今週の注目レース

東京新聞杯(GⅢ)

東京競馬場 1600m(芝)別定 4歳以上オープン

出走馬情報

アドマイヤリード

牝5歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ベルアリュールⅡ
  • 母の父:Numerous
ここに注目!

デビュー当初は400キログラム前後のきゃしゃな体つきで、テンションの高さもあったが、3歳夏の休養で心身共に成長を遂げ、4歳を迎えた昨年に本格化を果たしてヴィクトリアマイルでGⅠタイトルを獲得。今年も目が離せない存在だ。

4歳の昨年に頭角を現し、1000万下・北大路特別→1600万下・飛鳥S(共に京都・芝1800メートル)を連勝。阪神牝馬Sは、重馬場に瞬発力をそがれながらも、メンバー中最速タイとなる上がり3ハロン34秒0(推定)の末脚で2着に入り、続くヴィクトリアマイルでは、馬群の内めを上手にさばいた鞍上の好騎乗に導かれ、ラスト200メートルで鮮やかに抜け出して見事に優勝した。前々走のクイーンS(6着)は、小回りコースで末脚不発に終わったが、前走の府中牝馬Sでは、スローペースで前有利の展開を4コーナー13番手から猛然と3着まで追い込んみ、あらためて能力の高さを示した。今回は約3か月半ぶりの実戦も、小柄な牝馬で仕上がりは早く、牡馬相手でも主役候補の一頭だ。

ダイワキャグニー

牡4歳

調教師:菊沢隆徳(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:トリプレックス
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

東京コースでは、距離の長かった日本ダービー(14着)を除けば、オープン特別2勝を含む4勝を挙げ、毎日王冠4着と、常に高いパフォーマンスを発揮している。前走の中山金杯は5着に敗れたが、条件替わりで巻き返しが濃厚だ。

昨年初戦となった500万下・セントポーリア賞(東京・芝1800メートル)で、キセキ(5着、その後菊花賞を優勝)などを退けて完勝。弥生賞は9着に敗れたが、続くダービートライアル・プリンシパルS(東京・芝2000メートル)を、1分58秒3の好タイムで快勝した。GⅠ馬5頭が顔をそろえた秋初戦の毎日王冠で勝ち馬から0秒2差の4着に健闘し、前々走のオープン特別・キャピタルS(東京・芝1600メートル)では、GⅠ馬サトノアレスとの追い比べをクビ差制して4勝目をマーク。前走の中山金杯は5着とはいえ、56キログラムのハンデを背負いながら、不得手な右回りで0秒3差まで差を詰めており、悲観する内容ではない。今回はGⅠ馬3頭を筆頭に好メンバーがそろったが、得意の東京コースで重賞タイトル獲得を狙う。

リスグラシュー

牝4歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:リリサイド
  • 母の父:American Post
ここに注目!

昨年の牝馬三冠で桜花賞2着、オークス5着、秋華賞2着と好成績を収め、ハイレベルと言われる現4歳牝馬の中でもトップクラスの実力馬。芝1600から2000メートルなら3着以内を外しておらず、牡馬相手にどこまで通用するのか、注目の一戦になりそうだ。

昨年の桜花賞は、勝負どころの4コーナーで反応の鈍さを見せたが、ゴール寸前は際立つ伸び脚で勝ち馬から0秒1差の2着。続くオークスでは、一気の距離延長で折り合いを欠きながらも5着を確保した。秋はローズS(3着)をステップに、前々走の秋華賞では、3コーナーから徐々にポジションを上げると、勝ったディアドラの決め手に屈したものの、ゴール寸前でモズカッチャン(3着)を捕らえて2着に好走。前走のエリザベス女王杯は8着に敗れたが、スローペースの展開を踏まえれば、メンバー中最速タイとなる上がり3ハロン33秒7(推定)の末脚で勝ち馬に0秒4差まで追い上げた内容は悪くない。ここで一昨年のアルテミスS以来となる勝利を挙げ、悲願のGⅠ制覇に向けて弾みをつけたい。

グレーターロンドン

牡6歳

調教師:大竹正博(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ロンドンブリッジ
  • 母の父:ドクターデヴィアス
ここに注目!

爪の不安があって出世は遅れたものの、GⅠ初挑戦となった昨年の安田記念で僅差の4着に入り、能力の高さを証明した。前走のオープン特別・ディセンバーS(中山・芝1800メートル)は3着に敗れたが、直線の長い東京コースで本領発揮を期待したい。

2015年10月の500万下(東京・芝1800メートル)優勝後に蹄葉炎を発症して1年以上の長期休養を余儀なくされたが、間隔を空けながら破竹の5連勝で昨年3月のオープン特別・東風S(中山・芝1600メートル)を快勝。重賞初挑戦がGⅠとなった安田記念では、スタートで後手を踏みながらも、最後は勝ち馬から0秒1差まで追い上げる見せ場十分の4着に入った。4か月の休み明けとなった秋初戦の毎日王冠は、5頭のGⅠ馬が顔をそろえる中で、上がり3ハロン32秒6(推定)の末脚を繰り出して0秒2差の3着に好走。前々走の天皇賞・秋(9着)は瞬発力のそがれる不良馬場がこたえ、前走のオープン特別・ディセンバーS(3着)はスローペースで展開が不向きと、ここ2戦の敗因は明らかだ。本来のパフォーマンスを発揮できれば、あっさり勝っても不思議はない。

サトノアレス

牡4歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:サトノアマゾネス
  • 母の父:Danehill
ここに注目!

昨年はオープン特別・巴賞(函館・芝1800メートル)の1勝のみだったが、2歳時は朝日杯フューチュリティSを制して、JRA賞最優秀2歳牡馬を受賞した実績馬。当レースで好結果を残して、今後のさらなる飛躍につなげたい。

3歳時の昨年はスプリングS(4着)から始動し、皐月賞はスタート直後に窮屈になるシーンがあり11着と敗れたが、7月のオープン特別・巴賞では、外を回る正攻法の競馬から、直線は鮮やかに抜け出して4勝目をマーク。続く函館記念(6着、重)と、秋初戦の富士S(6着、不良)は、共に瞬発力のそがれる馬場で能力を発揮できなかった。好メンバーがそろった前走のオープン特別・キャピタルS(東京・芝1600メートル)では、落ち着いた流れで勝ち馬のダイワキャグニーとは位置取りの差が出たものの、メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒4(推定)の末脚でクビ差の2着まで追い上げた。デビュー当初から20キログラム近く馬体重が増えているように成長力を兼ね備えており、今年はさらなる活躍が期待できそうだ。

ダノンプラチナ

牡6歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:バディーラ
  • 母の父:Unbridled’s Song
ここに注目!

前走のオープン特別・ニューイヤーS(中山・芝1600メートル)で、3歳10月の富士S以来となる勝利を挙げて復活をアピール。爪の不安を抱え、順調に使い込めない弱みがあるだけに、中2週のローテーションで使える点は好材料で、状態はさらに上向いている。

2歳時の朝日杯フューチュリティSでGⅠタイトルを獲得。3歳秋には富士Sを快勝してトップマイラーの地位を確立するかに思えたが、その後は爪の不安で度重なる休養があり、なかなか軌道に乗れなかった。昨年は10か月弱の休み明けとなった関屋記念で5着に健闘したものの、京成杯オータムHは左前挫跖で出走取消。前々走のオープン特別・キャピタルS(東京・芝1600メートル)は、好位追走から直線で伸びを欠いて8着に敗れた。今年初戦のオープン特別・ニューイヤーSでは、メンバー中最速となる上がり3ハロン34秒5(推定)の末脚で鮮やかに抜け出して5勝目をマーク。本来のパフォーマンスと比べれば、まだ物足りない印象も受けるが、復調していることは確かで、もうひと花咲かせても不思議はない。

クルーガー

牡6歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:アディクティド
  • 母の父:Diktat
ここに注目!

2016年の読売マイラーズCで、重賞タイトルを獲得。右前膝の骨折を発症して1年の休養を余儀なくされたが、復帰後は一戦ごとに復調を辿り、前走の京都金杯で2着に好走。コース替わりは不問で、今回も有力候補の一頭に挙げられる。

一昨年の読売マイラーズCでは、スタートで後手を踏みながらも、直線は内ラチ沿いの狭いスペースを抜け出して重賞初制覇を達成。その後は骨折で1年の長期休養を余儀なくされ、復帰初戦となった昨年の読売マイラーズCは、ブランクの影響もあったのか10着と敗れた。再び約6か月の休養で立て直された秋の富士Sでは、不良馬場に脚を取られながらも、4コーナー13番手から差を詰めて3着に好走。前々走のマイルチャンピオンシップは7着に敗れたが、GⅠ初挑戦で0秒3差ならレース内容は評価できる。前走の京都金杯では、57.5キログラムのトップハンデを背負いながら0秒1差の2着に入り、あらためて地力の高さをアピール。中間の調教ではいい動きを見せており、状態は高いレベルで安定しているようだ。

デンコウアンジュ

牝5歳

調教師:荒川義之(栗東)

  • 父:メイショウサムソン
  • 母:デンコウラッキー
  • 母の父:マリエンバード
ここに注目!

東京・芝1600メートルでは、2歳時のアルテミスSでメジャーエンブレム(その後にGⅠ2勝)を撃破し、昨年のヴィクトリアマイルは11番人気の低評価を覆して2着に好走。勝ち味の遅さはあるが、牡馬相手でも瞬発力は引けを取らない。

昨年は、約5か月の休養明けとなった阪神牝馬S(7着)から始動し、休み明け2戦目の福島牝馬Sでは、向正面で一気にポジションを上げると、直線で一度は抜け出して見せ場十分の4着。続くヴィクトリアマイルは、スローペースの中、4コーナー11番手からメンバー中最速タイとなる上がり3ハロン33秒2(推定)の末脚を繰り出して直線で猛然と追い込み、0秒2差の2着に好走した。秋初戦の府中牝馬Sは8着、前々走のエリザベス女王杯も13着に敗れたが、前走のターコイズSでは、55キログラムのハンデを背負い、外を回るコースロスがありながらも僅差の3着に入り、“負けてなお強し”を印象づけた。成績にムラがあり当てにしづらいタイプだが、ここも上位争いに食い込むシーンがありそうだ。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: