今週の注目レース

フジテレビ賞スプリングステークス(GⅡ)

中山競馬場 1800メートル(芝)馬齢 牡・牝 3歳オープン

出走馬情報

ステルヴィオ

牡3歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ラルケット
  • 母の父:ファルブラヴ
ここに注目!

前走の朝日杯フューチュリティSでは、勝ち馬ダノンプレミアムに次ぐ2着と好走。まだ重賞のタイトルは獲得していないが、世代上位の能力を備えた一頭だ。今回は休養明け初戦だけに、最終追い切りの動きが注目されるが、堅実な末脚で重賞初Vを狙う。

「前走の朝日杯フューチュリティS(2着)は、直線入り口で少し窮屈になる場面がありましたが、ゴールまでしっかり末脚を伸ばしてくれたので、次につながる内容を残せたと思います。厳寒期は休養に充てていましたが、スプリングSに照準を合わせて調整を積んでいますから、不安はありません。200メートルの距離延長もプラス材料になるでしょう」と、厩舎サイドは本馬の手入れに熱が入ってきた様子だ。デビューから2連勝を挙げ、その後はサウジアラビアロイヤルカップ2着、朝日杯フューチュリティS2着と、まだ連対を外していない。堅実な末脚は魅力いっぱいで、札幌・芝1800メートルで勝った経験があるだけに、小回りコースへの不安もないだろう。

ゴーフォザサミット

牡3歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ラグジャリー
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

前走の共同通信杯はスタートで後手を踏み流れに乗れなかったが、最後の直線では力強い末脚を披露し、勝ち馬から0秒3差の4着に入った。前々走の500万下・百日草特別(東京・芝2000メートル、1着)では軽快な先行力を見せており、中山・芝コースにも対応可能だろう。

「前走の共同通信杯(4着)は、スタートしてすぐ窮屈になるシーンがあり、後方からのレースになりました。それでも、最後の直線では持続力のある末脚を発揮して上位の3頭に迫ったので、悲観はしていません。まだ体の使い方に良化の余地を残しながらも、安定した成績を収めてくれていますから、今後が楽しみです。すでに中山・芝1800メートルの舞台を経験している点もプラス材料だと思います」と、厩舎スタッフも本馬のケアに余念がない。前走は後方からの競馬になったが、前々走の500万下・百日草特別では3番手追走から差し切る内容でV。自在性を備えているタイプだけに、展開にも注文はつかないはずだ。

レノヴァール

牡3歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:データ
  • 母の父:Roy
ここに注目!

前走の500万下・若竹賞(中山・芝1800メートル)で待望の2勝目をマークして、重賞路線に乗ってきた。今回は相手強化の一戦になるが、前走で今回と同じ舞台を経験している点はアドバンテージになるはず。立ち回りのうまさを生かせば、連勝のシーンも十分だ。

「前走の500万下・若竹賞はスローペースになりましたが、最後の直線では外から力強い末脚を見せてくれました。ここにきて着実に地力強化を果たしています。その後は放牧へ出して英気を養い、このスプリングSを目標に栗東トレーニング・センターに帰厩しました。調教では軽快なフットワークを見せているので、好調を維持したまま出走できるでしょう。立ち回りの上手なタイプですから、今回の舞台は最適の感じがします。初の重賞参戦になりますが、この馬の持ち味をフルに生かせばチャンスを見いだせると思います」と、陣営のムードは上々だ。派手さはないものの、ここまで掲示板(5着以内)を外していない堅実味は魅力だ。

エポカドーロ

牡3歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ダイワパッション
  • 母の父:フォーティナイナー
ここに注目!

今年に入ってから未勝利(京都・芝1600メートル)と500万下・あすなろ賞(小倉・芝2000メートル)を連勝。前々走が良、前走が稍重と、異なる馬場状態をクリアしている点も心強い。機動力に富んだタイプだけに、今回の舞台にも不安はなさそうだ。

「逃げて2連勝を飾っていますが、センスのいい馬だけに、どんな競馬でも対応できると思います。前走の500万下・あすなろ賞を勝った後は短期放牧でひと息入れましたが、スプリングSへの出走を視界に入れていたので、出走態勢は整うでしょう。今回は重賞挑戦で相手は強化されますが、素質は見劣りしないはずです。皐月賞へ向けて内容の濃いレースができればいいですね」と、厩舎サイドは本馬の能力を高く評価している。先手を奪って後続を3馬身1/2突き離す強い競馬だった前走は、勝ちタイムも2分00秒8と優秀だった(同週の古馬1000万下クラスと同タイム)。3連勝での重賞のタイトル奪取も十分に可能だろう。

ルーカス

牡3歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:メジロフランシス
  • 母の父:カーネギー
ここに注目!

全兄のモーリスは2015年度のJRA賞年度代表馬を受賞した名馬。本馬はまだ完成度はこそ高くないが、血統面からの注目度は高い。前走のホープフルS(6着)はひと息の内容だったが、素質は文句なく一級品。ここで今年の好発進が期待される。

「前走のホープフルS(6着)を走った後は、ひと息入れて成長を促しました。スプリングSから始動するローテーションは予定通りです。まだ馬体が完成するのは先かと思いますが、血統的にも魅力の大きな馬なので、楽しみな3歳初戦です」と、厩舎スタッフは本馬に大きな期待を寄せている。キャリア1戦で挑戦した前々走の東京スポーツ杯2歳Sで、勝ったワグネリアンから0秒5差の2着に入ったように、能力の高さは証明済み。前走でGⅠの大舞台を経験できたことも、今後へ向けて貴重な財産になっただろう。全兄のモーリスが晩成型だっただけに、本馬もさらなる成長が見込めるはず。厩舎期待の超良血馬の走りに、注目が集まる。

ハッピーグリン

牡3歳

調教師:田中淳司(北海道)

  • 父:ローエングリン
  • 母:レディセラヴィ
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

前走の500万下・セントポーリア賞(東京・芝1800メートル)を優勝し、能力の高さを示したホッカイドウ競馬所属の素質馬。JRA重賞への挑戦となる今回は相手が強化されるが、瞬発力は互角以上で、芝で4着以下がない戦績からも、侮ることはできない。

「ダートが苦手ということはないと思いますが、この馬の持ち味がより生きるのは芝ですね。前走の500万下・セントポーリア賞は、この馬らしい切れ味を発揮して勝利を飾ってくれたので、今後の活躍がますます楽しみになりました。この中間は疲れを癒やしてから調整を開始しました。今回も上々の仕上がりで臨めると思います。中山・芝コースは初めてになりますが、同じ右回りの札幌・芝1800メートルを経験していますから、問題ないでしょう。道中でうまくスタミナを温存できれば、好勝負が可能なはずです」と、陣営のトーンは上がってきている。前走はスローペースを大外から伸びて差し切る強い内容だった。瞬発力は今回のメンバーに入っても見劣りしない。

ビッグスモーキー

牡3歳

調教師:清水久詞(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:スモークンフローリック
  • 母の父:Smoke Glacken
ここに注目!

ダートで2勝をマークしているが、前走のオープン特別・すみれS(阪神・芝2200メートル)で3着に好走し、芝にも対応可能なことを証明している。条件を問わずにセンスの良いレース内容を続けており、芝2戦目で前進が期待される。

「血統背景はダート向きですが、フットワークから芝も対応可能とみて前走のオープン特別・すみれSに出走しました。スタート後はうまく行き脚がつきましたし、道中の走りも良かったと思います。結果は3着でしたが、勝ったキタノコマンドールが強過ぎた感じです。これで芝のレースにも問題がないことがわかったので、これからの選択肢も増えました。とにかく学習能力の高い馬で、今後も芝・ダートを問わず活躍してくれるでしょう」と、厩舎サイドは本馬のセンスの良さをアピールした。2度目の芝挑戦がGⅡとなるが、前走の走りは上々で、さらなる前進が期待される。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: