今週の注目レース

京成杯オータムハンデキャップ(GⅢ)

中山競馬場 1600メートル(芝・外)ハンデ 3歳以上オープン

データ分析関連動画

王座を目指しトップマイラーが集結するシリーズ最終戦

昨年の京成杯オータムHで重賞初制覇を果たしたグランシルクは、この勝利でサマーマイルシリーズにおける獲得ポイントが15となり、同じく15ポイントを獲得したウインガニオンと共にシリーズチャンピオンのタイトルを獲得した。秋季競馬の開幕週を彩る名物重賞であると同時に、今夏のチャンピオンマイラーが決まる重要な一戦だ。今回は新潟・芝外回り1600メートルで行われた2014年を含む過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

実績馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中25頭は“前年以降のJRA重賞”において3着以内に入った経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率9.1%と苦戦している。実績に応じた負担重量を課されるハンデキャップ競走だが、重賞で好走したことがない馬は評価を下げたい。〔表1〕

〔表1〕“前年以降のJRAの重賞”において3着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 8-8-9-71 8.3% 16.7% 26.0%
なし 2-2-1-50 3.6% 7.3% 9.1%

前走の出走頭数がポイント

過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、前走の出走頭数が「14頭以上」だった。一方、前走が「13頭以下」のレースだった馬は優勝例がなく、3着内率も7.9%にとどまっている。前走が少頭数のレースだった馬は過信禁物と言えそうだ。〔表2〕

〔表2〕前走の出走頭数別成績(過去10年)
前走の出走頭数 成績 勝率 連対率 3着内率
13頭以下 0-1-2-35 0% 2.6% 7.9%
14頭以上 10-9-8-86 8.8% 16.8% 23.9%

内外極端な枠に入った馬は不振

過去10年の馬番別成績を調べると、「1、2番」の馬は3着内率5.3%、「15、16番」の馬は3着内率7.1%で、3着以内に入ったのは1頭ずつと好走例も少ない。内寄りの枠や外寄りの枠に入った馬は評価を下げるべきだろう。〔表3〕

〔表3〕馬番別成績(過去10年)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1番 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
2番 0-0-0-9 0% 0% 0%
3番 3-3-1-3 30.0% 60.0% 70.0%
4番 0-0-1-9 0% 0% 10.0%
5番 0-0-1-9 0% 0% 10.0%
6番 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
7番 2-1-2-5 20.0% 30.0% 50.0%
8番 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0%
9番 0-1-1-8 0% 10.0% 20.0%
10番 1-0-0-8 11.1% 11.1% 11.1%
11番 0-0-1-9 0% 0% 10.0%
12番 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
13番 0-0-2-7 0% 0% 22.2%
14番 0-1-1-8 0% 10.0% 20.0%
15番 0-0-0-7 0% 0% 0%
16番 1-0-0-6 14.3% 14.3% 14.3%
1、2番 0-1-0-18 0% 5.3% 5.3%
3〜14番 9-9-10-90 7.6% 15.3% 23.7%
15、16番 1-0-0-13 7.1% 7.1% 7.1%

近年は差し馬が優勢

過去6年の3着以内馬18頭中15頭は、前走の4コーナーの通過順が「5番手以下」だった。一方、「4番手以内」だった馬は優勝例がなく、3着内率も9.1%にとどまっている。2011年以前は前走で先行していた馬の好走もあったが、近年の傾向を重視するならば、前走で中団や後方からレースを進めていた馬に注目したい。〔表4〕

〔表4〕前走の4コーナーの通過順別成績(過去6年)
前走の4コーナーの通過順 成績 勝率 連対率 3着内率
4番手以内 0-1-2-30 0% 3.0% 9.1%
5番手以下 6-5-4-43 10.3% 19.0% 25.9%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

強調材料の多い馬が有力候補

過去6年の優勝馬6頭は、いずれも“前年以降のJRA重賞”において3着以内に入った経験のある馬だった。また、この6頭は馬番が「3〜12番」だった点、前走の出走頭数が「16頭以上」だった点、前走の4コーナーの通過順が「5番手以下」だった点も共通している。〔表1〕〜〔表4〕で挙げた条件を満たす馬を重視したいところだ。〔表5〕

(伊吹 雅也)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕優勝馬の「“前年以降のJRAの重賞”における最高着順」「馬番」「前走の出走頭数」「前走の4コーナーの通過順」(過去6年)
年度 優勝馬 “前年以降のJRAの重賞”における最高着順 馬番 前走の出走頭数 前走の4コーナーの通過順
2012年 レオアクティブ 1着(2011年京王杯2歳S) 3番 18頭 12番手
2013年 エクセラントカーヴ 3着(2012年クイーンC) 7番 18頭 8番手
2014年 クラレント 1着(2014年関屋記念ほか) 3番 17頭 5番手
2015年 フラアンジェリコ 2着(2014年福島記念) 12番 16頭 11番手
2016年 ロードクエスト 1着(2015年新潟2歳S) 10番 18頭 10番手
2017年 グランシルク 2着(2017年中京記念) 6番 16頭 9番手

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: