今週の注目レース

産経賞オールカマー(GⅡ)

中山競馬場 2200メートル(芝・外)別定 3歳以上オープン

データ分析関連動画

ビッグレースと密接な関係にある注目の一戦

2015年のショウナンパンドラ、ヌーヴォレコルト、2016年のゴールドアクター、サトノノブレス、そして2017年のルージュバック、ステファノスと、ここ3年の当レースではJRAのGⅠで連対経験のあった馬が1、2着を占めている。また、2014年2着のラキシスが次走のエリザベス女王杯を優勝するなど、この産経賞オールカマーが飛躍の足がかりとなった例も少なくない。今回は新潟・芝2200メートルで行われた2014年を含む過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

前走の条件と着順に注目

過去10年の出走馬の前走の条件別成績を調べると、前走が「JRAのGⅠ」だった馬は3着内率が56.0%に達している。JRAのビッグレースから直行してきた馬は信頼できるようだ。一方、「JRAのGⅠ・GⅡ・GⅢ以外のレース」だった馬は連対例がなく、3着内率も5.7%にとどまっている。前走がJRAの重賞以外のレース、もしくは地方や海外のレースだった馬は評価を下げたい。〔表1〕

〔表1〕前走の条件別成績(過去10年)
前走の条件 成績 勝率 連対率 3着内率
JRAのGⅠ 6-7-1-11 24.0% 52.0% 56.0%
JRAのGⅡ・GⅢ 4-3-7-68 4.9% 8.5% 17.1%
“JRAのGⅠ・GⅡ・GⅢ”以外のレース 0-0-2-33 0% 0% 5.7%

なお、前走が「JRAのGⅡ・GⅢ」だった馬のうち、そのレースでの着順が「6着以下」だった馬は3着内率6.3%と苦戦している。前走がJRAのGⅠ以外の重賞だった馬を比較する際は、そのレースの着順が良かった馬を高く評価した方がよさそうだ。〔表2〕

〔表2〕前走が“JRAのGⅡ・GⅢ”だった馬の、そのレースの着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
5着以内 2-2-7-23 5.9% 11.8% 32.4%
6着以下 2-1-0-45 4.2% 6.3% 6.3%

前走が多頭数のレースだった馬が中心

過去10年の連対馬延べ20頭中18頭は、前走の出走頭数が「15頭以上」だった。一方、「14頭以下」だった馬は連対率3.1%、3着内率9.4%と苦戦している。臨戦過程を比較する際は、前走が多頭数のレースだった馬を重視すべきだろう。〔表3〕

〔表3〕前走の出走頭数別成績(過去10年)
前走の出走頭数 成績 勝率 連対率 3着内率
14頭以下 1-1-4-58 1.6% 3.1% 9.4%
15頭以上 9-9-6-54 11.5% 23.1% 30.8%

高齢馬やキャリアが豊富過ぎる馬は割り引き

過去10年の出走馬の年齢別成績を調べると、「8歳」「9歳」「10歳」の馬は全て4着以下に敗れている。また、「7歳」馬も連対率5.0%、3着内率15.0%とやや苦戦している。高齢馬は評価を下げたい。〔表4〕

〔表4〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 0-0-0-1 0% 0% 0%
4歳 2-3-2-15 9.1% 22.7% 31.8%
5歳 4-3-5-37 8.2% 14.3% 24.5%
6歳 3-4-1-24 9.4% 21.9% 25.0%
7歳 1-0-2-17 5.0% 5.0% 15.0%
8歳 0-0-0-11 0% 0% 0%
9歳 0-0-0-6 0% 0% 0%
10歳 0-0-0-1 0% 0% 0%

なお、過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭は、通算出走数が「26戦以下」だった。一方、「27戦以上」だった馬は優勝例がなく、3着内率も3.6%にとどまっている。キャリアが豊富過ぎる馬は過信禁物だ。〔表5〕

〔表5〕通算出走数別成績(過去10年)
通算出走数 成績 勝率 連対率 3着内率
26戦以下 10-9-9-59 11.5% 21.8% 32.2%
27戦以上 0-1-1-53 0% 1.8% 3.6%

近年は前走から中6週以上の馬が優勢

過去6年の3着以内馬18頭は、いずれも前走との間隔が「中6週以上」だった。2011年以前は「中5週以内」だった馬の好走も見られたが、近年の傾向を重視するなら、前走との間隔が詰まっている馬は評価を下げるべきだろう。〔表6〕

〔表6〕前走との間隔別成績(過去6年)
前走との間隔 成績 勝率 連対率 3着内率
中5週以内 0-0-0-33 0% 0% 0%
中6週以上 6-6-6-43 9.8% 19.7% 29.5%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

強調材料が多い馬を選ぶべし

過去6年の優勝馬6頭は、いずれも前走の出走頭数が16頭以上、年齢が6歳以下、通算出走数が25戦以下、前走との間隔が中10週以上だった。〔表3〕〜〔表6〕で挙げた傾向を参考に有力候補をピックアップしたい。〔表7〕

(伊吹 雅也)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表7〕優勝馬の「前走の出走頭数」「年齢」「通算出走数」「前走との間隔」(過去6年)
年度 優勝馬 前走の出走頭数 年齢 通算出走数 前走との間隔
2012年 ナカヤマナイト 16頭 4歳 16戦 中12週
2013年 ヴェルデグリーン 16頭 5歳 17戦 中19週
2014年 マイネルラクリマ 16頭 6歳 25戦 中10週
2015年 ショウナンパンドラ 16頭 4歳 13戦 中12週
2016年 ゴールドアクター 18頭 5歳 15戦 中20週
2017年 ルージュバック 17頭 5歳 15戦 中18週

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: