海外競馬発売

プリンスオブウェールズステークス(G1)

アスコット競馬場 1990メートル(芝)4歳以上

発売開始時刻
日本時間6月19日(水曜)
ネット投票:午前7時00分
発走予定時刻
日本時間6月19日(水曜)午後11時40分

前哨戦紹介

  • 注記:太字はプリンスオブウェールズS出走予定馬
  • 注記:6月18日(火曜)時点での情報を基に作成

イスパーン賞(G1)

2019年5月26日(日曜) フランス・パリロンシャン競馬場

芝1850メートル 9頭 稍重

優勝ザビールプリンス(せん6歳)

  • 騎手:A.アッゼニ
  • 調教師:R.ヴェリアン(イギリス)
  • 2着 スタディオブマン 3/4馬身
  • 3着 トレスフリュオース 3/4馬身

オペラ賞(G1・フランス)などヨーロッパでG1を3勝、アメリカのブリーダーズカップフィリー&メアターフ(G1)でも2着したワイルドイリュージョンが単勝1番人気。2018年の仏ダービー(G1・フランス)優勝馬でディープインパクト産駒のスタディオブマンが2番人気。今季初戦となった4月18日のアールオブセフトンS(G3・イギリス。芝1800メートル)で2着に2馬身3/4差をつけて快勝したザビールプリンスと、今年3月のジェベルハッタ(G1・UAE)の勝ち馬ドリームキャッスルが3番人気タイで並んだ。

レースはO.マーフィー騎手騎乗のナイトトゥビホールドを先頭に、人気のワイルドイリュージョンが2番手。スタートでつまずいて鞍上のA.アッゼニ騎手がバランスを崩しそうになったザビールプリンスは、やや勢い込みながらその直後の3、4番手につける。スタディオブマンは7番手に控えた。

フォルスストレートを通過するあたりからペースが上がって、直線残り400メートル付近で4頭が横一線に並んだのもつかの間、レモンイエローに黒のドットが配された勝負服のザビールプリンスが外から一気に抜け出して先頭でゴールイン。ひと呼吸遅らせて追い出されたスタディオブマンの末脚がうなりをあげて襲い掛かったが、ザビールプリンスに3/4馬身届かず2着まで。そこからさらに3/4馬身差の3着に、2017年のジャンプラ賞(G1・フランス)でサンダースノー(2018、19年のドバイワールドカップ連覇)の2着だった実力馬トレスフリュオースが続いた。稍重馬場の勝ちタイムは1分53秒07。ドリームキャッスルは5着、人気のワイルドイリュージョンは失速して6着で入線した。

ポストポンドなどを手掛けたイギリスのR.ヴェリアン調教師が管理するザビールプリンスは、2010年の仏ダービー馬ロペデヴェガの産駒で、アメリカンターフS(G2・アメリカ)など重賞3勝のダブルスパートナーのおいという血統。デビュー前にL.クマーニ厩舎からヴェリアン厩舎に転厩して、3歳(2016年)の10月にデビューして2着の後、去勢されて2017年6月に復帰。そこから3連勝を飾って素質の片りんをのぞかせ、昨年9月のジョエルS(G2・イギリス)では後に2019年のロッキンジS(G1・イギリス)を制するマスタシュリーの2着に健闘。6歳になった今年4月のアールオブセフトンSに勝って重賞ウイナーの仲間入りを果たし、遂にはG1ホースにまで上り詰めた。

ブックメーカーによるプリンスオブウェールズS(G1・イギリス)の前売りオッズ(6月18日時点)では単勝10倍前後の伏兵と評価されているが、スタディオブマン、ドリームキャッスル、ワイルドイリュージョンなどのG1ホースを一蹴した末脚は、距離の延長に伴って鋭さを増している。

文:奥野 庸介

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: