今週の注目レース

中山記念(GⅡ)

中山競馬場 1800メートル(芝)別定 4歳以上オープン

データ分析関連動画

春のGⅠへ、そして世界のG1へ

昨年の優勝馬ネオリアリズムは、次走で香港に遠征してクイーンエリザベスⅡ世Cを優勝。同5着のヴィブロスは、ドバイに遠征してドバイターフを勝利。また、一昨年の優勝馬ドゥラメンテは続くドバイシーマクラシックで2着に好走した。中山記念はマイル〜中距離路線のトップホースが始動戦とするケースが多く、近年はドバイや香港への遠征を見据えた馬の出走も多くなっている。その注目の一戦の傾向を、過去10年のレース結果をもとにチェックしていくことにしよう。

上位人気馬が優勢だが

過去10年の単勝人気別成績を調べると、3番人気以内の馬は9勝を挙げているが、2着に入ったのは2頭だけで、4番人気馬が2着に4回も入っているのが特徴的だ。単勝オッズ別の成績もチェックしてみると、「3.0〜6.9倍」の馬が好成績を収めている。逆に、「7.0〜9.9倍」の馬は苦戦気味で、連対を果たしたのは昨年の優勝馬ネオリアリズム(7.1倍)だけとなっている。〔表1〕〔表2〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3-0-1-6 30.0% 30.0% 40.0%
2番人気 3-1-2-4 30.0% 40.0% 60.0%
3番人気 3-1-2-4 30.0% 40.0% 60.0%
4番人気 0-4-2-4 0% 40.0% 60.0%
5番人気 0-0-1-9 0% 0% 10.0%
6〜8番人気 0-3-2-25 0% 10.0% 16.7%
9番人気以下 1-1-0-46 2.1% 4.2% 4.2%
〔表2〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
2.9倍以下 2-0-0-4 33.3% 33.3% 33.3%
3.0〜6.9倍 6-4-4-11 24.0% 40.0% 56.0%
7.0〜9.9倍 1-0-2-9 8.3% 8.3% 25.0%
10.0〜19.9倍 0-3-4-16 0% 13.0% 30.4%
20.0〜29.9倍 0-2-0-9 0% 18.2% 18.2%
30.0〜49.9倍 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
50倍以上 0-0-0-41 0% 0% 0%

前走がGⅠだった馬が優勢

GⅠの前哨戦として出走する馬が多い重賞だけに、前走でもGⅠに出走していた馬が多く、過去10年の優勝馬10頭中7頭は前走でGⅠに出走していた馬だった。対照的に、前走がGⅡだった馬が延べ23頭出走して未勝利なのは気になるところだ。〔表3〕

〔表3〕前走の条件別成績(過去10年)
前走の条件 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 7-3-2-23 20.0% 28.6% 34.3%
GⅡ 0-1-4-18 0% 4.3% 21.7%
GⅢ 2-5-4-37 4.2% 14.6% 22.9%
オープン特別 1-1-0-16 5.6% 11.1% 11.1%
その他の条件 0-0-0-4 0% 0% 0%

前年秋の成績にも注目

過去10年の中山記念では、前年の天皇賞(秋)またはマイルCSに出走していた馬の連対が多い。該当馬が連対していないのは、13番人気→12番人気で決着した2010年のみ。今年も前年の秋に出走していたレースをチェックしておくことをお勧めしたい。〔表4〕

〔表4〕前年の天皇賞(秋)またはマイルCSに出走していた中山記念連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名 該当レース
2008年 1着 カンパニー 3走前 天皇賞(秋) 3着
2着 エイシンドーバー 3走前 マイルCS 7着
2009年 1着 カンパニー 2走前 天皇賞(秋) 4着
2着 ドリームジャーニー 3走前 天皇賞(秋) 10着
2011年 2着 キャプテントゥーレ 前走 天皇賞(秋) 13着
2012年 2着 シルポート 4走前 天皇賞(秋) 16着
2013年 1着 ナカヤマナイト 2走前 天皇賞(秋) 9着
2着 ダイワファルコン 3走前 天皇賞(秋) 10着
2014年 1着 ジャスタウェイ 前走 天皇賞(秋) 1着
2015年 2着 ロゴタイプ 3走前 マイルCS 7着
2016年 2着 アンビシャス 前走 天皇賞(秋) 5着
2017年 1着 ネオリアリズム 2走前 マイルCS 3着
  • 注記:両方のレースに出走していた場合は天皇賞(秋)の着順を掲載

ハンデ戦で好走歴のある馬も好成績

過去10年の中山記念では、5走前までにハンデ戦で3着以内に入っていた馬の好走が多く、2012年以降はこれに該当する馬が毎年連対している。近走でGⅠ出走歴がある馬の好走例が多い一方で、ハンデ戦への出走歴がある馬の連対が続いていることは興味深い。〔表5〕

〔表5〕5走前までにハンデ戦で3着以内に入っていた中山記念連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名 該当レース
2009年 2着 ドリームジャーニー 5走前 小倉記念 1着
2010年 1着 トーセンクラウン 4走前 福島記念 3着
2012年 1着 フェデラリスト 前走 中山金杯 1着
2013年 2着 ダイワファルコン 2走前 福島記念 1着
2014年 2着 アルキメデス 前走 朝日チャレンジC 1着
2015年 2着 ロゴタイプ 2走前 中山金杯 2着
2016年 2着 アンビシャス 3走前 ラジオNIKKEI賞 1着
2017年 1着 ネオリアリズム 5走前 小倉大賞典 3着
2着 サクラアンプルール 2走前 美浦S(1600万下) 1着
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

過去3走以内にGⅠまたはGⅡで優勝歴があった馬が5連勝中

過去5年の中山記念では、過去3走以内にGⅠまたはGⅡを制していた馬が優勝している。そして、該当していたレースは「3走前」と「前走」が毎年交互になっている。今年は「前走」でGⅠまたはGⅡを優勝していた馬に注目してみる手があるかもしれない。〔表6〕

(浅野靖典)

〔表6〕過去5年の優勝馬が3走前までに優勝していたGⅠまたはGⅡ
年度 優勝馬 該当レース
2013年 ナカヤマナイト 3走前 オールカマー
2014年 ジャスタウェイ 前走 天皇賞(秋)
2015年 ヌーヴォレコルト 3走前 ローズS
2016年 ドゥラメンテ 前走 日本ダービー
2017年 ネオリアリズム 3走前 札幌記念
  • 注記:該当レースが複数ある場合は直近のものを掲載

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: