ。3歳春のNHKマイルCで勝ち馬から0秒3差の6着(同着)に善戦した素質馬が、いよいよ本格化ムード。磨きをかけた末脚で、初の重賞制覇を目指す。

ヤングマンパワー

牡6歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:スニッツェル
  • 母:スナップショット
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

2015年アーリントンC、2016年関屋記念、富士Sと、既に重賞を3勝している実力馬。しばらく勝利の美酒を味わっていないが、近2走は共に見せ場十分だった。休養明け3戦目で状態のアップが見込める今回は、さらに楽しみが広がる。

「前走の京成杯オータムH(8着)は積極的なレースで見せ場を作ったので、内容は着順以上に濃かったと思います。休養明けだった前々走の関屋記念(4着)も上々のレースぶりでしたし、今後の活躍が楽しみになりました。6歳の秋になりましたが、まだ能力の衰えは感じられません。東京・芝コースに替わる点もプラス材料ですから、ここは前進を期待しています」と、陣営は本馬の完全復活を待ち望んでいる。しばらく勝利を挙げていないが、一昨年の本レースを優勝した実力馬。実戦を使いながら上昇するタイプだけに、休養明け3戦目の今回はさらなる上積みが見込めるはずだ。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: