今週の注目レース

平安ステークス(GIII)

京都競馬場 1900m(ダート)別定 4歳以上オープン

データ分析関連動画

ダートの猛者が古都を舞台にしのぎを削る

平安Sは2012年まで1月の京都・ダート1800mを舞台に行われていたが、2013年から開催時期を5月に移した上、距離を1900mに延長して争われている。2013年以降の過去4年では単勝1番人気馬が2勝を挙げているものの、2013年は2着に8番人気馬、2014年は12番人気馬が勝利し、2着に7番人気馬が入る波乱の決着となった。ここでは過去4年の結果と、京都・ダート1900mにまつわるデータを紹介する。

近走でのJRAダート重賞への出走経験をチェック

京都・ダート1900mで行われた過去4年の出走馬について、過去3走でのJRAのダート重賞への出走回数別に成績をまとめると、優勝馬4頭は過去3走以内にJRAのダート重賞に2回以上出走していた。出走回数が多いほど好走率が高くなっており、中でも、「3回」組は連対率62.5%と優秀な数値をマークしている。〔表1〕

〔表1〕過去3走でのJRAのダート重賞への出走回数別成績(過去4年)
出走回数 成績 勝率  連対率 3着内率
3回 3-2-0-3 37.5% 62.5% 62.5%
2回 1-0-2-9 8.3% 8.3% 25.0%
1回 0-2-1-14 0% 11.8% 17.6%
0回 0-0-1-25 0% 0% 3.8%

出走馬の前走をチェック

過去4年の出走馬の前走のレース別成績を調べると、優勝馬4頭中3頭の前走は「アンタレスS」で、残る1頭は「フェブラリーS」となっている。2着馬も4頭中3頭が「アンタレスS」で、残る1頭が「マーチS」となっており、連対馬8頭は前記の3レースからしか出ていない。今年の出走馬についても、前走のレースはチェックしておきたいところだ。〔表2〕

〔表2〕前走のレース別成績(過去4年)
前走のレース 成績 勝率  連対率 3着内率
フェブラリーS 1-0-0-0 100% 100% 100%
東海S 0-0-0-2 0% 0% 0%
アンタレスS 3-3-2-18 11.5% 23.1% 30.8%
マーチS 0-1-0-2 0% 33.3% 33.3%
ダートのオープン特別 0-0-1-13 0% 0% 7.1%
ダートの1600万下 0-0-0-11 0% 0% 0%
地方競馬のダート重賞 0-0-1-4 0% 0% 20.0%
芝のレース 0-0-0-1 0% 0% 0%

逃げ・先行馬が優勢

2010年以降に京都・ダート1900mで行われたオープンクラスのレース(計15レース)について、4コーナーの位置別に成績を調べてみると、4コーナーを「先頭」で通過した馬が連対率で50%を超える数値をマークしている。また、4コーナーを前方で通過しているほど、好走率が高くなる傾向にあり、「10番手以下」組からは優勝馬が出ていない。〔表3〕

(河野道夫)

〔表3〕京都・ダート1900mで行われたオープンクラスのレースでの4コーナーの位置別成績(2010年〜2017年2月に行われた15レース)
4コーナーの位置 成績 勝率  連対率 3着内率
先頭 5-3-1-6 33.3% 53.3% 60.0%
2〜5番手 7-7-8-47 10.1% 20.3% 31.9%
6〜9番手 3-3-5-48 5.1% 10.2% 18.6%
10番手以下 0-2-1-79 0% 2.4% 3.7%
  • 備考:競走を中止していた馬を除く

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: