今週の注目レース

愛知杯(GⅢ)

中京競馬場 2000m(芝)ハンデ (牝) 4歳以上オープン

出走馬情報

マキシマムドパリ

牝6歳

調教師:松元茂樹(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:マドモアゼルドパリ
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

愛知杯は、本馬にとって昨年に重賞初制覇を達成した記念すべきレースだ。1600万下クラスから格上挑戦した昨年と違い、連覇を目指す今回は一転して他馬からマークされる立場となるが、その後積み上げた実績はこのメンバーでは上位のものがある。十分、主役を張れるだろう。

前走の中日新聞杯では、牡馬を相手に勝ち馬と0秒3差の5着と力をあるところを見せた。この愛知杯は、今年で3度目の出走。勝利を飾った昨年、勝ち馬と0秒3差の4着に健闘した一昨年と、前述の中日新聞杯も含め中京・芝2000mでは3戦全てで好走している。前々走のエリザベス女王杯は好位で流れに乗り、勝ち馬モズカッチャンから0秒2差の4着。今年で6歳とはいえ、GⅠでも通用するほどの充実期に入った。管理する松元茂樹調教師は、「前走後も順調にきています。乗り難しいところがあって右回りだと速い脚を使えませんが、左回りなら使えますからね」とコメント。実績、コース適性、状態と三拍子そろっており、ここも自身の力を存分に発揮できるだろう。

リカビトス

牝4歳

調教師:奥村武(美浦)

  • 父:ディープブリランテ
  • 母:エンシェントヒル
  • 母の父:エンドスウィープ
ここに注目!

無傷の3連勝で挑んだ前走の秋華賞は10着。GⅠの壁に跳ね返された格好だが、初めての重馬場や関西圏への長距離輸送など、厳しい条件があったのも事実だ。3勝中2勝を左回りで挙げており、京都から中京へのコース替わりはプラス材料となるだろう。

一昨年10月のメイクデビュー新潟(芝1600m)で後続に2馬身差をつけて初陣勝ちを飾った。3歳となって初戦の500万下(中山・芝2000m)こそクビ差の辛勝だったが、1000万下・八ヶ岳特別(東京・芝1800m)を1/2馬身差で3連勝。年上の牡馬が相手だったが、全く意に介さなかった。なかなか順調に使い込めずにまだキャリア4戦だが、その中できっちりと勝ち切っていることは評価できる。これまでの戦歴からも直線が長いコースが合い、ゆったりと運べる中京へのコース替わりは歓迎材料。実力を出し切れば、格上挑戦とはいえ見劣りはしないはずだ。ダートで7勝を挙げた母エンシェントヒルは、3歳秋に年長馬が相手のオープン特別を勝利。本馬も母譲りの成長力を秘めていそうだ。

クインズミラーグロ

牝6歳

調教師:和田正道(美浦)

  • 父:マンハッタンカフェ
  • 母:ジャストトゥートゥー
  • 母の父:In Excess
ここに注目!

昨年は、牝馬限定GⅢで2着1回、3着4回と、勝ち切れないまでも上位争いを演じてきた。中京、中山、福島、阪神、札幌と異なる競馬場で結果を残してきた点も評価できる。昨年3着の本レースで悲願の重賞初制覇を果たせるか、注目だ。

前走のエリザベス女王杯はキャリアで初めて逃げる形となり、戸惑った部分もあったはず。これまでで最長となる芝2200mの距離だったことと、GⅠだった点も加味すれば、度外視していいだろう。前々走の府中牝馬Sでは、スタート直後に他馬に挟まれて折り合いを欠くシーンがあった。直線で1度は先頭に躍り出そうな勢いだったものの、前半のロスが影響したのかゴール直前で失速し、12着に敗れた。ここ2戦は不完全燃焼のレースが続いているが、条件さえかみ合えば巻き返す可能性もありそうだ。実戦を使われながら良化していくタイプでもあり、休み明け3戦目となる今回は一変の期待が高まる。

ワンブレスアウェイ

牝5歳

調教師:古賀慎明(美浦)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ストレイキャット
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

全姉が2015年のクイーンCを勝ったキャットコインで、昨年には半妹ロックディスタウン(父オルフェーヴル)が札幌2歳Sを制覇。本馬はオープンクラス昇級後は結果を出せていないが、重賞級の血統であることは明らか。ここでタイトルが欲しいところだ。

前走のターコイズSは2番人気の支持を受けたが、8着という結果だった。内枠の1枠2番から出遅れ、道中は後方3番手を追走。直線も進路が開かず、なかなか追うことができなかったが、その中で勝ち馬と0秒3差なら悲観する内容ではないだろう。また、勝ち星こそ挙げているものの、大跳びの走りをする馬だけに中山・芝コースも合わなかった印象だ。前々走の府中牝馬Sも、レースの前半1000m通過タイムが1分01秒9のスローペースで、逃げ馬が勝ち切るなか中団追走のまま10着と敗れた。秘める素質は一級品なだけに、今回は大きな前進があっても驚けない。

キンショーユキヒメ

牝5歳

調教師:中村均(栗東)

  • 父:メイショウサムソン
  • 母:アップルティー
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

前走のJBCレディスクラシック(JpnⅠ、大井・ダート1800m、12着)は、初ダートに加え、レースもちぐはぐなものとなっただけに、度外視でいいだろう。3歳時に秋華賞(11着)へ出走するなど早くから素質を見せていた馬。オープンクラス入りに時間はかかったが、牝馬限定重賞なら十分に通用する。

オープンクラスへの昇級初戦で臨んだ前々走の府中牝馬Sは、勝ち馬と0秒5差の6着と上々の結果だった。今回の中京・芝2000mは、3戦して2勝を挙げる好相性のコース。この舞台なら、さらに上位進出がありそうだ。本馬を担当するスタッフは、「12月の頭に帰厩してからは、ゆっくり様子を見ながら乗り込んでいます。右回りだと内にもたれるところがあるので、左回りコースはいいですね。長くいい脚を使えるので、距離も短いところより2000mぐらいが合っています。中京との相性もいいと思います」と、条件替わりを歓迎している。本レースに向けて調教の動きも絶好で、好勝負が期待される。

ゲッカコウ

牝5歳

調教師:高橋義博(美浦)

  • 父:ロージズインメイ
  • 母:チューベローズ
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

全4勝を福島、中山の右回りコースでマークしている点は気がかりだが、前走のオープン特別・ディセンバーS(中山・芝1800m)では、牡馬の重賞勝ち馬がいるメンバーを相手に2着に入った。3歳時に重賞2着(フラワーC)があるように、能力はここでも引けを取らない。

前走のオープン特別・ディセンバーSでは、道中は中団前めを気分良く進み、早めに動いていくと直線でもしぶとい末脚を発揮して2着に入り、地力強化を感じさせた。前々走のオープン特別・アンドロメダS(京都・芝2000m)は、初めてとなる重馬場で6着だったが、レースぶりは向正面から強気に動いていく競馬で、見どころはあった。中京・芝コースへは初参戦になるが、機動力があり末脚の持続力に長けるタイプだけに、コーナーがきつく、直線に急坂があって時計がかかりやすいこの舞台はむしろ合いそう。スローになりやすい牝馬限定重賞なら持ち前の自在性も大きな武器になる。関西圏への長距離輸送も何度もこなしており、問題ないだろう。

クィーンチャーム

牝6歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:オリエントチャーム
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

伯父に、GⅠ4勝を挙げ種牡馬としても多数の活躍馬を輩出したゴールドアリュール、半弟には昨年のマイルチャンピオンシップを勝ったペルシアンナイト(父ハービンジャー)がおり、血統のスケール感はメンバー中随一。前走の中日新聞杯(12着)の一戦だけで見限ることはできない。

出世に時間はかかったが、敗れたレースでもメンバー中上位の推定上がり3ハロンタイムをマークできており、末脚不発の少ないタイプだ。前々走の1600万下・比叡S(京都・芝2200m)は、8番人気の低評価を覆す鮮やかな差し切り勝ち。内ラチ沿いを突いたA.シュタルケ騎手の好騎乗も光り、オープンクラス入りを決めた。中京・芝2000mは、前走の中日新聞杯(12着)を含め、4戦して3着以内なしと好成績を出せていないが、重賞初挑戦だった前走と本格化前の3戦なら度外視してもいいだろう。息の長い末脚やパワーも兼ね備える面からも、直線が長く急坂が待ち構えるコース形態はフィットしているはず。立ち回りや流れ次第では、一発があってもおかしくない。

エテルナミノル

牝5歳

調教師:本田優(栗東)

  • 父:エンパイアメーカー
  • 母:ダイワジェラート
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

中京コースは初めてになるが、同じ左回りの東京コースで1戦1勝と結果を出しており、問題なく対応できるだろう。レースをこなしながら力をつけてきている一頭。昨春は重賞の壁にはね返されたが、今なら違った結果が期待できるはずだ。

オープンクラス入りを決めた3走前の1600万下・八坂S(京都・芝1800m)は、牡馬を相手に5馬身差の圧勝劇だった。勢いそのままに挑んだ前々走のエリザベス女王杯は11着とGⅠの壁に跳ね返されたが、大外8枠18番からの発走だったことや、早めにポジションを押し上げていく強気の競馬が裏目に出た面もあったのだろう。前走のターコイズSは5着だったが、出遅れたうえに直線でも大外を回すロスの多い競馬になってのもので悲観するような内容ではなく、勝ち馬に0秒1差ならむしろ力を示した格好だ。芝1600mから1800mに良績が集まるだけに、今回は芝2000mの距離に不安を残すが、牝馬限定重賞ならしっかりと上位争いを演じてくれるはずだ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: