今週の注目レース

スプリングステークス(GII)

中山競馬場 1800m(芝)馬齢 牡・牝 3歳オープン

出走馬情報

サトノアレス

牡3歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:サトノアマゾネス
  • 母の父:Danehill
ここに注目!

3連勝で前走の朝日杯フューチュリティSを制し、昨年度のJRA賞最優秀2歳牡馬を受賞した。今回は3か月の休み明けで、クラシック本番を見据えた仕上げではあるが、前哨戦の本レースに照準を合わせて順調に乗り込みを消化している。

デビュー3戦目の未勝利(中山・芝1800m)で待望の初勝利をマーク。前々走の500万下・ベコニア賞(東京・芝1600m)では、メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒8(推定)の末脚で鮮やかに差し切って快勝。前走の朝日杯フューチュリティSはスローペースとなり、後方待機策の本馬には不向きな展開に思えたが、4コーナー12番手から直線で大外を豪快に突き抜け、最後はモンドキャンノ(2着)の追撃を振り切ってビッグタイトルを獲得した。見栄えのする好馬体に、父譲りの瞬発力を兼ね備えており、将来性は十分。3歳を迎え、さらなる活躍が期待できそうだ。

モンドキャンノ

牡3歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:キンシャサノキセキ
  • 母:レイズアンドコール
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

前走の朝日杯フューチュリティSでは、折り合い面の進境を見せて2着に好走した。父は2010年と2011年の高松宮記念を連覇した馬で、母系の血統背景も短距離色が強い。200mの距離延長となる今回は、自分自身との戦いになりそうだ。

3走前の函館2歳Sは、道中で行きたがる面を見せながらも2着。約3か月半の休み明けで臨んだ前々走の京王杯2歳Sは、中団でなだめながら折り合いをつけると、先行策から押し切りを図るレーヌミノル(2着)をゴール寸前で捕らえて重賞初制覇を達成した。前走の朝日杯フューチュリティSでは、メンバー中最速となる上がり3ハロン34秒0(推定)の末脚を繰り出し、勝ったサトノアレスと1/2馬身差の2着。芝1600mの距離を克服し、類まれなるレースセンスを見せた。今回、初の芝1800mでも大きく割り引く必要はないだろう。

アウトライアーズ

牡3歳

調教師:小島茂之(美浦)

  • 父:ヴィクトワールピサ
  • 母:ウィストラム
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

前々走の500万下・百日草特別(東京・芝2000m)は3着だったが、1着馬アドマイヤミヤビ(クイーンC)、2着馬カデナ(京都2歳S、弥生賞)がいずれもその後に重賞勝ちを挙げている。本馬も能力は重賞級で、先々まで目が離せない存在だ。

デビュー2戦目の未勝利(中山・芝2000m)を、外から力でねじ伏せて2馬身1/2差の快勝。前々走の500万下・百日草特別は3着に敗れたが、騎乗した田辺裕信騎手が「逃げ馬が内を空けていたので前に壁を作れず、ペースも遅くてハミを噛んでいました」と振り返っており、敗因ははっきりしている。前走の500万下・ひいらぎ賞(中山・芝1600m)では、道中は後方で折り合いに専念すると、直線は大外を豪快に突き抜けて2勝目をマーク。2着ウインブライト、3着ナイトバナレットが共に次走を勝ち上がり、4着エトルディーニュは共同通信杯で2着とメンバーレベルも上質な一戦だった。重賞で通用する下地は十分だ。

トリコロールブルー

牡3歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ペンカナプリンセス
  • 母の父:Pivotal
ここに注目!

父は2011年の三冠馬オルフェーヴルなど数々の一流馬を輩出し、母は海外の重賞ウイナー。半兄にはダノンジェラート(2012年セントライト記念3着)、ワールドインパクト(2014年青葉賞2着、共に父ディープインパクト)がおり、本馬の血統スケールは大きい。

3走前のメイクデビュー中京(芝2000m)を、軽く追われただけで突き抜けて勝利すると、約4か月ぶりとなった前々走の500万下・黄菊賞(京都・芝2000m)では、メンバー中最速となる上がり3ハロン34秒2(推定)の末脚で2着に入った。約3か月の休養を挟んだ前走の500万下・フリージア賞(東京・芝2000m)は、ラスト3ハロンのレースラップが11秒6-11秒1-11秒6という瞬発力勝負の流れになったが、中団追走から直線半ばで進路を確保すると瞬時に抜け出し、1/2馬身という着差以上に強い勝ちっぷりを見せた。休養で成長を促しながら一戦ごとにパフォーマンスを上げており、ここもあっさり勝って不思議はない。

エトルディーニュ

牡3歳

調教師:小桧山悟(美浦)

  • 父:エイシンサンディ
  • 母:リスペクトスコール
  • 母の父:オペラハウス
ここに注目!

ここまで掲示板(5着以内)を外さない走りを続けている馬で、前走の共同通信杯では自身の持ち時計を短縮して2着に好走した。一戦ごとに地力をつけていることは明らかで、今回も上位争いが濃厚だ。

昨年10月のオープン特別・アイビーS(東京・芝1800m)で、勝ったソウルスターリング(次走で阪神ジュベナイルフィリーズを優勝)の3着に入り、続く500万下・ベゴニア賞(東京・芝1600m)では、勝ち馬サトノアレス(次走で朝日杯フューチュリティSを優勝)に次ぐ2着に好走。今年初戦となった前々走の500万下・セントポーリア賞(東京・芝1800m)では、上がりの速い決着に対応して2着に入ると、好メンバーがそろった前走の共同通信杯でも、直線でしぶとく脚を伸ばして混戦の2着争いを抜け出した。勝ち味の遅さはあるものの、相手なりに走れる堅実さが持ち味。先行力がある馬なので、中山・芝コースに替わる点も好材料だろう。

ウインブライト

牡3歳

調教師:畠山吉宏(美浦)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:サマーエタニティ
  • 母の父:アドマイヤコジーン
ここに注目!

デビュー2戦は不本意な結果だったが、約3か月半の休養で立て直された後は成績がグンと良くなり、前走の500万下・若竹賞(中山・芝1800m)を鮮やかに差し切って2勝目をマークした。皐月賞へ駒を進めるためにも、ここで優先出走権(3着以内)獲得を狙う。

約3か月半の休み明けだった3走前の未勝利(東京・芝1800m)では、馬体がプラス14kgの462kgとひと回り成長しており、レースでは中団追走から楽に抜け出して快勝。前々走の500万下・ひいらぎ賞(中山・芝1600m)は勝ったアウトライアーズの決め手に屈したものの、3着ナイトバナレット(次走でオープン特別・ジュニアC優勝)、4着エトルディーニュ(その後に共同通信杯2着)を退けて2着に好走した。前走の500万下・若竹賞は、先行馬に向くスローペースだったが、直線で大外からあっさりと抜け出して優勝。走破時計の1分48秒3は、前週の1600万下・初富士Sの勝ち時計(1分48秒4)を0秒1上回る優秀なものだった。今回、重賞でどこまで通用するのか、注目だ。

オールザゴー

牡3歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:アルーリングボイス
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

パドックでのテンションが高く、デビュー戦では直線で内へ逃避したように気性の幼さは残るものの、一戦ごとに競馬を覚えており、前走の500万下・白梅賞(京都・芝1600m)で2勝目を挙げた。母は重賞2勝馬で、血統的魅力も大きい。

デビューから2戦はどちらも2着に敗れたが、3戦目の未勝利(福島・芝1800m)を先行策から押し切って快勝。前々走の500万下・千両賞(阪神・芝1600m)は発馬で後手を踏み7着に敗れたが、前走の500万下・白梅賞では、スタートを決めて果敢に先手を奪うと、直線では後続を2馬身振り切り、鮮やかな逃げ切り勝ちを飾った。前走で騎乗した浜中俊騎手は「我の強い馬なので、もっとコントロールができるようになればいいですね」と、ステイゴールド産駒特有の気難しさを課題に挙げていたものの、能力の高さも評価していた。今回、重賞初挑戦でも侮れない存在だ。

プラチナヴォイス

牡3歳

調教師:鮫島一歩(栗東)

  • 父:エンパイアメーカー
  • 母:プレザントブリーズ
  • 母の父:マンハッタンカフェ
ここに注目!

デビュー3戦目の未勝利(京都・芝1800m、1着)で、1分45秒9の2歳コースレコードをマーク。前走のきさらぎ賞(4着)は、重馬場が影響したのか能力を出し切れなかったが、スピードの絶対値はここでも引けを取らない。

3走前のオープン特別・萩S(京都・芝1800m)は、スローペースの展開が向いたとはいえ、2番手追走から直線半ばで先頭に躍り出ると、後続を寄せつけずに完勝した。前々走の京都2歳Sはレース前にイレ込んで6着。前走のきさらぎ賞も4着に敗れたが、騎乗した和田竜二騎手は「跳びが大きいので力の要る馬場コンディション(重)でノメッていましたし、直線では内にササって真っすぐ追うことができませんでした」と、ここ2戦の敗因は明らかだ。テンションの上がりやすいタイプなので、今回は関東圏への長距離輸送に少し不安はあるが、持ち味のスピードを存分に発揮できれば、上位進出も可能だろう。

(京増 正臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: