今週の注目レース

福島牝馬ステークス(GIII)

福島競馬場 1800m(芝)別定 (牝) 4歳以上オープン

出走馬情報

クインズミラーグロ

牝5歳

調教師:和田正道(美浦)

  • 父:マンハッタンカフェ
  • 母:ジャストトゥートゥー
  • 母の父:In Excess
ここに注目!

今年初戦となった前々走の愛知杯で3着、前走の中山牝馬Sでも勝ち馬と0秒1差の3着に好走。ここへきての地力強化が目を引く一頭だ。昨年の本レースで5着に善戦しており、コースへの不安はなさそうで、待望の重賞制覇が視界に入った印象だ。

「デビューした当時と比べて馬体が一回りも二回りも大きくなっています。また、精神面でも成長を遂げていますので、そろそろ重賞タイトル獲得も可能でしょう。前走の中山牝馬S(3着)はハンデが52kgと軽かったにしても、最後は上位の2頭に迫る勢いで伸びてきたので、中身の濃い一戦だったと思います。今回は福島・芝コースに舞台が替わりますが、器用さのある馬ですから問題ないはずです。今はとても状態がいいので、楽しみな重賞挑戦になります」と、厩舎スタッフは本馬の充実ぶりをアピールした。ここにきて重賞で連続3着と地力を強化しているだけに、ここは有力なV候補だ。

フロンテアクイーン

牝4歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:メイショウサムソン
  • 母:ブルーボックスボウ
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

前々走の1600万下・初音S(東京・芝1800m)を鮮やかな末脚で差し切り勝ち。前走の中山牝馬Sは8着だったが、勝ち馬とのタイム差は0秒3と大きくは負けていない。今回、レース当日にテンションが高くなっていなければ、優勝争いに加わってきそうだ。

「前々走の1600万下・初音S(1着)では最後の直線で切れる脚を使えましたが、前走の中山牝馬S(8着)の時はレースの前からテンションが高く、道中もリラックスして走れませんでした。最後の直線で伸び脚を欠いたのは、それが原因でしょう。ただ、中間の動きから調子落ちの印象はありませんから、ここはあらためて期待しています」と、厩舎サイドに悲観したムードは感じられない。昨年2月のクイーンCでメジャーエンブレムに次ぐ2着に好走。秋には紫苑Sで3着に入るなど、重賞で通用する能力があることは明らかだ。今回、落ち着いた状態でレースに臨むことができれば、十分に勝つチャンスがありそうだ。

クロコスミア

牝4歳

調教師:西浦勝一(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:デヴェロッペ
  • 母の父:ボストンハーバー
ここに注目!

一昨年に札幌2歳S3着、アルテミスS3着の実績を残し、昨年秋のローズSでは勝ったシンハライトからハナ差の2着と、重賞勝利に手が届くところまで来ている印象だ。晴雨兼用、脚質自在の強みを生かすことができれば、好勝負になるだろう。

「前走の阪神牝馬S(4着)の時は馬体がふっくらしていて、いい雰囲気で臨めたと思います。レースは逃げる形になりましたが、他に行く馬がいなかったためで、流れに応じて控える競馬もできるタイプです。最後は上位3頭に少し離されましたが、次につながる内容は残せました。今回は中1週になるので中間の調整は控えめですが、馬体重が大きく減った様子もなく、好調を維持したまま出走できるでしょう。まだ重賞タイトルを獲得していないので、ここでチャンスをつかんでほしいです」と、厩舎スタッフは本馬の活躍に期待を寄せている。先行力が生きるこの舞台は本馬にぴったりで、待望の重賞初勝利へ期待が高まる。

ウキヨノカゼ

牝7歳

調教師:菊沢隆徳(美浦)

  • 父:オンファイア
  • 母:アドマイヤダッシュ
  • 母の父:フサイチコンコルド
ここに注目!

前走の中山牝馬S(6着)では、メンバー中最速の上がり3ハロン33秒5(推定)をマーク。この時が初めての芝1800mだったことを加味すれば、価値は十分だろう。ここまで重賞2勝に加えて、一昨年のスプリンターズSで3着に好走しており、実績上位の一頭だ。

「気温の上昇に伴って馬体が絞れ、状態は着実に上向いています。前走の中山牝馬Sは6着でしたが、メンバー中最速の上がり3ハロンタイム(33秒5、推定)をマークしていたので、内容は良かったと思います。また、前走は初めての芝1800mでしたが、あのレースぶりなら距離克服の見通しも立ったと思います。末脚勝負のタイプなので、展開に左右される面はありますが、小回りコースは問題ない馬です。年齢的な衰えも感じませんから、ここで完全復活をしてほしいです」と、陣営は本馬に期待をかけている。ここまで重賞2勝の実力牝馬が、3つ目のタイトル獲得を目指す。

ロッカフラベイビー

牝5歳

調教師:鹿戸雄一(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:シーディドアラバイ
  • 母の父:ジャングルポケット
ここに注目!

条件クラスのレースとはいえ、前走の1000万下(中山・芝2000m)の勝ち方は鮮やかだった。今回は1600万下クラスからの格上挑戦で、楽な競馬にはならないだろうが、目下の勢いは侮れない。

「昨年秋の1000万下・tvk賞(東京・芝1800m、6着)の後にひと息入れたことが功を奏したようで、馬体の硬さが解消し、馬体もふっくらしてきました。それが前走の快勝劇につながったのでしょう。今回は格上挑戦で相手は大幅に強化されますが、以前は重賞でも差のないレースをしていた馬ですから、それほど引けは取らないはずです」と、厩舎サイドは本馬の上昇をアピールした。3歳時の一昨年春にフラワーCで勝ったアルビアーノから0秒2差の4着に入っており、ここでも潜在能力は通用するはずだ。心身共に成長を示す今なら、重賞タイトルを獲得するシーンが見られるかもしれない。

ウインファビラス

牝4歳

調教師:畠山吉宏(美浦)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:サマーエタニティ
  • 母の父:アドマイヤコジーン
ここに注目!

一昨年に新潟2歳Sで2着、阪神ジュベナイルフィリーズでも2着に好走した実績がある馬。今回のメンバーに入っても地力は上位だろう。3走前のオープン特別・ニューイヤーS(中山・芝1600m)のように一瞬の脚を生かすレースができれば、上位進出がありそうだ。

「前走のオープン特別・東風S(中山・芝1600m、9着)が案外の結果でしたが、この中間は体調面の上昇を感じます。3走前のオープン特別・ニューイヤーS(3着)では牡馬を相手に差のないレースができたので、牝馬同士なら重賞でも楽しみです。前走のような上がりの速い決着よりも、平均ペースで流れてくれた方がレースはしやすいでしょう。小回りコースなら芝1800mの距離も守備範囲ですから、再び重賞で活躍してほしいです」と、厩舎スタッフは本馬のケアに汗を流している。一昨年の阪神ジュベナイルフィリーズで、勝ち馬メジャーエンブレムに次ぐ2着に好走した実績が光り、重賞タイトル獲得も難しくはないはずだ。

ペイシャフェリス

牝6歳

調教師:高市圭二(美浦)

  • 父:スペシャルウィーク
  • 母:プレザントケイプ
  • 母の父:Cape Cross
ここに注目!

前走のオープン特別・六甲S(阪神・芝1600m)で2着。うまくマイペースの逃げに持ち込めたとはいえ、牡馬も出走していた中での好走は価値がある。短距離での活躍が目立つが、芝1800mでも連対例がある馬。今回は小回りコースだけに、先行力は魅力だ。

「前走のオープン特別・六甲S(2着)は、うまくマイペースの逃げに持ち込むことができました。今後につながるいい内容だったと思います。スプリント戦に対応できるスピードがある馬ですが、今は1600から1800mくらいの距離の方がレースをしやすいのかもしれません。引き続き状態は良好ですから、自分の形で競馬ができれば重賞でも好勝負が可能でしょう」と、陣営は本馬の体調の良さを話していた。3歳時の2014年に桜花賞トライアル・アネモネS(中山・芝1600m)を制しており、息の長い活躍を続ける一頭。持ち前のスピードを生かして、重賞タイトル奪取に挑む。

ブリガアルタ

牝4歳

調教師:尾形和幸(美浦)

  • 父:コンデュイット
  • 母:ブリガドーン
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

今回は3か月ぶりのレースで仕上がりがポイントだが、気性的に間隔が空いても力を出せるタイプ。ここまで福島・芝コースで2戦2勝をマークしており、今回の舞台はぴったりだ。1600万下クラスからの格上挑戦でも、注意が必要だろう。

「前走の1000万下(中山・芝1800m)を勝った後は放牧へ出してひと息入れ、春の福島開催を目標に帰厩しました。その後も順調に調整できていますから、出走態勢は整いそうです。今回は重賞へのチャレンジで胸を借りる立場ですが、福島・芝コースとの相性が良い馬なので、不安よりも期待の方が大きいです」と、厩舎スタッフは本馬の仕上げに力を注いでいる。ここまでレースキャリア7戦と、まだまだ今後の成長が見込める一頭。今回は久々の実戦になるが、力を出せる状態に仕上がっていると判断できれば、伏兵以上の評価が必要になるかもしれない。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: