今週の注目レース

愛知杯(GIII)

中京競馬場 2000m(芝)ハンデ (牝) 4歳以上オープン

出走馬情報

クリノラホール

牝4歳

調教師:谷潔(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:クリノビャクダン
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

しっかりと折り合いのついた前走のレース内容がいい。普段からテンションが高く、パドックでもそんな気配を出すかもしれないが、実戦で問題がないのだから気にする必要はないだろう。寒い時季だけに極端なマイナス体重は避けたいところだ。

3走前の500万下・粟島特別(新潟・芝1800m)で2着馬とクビ差の勝利を挙げてから、前々走の1000万下・近江特別(京都・芝1800m)、前走の1600万下・逆瀬川S(阪神・芝1800m)と3連勝中。アローエクスプレス、ニホンピロウイナーと懐かしい種牡馬が並ぶ母系の印象はマイルから中距離で、好位から抜け出した近2走の内容もこのイメージに近いものがある。ただし、前走時で448kgの馬体は、パワフルな走りを見せた母父クロフネ、雄大な馬体を持つ産駒が多い父ダイワメジャーの影響を感じさせるところまでは到達していない。充実期に入っていることは間違いないが、その血統背景からさらなる成長が期待される。重賞制覇で一気にブレークを果たすかに注目したい。

シャルール

牝5歳

調教師:松永幹夫(栗東)

  • 父:ゼンノロブロイ
  • 母:グレイトフィーヴァー
  • 母の父:Kaldoun
ここに注目!

脚をためて、しっかりとした末脚を使うというイメージのあった馬だが、近走は先行力を見せている。前に壁を作れず行きたがる面を見せた前走の経験から、馬群の中で折り合う形が良さそうで、前半のレース運びがポイントになるだろう。

前走のエリザベス女王杯は15着。GI で相手が強かった印象もあるが、この馬自身のパフォーマンスで言えば、外枠(15頭立ての8枠14番)からのスタートで前に壁を作ることが出来ず、道中で折り合いを欠いたことが大きかった。前々走の府中牝馬S(10着)でハナを切る競馬をしたことが、前走の内容に影響したのかもしれない。昨年4月の福島牝馬Sで2着、7月のクイーンSでも2着に入っており、牝馬限定のGIII なら好勝負ができる能力の持ち主。中京・芝2000mは500万下で強い勝ち方をしたコースでもある。折り合いさえつけば、巻き返しても不思議はないはずだ。

ヒルノマテーラ

牝6歳

調教師:昆貢(栗東)

  • 父:マンハッタンカフェ
  • 母:コンサーンナッカ
  • 母の父:Concern
ここに注目!

前に中京・芝コースを走ったのは1年以上前で、そのレースでは11着に大敗しているが、これは直線で進路を確保できず、ほぼ追うことが出来なかったため。本来、直線の長いコースは適性が高いはずだ。

マンハッタンカフェを父に持つ6歳馬。本格化を果たしたのは5歳時の昨年で、血統のイメージ通りの晩成タイプと考えてよさそうだ。前々走のエリザベス女王杯は初めてのGI 挑戦に加えて適性よりも少し長い印象のある距離の問題もあったのか、勝ったクイーンズリングから1秒2離された13着に大敗したが、前走のチャレンジカップでは、同じ二桁着順の10着でも勝ったマイネルハニーから0秒4差。適性に合った距離へ戻ったことで、まずまずのパフォーマンスを見せている。昨年6月のマーメイドSで2着に入った実績があるように、牝馬限定で適距離のGIII なら、巻き返しがあっていいはずだ。

ダイワドレッサー

牝4歳

調教師:鹿戸雄一(美浦)

  • 父:ネオユニヴァース
  • 母:リバティープリント
  • 母の父:スウェプトオーヴァーボード
ここに注目!

過去の成績を見ると小回りコース向きの印象もあるが、昨年のクイーンCで4着、オークスでも勝ち馬と0秒4差の8着と、直線の長いコースでもパフォーマンスは大きく変わらない。今回も他馬とのハンデの兼ね合いがポイントになりそうだ。

5番人気の支持を受けた前走のターコイズSでは、勝ったマジックタイムから2秒4も離された16着に大敗したが、レースの前半600m通過タイムが34秒6、同1000m通過タイムが58秒3という息の入らない流れを先団で追走。マイルよりも中距離に適性がありそうな同馬にとって、このペースでリズムに乗った走りをすることは難しかったようだ。昨年7月のラジオNIKKEI賞では2着に入り、今回と同じ距離で行われた前々走の福島記念では、勝ったマルターズアポジーから0秒5差の3着。前走から距離が400m延長される今回は、本来のパフォーマンスを見せられるはず。重賞初制覇のチャンスと言えそうだ。

クインズミラーグロ

牝5歳

調教師:和田正道(美浦)

  • 父:マンハッタンカフェ
  • 母:ジャストトゥートゥー
  • 母の父:In Excess
ここに注目!

関西圏への輸送があった前走の1600万下・カウントダウンS(阪神・芝2000m、1着)の馬体重は12kg減の450kg。412kgでデビューしたことを思えばかなり増えているが、それでも今回、さらに馬体重を減らすのは歓迎材料とは言えないだろう。

8着だった3走前の1600万下・ノベンバーS(東京・芝2000m)はスタートで出遅れただけでなく、直線では他馬と接触し、ひるむような面を見せた。7着だった2走前の1600万下・ウェルカムS(東京・芝1800m)では、直線で進路が狭くなるシーンがあり、能力を出し切ったとは言えないレースぶりだった。前走の1600万下・カウントダウンSは10番人気での勝利だったが、それまでのレースが不完全燃焼だっただけで、好位から楽に抜け出したレースぶりは本馬の実力を示すもの。今回は、オープンクラスへ昇級しての重賞挑戦だが、条件馬も数多くいる牝馬限定戦なら、能力は十分に通用するはずだ。

プリメラアスール

牝5歳

調教師:鈴木孝志(栗東)

  • 父:スペシャルウィーク
  • 母:リメインフォレスト
  • 母の父:アジュディケーティング
ここに注目!

昨年夏以降の成績は〔2・1・1・1〕で、4着以下に敗れた唯一のレースが前走のエリザベス女王杯(5着)。以前は脚質的に難しさがあるイメージだったが、近走は常に堅実な走りを見せている。ここでも大崩れはしないはずだ。

前走のエリザベス女王杯は、ハナを切って主導権を握ると、前半1000m通過タイムが1分01秒8。その後もゆったりとしたペースを作り、レースのラスト4ハロンのラップが全て11秒台という展開を作った。上位の馬とは瞬発力の差が出たものの、14番人気で5着なら大健闘と言っていいだろう。展開の利があったことは確かだが、力をつけていることは間違いない。GI で5着に健闘したとはいえ、3走前に勝利した能勢特別は1000万下クラスで、52kgのハンデで2着だった前々走のムーンライトH(共に阪神・芝2000m)は1600万下クラスのレース。今回は条件馬の身で参戦できるため、前々走と同じ52kgの軽ハンデで臨める点は好材料と言えそうだ。

マキシマムドパリ

牝5歳

調教師:松元茂樹(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:マドモアゼルドパリ
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

馬体重の増減が大きいイメージがあったが、それは過去の話になりつつある。関西圏の競馬を使われていることもあるが、近走は馬体重も安定。中京への輸送で馬体重が減らなければ、その弱点は克服したと考えていいだろう。

前走の1600万下・カウントダウンS(阪神・芝2000m)は2着だったが、それがこの馬の能力の全てではないだろう。いわゆる“勝ち味に遅いタイプ”の典型のような成績を残しており、これまでのキャリア18戦は〔4・3・7・4〕。掲示板(5着以内)を外したレースは、一昨年のオークス8着、格上挑戦だった前々走のエリザベス女王杯9着の2回だけ。3歳時には、1分56秒9という速い時計での決着となった秋華賞で1着馬ミッキークイーンから0秒2差の3着に入った実績も持っている。昨年の愛知杯では勝ち馬から0秒3差の4着。この舞台への適性はすでに示しており、展開次第で勝ち負けを演じることが可能だろう。

リーサルウェポン

牝6歳

調教師:荒川義之(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:クイックコマンド
  • 母の父:Gold Legend
ここに注目!

前走の府中牝馬Sは8着に敗れたが、最近のレースの中では最もしっかりとした末脚を使えたレースだった。前走と同じく、直線の長い中京・芝コースでじっくりと脚をためられれば、一変があるかもしれない。

昨年の愛知杯で勝ち馬と0秒2差の2着に好走しているが、当時は50kgの軽ハンデで、なおかつ、その前走にあたる1000万下(阪神・芝1600m)を豪快に差し切って勝利を挙げた勢いもあった。だが、それ以降は7戦して掲示板(5着以内)に載れておらず、そのうちの5戦が二桁着順とあれば、昨年のような活躍を期待するのは難しいかもしれない。しかし、能力そのもので負けたというよりも、競馬を途中でやめてしまうような面を見せたことが、成績の上がってこない原因とも考えられる。昨年のように自分のリズムで集中して走ることができれば、巻き返しのチャンスはありそうだ。

(松浪大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: