今週の注目レース

読売マイラーズカップ(GII)

京都競馬場 1600m(芝・外)別定 4歳以上オープン

出走馬情報

エアスピネル

牡4歳

調教師:笹田和秀(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:エアメサイア
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

キャリア2戦目で重賞制覇を果たしたことから、早熟馬のイメージを持たれることもあるが、馬場入り時に鳴いたりするなど精神面の幼さを残しており、馬体にもまだ実が入り切っていない印象だ。この血統の本質は晩成型。本格化はこれからと考えていいだろう。

クラシック路線を進んだ昨年は、勝ち星を挙げることができなかったものの、三冠レース全てで掲示板(5着以内)を確保。世代トップレベルの能力を十分に証明した。自在性のある脚質と、芝3000mの距離でも折り合いをつけられる競馬センスの高さから様々な距離に挑戦してきたが、今年初戦となった前々走の京都金杯から芝のマイル路線へ参入。いきなりの重賞勝利を飾り、その能力の高さをあらためてアピールした。前走の東京新聞杯はスローペースの瞬発力勝負になって勝ち馬から0秒1差の3着に敗れたが、上位2頭とは1kgの斤量差があり、悲観する内容ではなかった。本レースで好結果を出し、胸を張って安田記念へ向かいたいところだ。

イスラボニータ

牡6歳

調教師:栗田博憲(美浦)

  • 父:フジキセキ
  • 母:イスラコジーン
  • 母の父:Cozzene
ここに注目!

近2走の関西遠征は共に480kgの馬体重で出走。パドックでの周回も実に落ち着いており、今回も関西圏への長距離輸送になるが問題はなさそうだ。開幕週の速い時計が出やすい馬場への対応が鍵になるだろう。

昨秋は、3走前の富士S→前々走のマイルチャンピオンシップ→前走の阪神Cと3戦して、いずれも2着。勝ち馬との差は順に0秒1、アタマ、アタマで、惜敗続きという言葉で片付けるにはあまりに惜しい結果と言えるだろう。ただ、ワンパンチを欠いた昨春と違い、この馬らしい安定感のある走りを見せたことで、今年への期待を抱かせる結果となった。2014年の皐月賞以来3年以上も遠ざかっているGI 勝利へ。そのためには、前哨戦の本レースを勝つことが重要になってくるだろう。見事に勝利となれば、同じく2014年のセントライト記念(新潟・芝2200mで開催)以来約2年7か月ぶりの勝ち星になる。

ブラックスピネル

牡4歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:タニノギムレット
  • 母:モルガナイト
  • 母の父:アグネスデジタル
ここに注目!

5着だった3走前のチャレンジC時の馬体(522kg)は明らかな太め残りで、前々走の京都金杯(2着)の際には意識的に体を絞る調整がされていた。重賞初制覇を飾った前走の東京新聞杯くらいの馬体重(506kg)が、持ち味の切れを発揮するには理想的な状態だろう。

デビュー勝ちを決め、クラシックでの活躍が期待されていたタニノギムレット産駒。しかし、母系にいるアグネスデジタルの影響が強いのか、3歳春の段階で早々に距離の限界を感じさせるようになり、3歳の秋からはマイル路線へ転向。当初は結果を出せなかったものの、前々走の京都金杯で勝ったエアスピネルとハナ差2着に好走したのを皮切りに、前走の東京新聞杯で念願の重賞初制覇を達成した。前走は陣営も驚く逃げ切り勝ちだったが、それまでのレースぶりを見ても分かるように、本来は脚をためて末脚を生かすタイプ。どんな競馬でもできる強みを見せたことで、重賞連覇への期待も大きくなってきている。

ダッシングブレイズ

牡5歳

調教師:吉村圭司(栗東)

  • 父:Kitten's Joy
  • 母:Blazing Bliss
  • 母の父:Honour and Glory
ここに注目!

前走のオープン特別・洛陽S(京都・芝1600m)では、馬体に少し余裕があったようにも感じられたが、それ以上に気になったのはテンションが高かったこと。この時はそれでも優勝したが、重賞挑戦となる今回は、落ち着きが欲しいところだ。

1番人気に支持された昨年の東京新聞杯で競走中止となった後はひと息の成績が続き、約6か月半という休養期間を取り、じっくりと立て直されて挑んだのが前走のオープン特別・洛陽Sだった。しかし、このレースへの臨戦過程も完璧ではなく、出走を予定していたオープン特別・ニューイヤーSへの出走がかなわず、4週スライドした経緯があった。京都・芝の外回りコースへの出走が約2年1か月ぶりだったことも考慮すれば、洛陽Sの勝利は大きな価値があると言えるだろう。ここで念願の重賞制覇を達成し、安田記念への道を切り拓きたいところだ。

プロディガルサン

牡4歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ラヴズオンリーミー
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

京都・芝コースは1戦して11着という結果だが、芝3000mの菊花賞ではコース適性を判断するのは難しいだろう。キズナやラキシスなど、母の父Storm Catのディープインパクト産駒は、広々とした外回りコースを得意としている印象。ここはあらためて期待したい。

全兄に昨年のドバイターフ(G1)を制したリアルスティールがいる良血馬で、デビュー前から注目を集めていた一頭だ。デビュー戦以来の芝1600mに挑んだ前々走の東京新聞杯では、出走馬中最速となる上がり3ハロン32秒0(推定)を繰り出し、勝ったブラックスピネルとクビ差の2着に好走。この時のパフォーマンスが評価されたのか、前走の金鯱賞(7着)では2番人気の支持を受けたが、芝1600mを使った直後ということもあったようで、道中で行きたがる面を見せていた。同世代相手の昨年はある程度距離をこなせたが、本質的には芝1600m前後の距離が向いているのかもしれない。

ヤングマンパワー

牡5歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:スニッツェル
  • 母:スナップショット
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

昨秋の京都遠征(マイルチャンピオンシップ16着、マイナス12kgの512kg)で大幅に馬体重を減らし、前走の東京新聞杯(6着)では胸のあたりが細く見え、トモの肉付きもひと息に感じた。3走前の富士S(1着)の時のようなボリュームが欲しいところで、今回も長距離輸送が鍵になる。

昨夏の関屋記念を1分31秒8の速い時計で勝ち、続く富士Sでは、イスラボニータを2着に下して重賞連覇を達成。あとはGI の勲章を獲得するだけに思えたが、前々走のマイルチャンピオンシップでは16着と大敗を喫した。敗因は好位からしぶとく抜け出す本来の競馬ができなかったことで、長距離輸送による12kgの馬体重減も響いたと考えられる。前走の東京新聞杯では6kg数字を戻していたが、それでも復調途上だったのだろう。勝ったブラックスピネルから0秒4差の6着という結果はこの馬の実力ではなく、状態面の上積みがあれば、巻き返しの可能性は十分だ。

フィエロ

牡8歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ルビー
  • 母の父:Danehill
ここに注目!

本レースは過去3年連続で挑戦し、2014年には1分31秒6の速い走破時計で2着に入った。開幕週の京都・芝コースは速い時計での決着になりやすく、スピードが必須だが、それは本馬にとって歓迎材料と言えるだろう。

デビュー以来初の芝1200mに挑んだ前走の高松宮記念は5着。過去には重馬場で勝ったこともあるが、ディープインパクト産駒らしい跳びの綺麗なフットワークをする馬なので、切れ味を削がれる馬場コンディション(稍重)でのスプリント戦はさすがに厳しかったようだ。また、前走は約3か月の休み明け。今年で8歳と高齢になってきていることもあってか初戦から全開というタイプではなくなってきた印象で、その分ここは1度使われた上積みが見込めるだろう。マイルチャンピオンシップで2度の2着があるように、京都・外回りの芝1600mは得意にしている舞台。念願の重賞制覇が見られるかもしれない。

クルーガー

牡5歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:アディクティド
  • 母の父:Diktat
ここに注目!

過去には約6か月半の休み明けで勝った実績があるが、この時はプラス36kg(528kg)と大幅に馬体重が増えていた。約1年ぶりのレースとなる今回も、大幅な体重増があって不思議はない。当日の馬体重と気配をしっかりとチェックしたい一頭だ。

昨年の本レースで重賞初制覇を果たしたが、今回はそれ以来約1年ぶりの実戦になる。この状況を克服できるかどうかが、今回のポイントになるだろう。ただ、栗東トレーニング・センターへ帰厩後の調教はかなりハード。12日に栗東CWコースで行われた1週前追い切りでは、6ハロン79秒台の好時計をマークしている。大型馬の長期休養明けであれば手加減された調整になっても不思議はないが、今回の本馬はそれには該当しないようだ。ここまで3か月以上のレース間隔で〔1・0・1・0〕と、休み明けそのものは苦にしないタイプ。能力さえ発揮できれば、本レース連覇を飾るシーンもあるだろう。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: