今週の注目レース

大阪杯(GI)

阪神競馬場 2000m(芝)定量 4歳以上オープン

データ分析

春の古馬中距離戦線の新たなGI が幕を開ける

春の4歳以上中距離戦線に新たなGI レースが誕生した。昨年まではGII で行われていた大阪杯が格上げされ、これまで春競馬になかった古馬の中距離GI に生まれ変わった。記念すべき初代覇者として歴史にその名を刻むのはどの馬か? 好走馬に迫るヒントとなりそうな項目を、複数の視点からピックアップした。

逃げ馬を警戒しながら追い込み馬も要マーク

2007〜2016年に阪神・芝2000mで行われた2・3歳限定を除く重賞30レースにおける4コーナーの位置別成績をまとめると、好走率は位置取りが前になるほど高くなっている。しかし、「10番手以下」組でも連対率は10%を超えており、「2〜5番手」・「6〜9番手」組との差もそれほど大きくない。先行馬が優勢といった状況ではあるものの、差し・追い込み馬も軽視できないデータとなっている。〔表1〕

〔表1〕4コーナーの位置別成績(2007〜2016年に阪神・芝2000mで行われた2・3歳限定を除く重賞30レース)
4コーナーの位置 成績 勝率  連対率 3着内率
先頭 5-6-1-18 16.7% 36.7% 40.0%
2〜5番手 13-11-12-111 8.8% 16.3% 24.5%
6〜9番手 8-7-11-85 7.2% 13.5% 23.4%
10番手以下 4-6-6-77 4.3% 10.8% 17.2%

真ん中寄りの馬番が優勢

2007〜2016年に阪神・芝2000mで行われた2・3歳限定を除く重賞30レースにおける馬番別成績を調べると、真ん中寄りの「6〜10番」が好走率でトップとなっている。内寄りの「1〜5番」と外寄りの「11〜16番」を比較すると、出走馬の数では「1〜5番」が大きく上回っているものの、連対馬の数は同数になっており、好走率で「11〜16番」が上位となっている。外枠の馬は距離面でのロスが懸念されるが、この舞台では減点材料にならないようだ。〔表2〕

〔表2〕馬番別成績(2007〜2016年に阪神・芝2000mで行われた2・3歳限定を除く重賞30レース)
馬番 成績 勝率  連対率 3着内率
1〜5番 8-6-13-123 5.3% 9.3% 18.0%
6〜10番 16-16-13-101 11.0% 21.9% 30.8%
11〜16番 6-8-4-67 7.1% 16.5% 21.2%

伏兵馬の台頭も少なくない

2007〜2016年に阪神・芝2000mで行われた2・3歳限定を除く重賞30レースにおける単勝人気別成績を調べると、「1番人気」がまずまずの結果を残している。また、注目したいのは「6〜9番人気」で、勝率と連対率で「4番人気」・「5番人気」を上回り、「3番人気」とも差のない数値を記録している。下位人気馬の台頭は常に頭に入れておくべきだろう。〔表3〕

〔表3〕単勝人気別成績(2007〜2016年に阪神・芝2000mで行われた2・3歳限定を除く重賞30レース)
単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 11-5-4-10 36.7% 53.3% 66.7%
2番人気 7-3-4-16 23.3% 33.3% 46.7%
3番人気 3-2-3-22 10.0% 16.7% 26.7%
4番人気 1-3-5-21 3.3% 13.3% 30.0%
5番人気 0-2-4-24 0% 6.7% 20.0%
6〜9番人気 7-11-5-96 5.9% 15.1% 19.3%
10番人気以下 1-4-5-102 0.9% 4.5% 8.9%

好走率で5歳馬が上位

2007〜2016年に行われた牝馬限定を除く4歳以上の芝GI・20レースでの年齢別成績を調べてみると、好走率で「5歳」がトップとなり、それに「4歳」と「6歳」が続いている。この時期に行われる4歳以上の芝GI では、円熟期を迎えつつある「5歳」馬に注目してみたい。〔表4〕

〔表4〕年齢別成績(2007〜2016年に行われた牝馬限定を除く4歳以上の芝GI・20レース)
年齢 成績 勝率  連対率 3着内率
4歳 5-2-8-64 6.3% 8.9% 19.0%
5歳 9-9-4-74 9.4% 18.8% 22.9%
6歳 3-7-3-60 4.1% 13.7% 17.8%
7歳以上 3-2-5-92 2.9% 4.9% 9.8%
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走2着以内の馬に注目

2016年に3(4)歳以上・芝2000m以上の条件で行われたGI の優勝馬6頭は、いずれも前走で「2着以内」に入っていた。2017年もこの傾向が続くのか、注目しておきたい。〔表5〕

(河野道夫)

〔表5〕2016年に行われた3(4)歳以上・芝2000m以上のGI 優勝馬の前走の着順
レース名 優勝馬 前走の着順
天皇賞(春) キタサンブラック 2着
宝塚記念 マリアライト 2着
天皇賞(秋) モーリス 2着
エリザベス女王杯 クイーンズリング 1着
ジャパンカップ キタサンブラック 1着
有馬記念 サトノダイヤモンド 1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: