海外競馬発売

プリンスオブウェールズステークス(G1)

アスコット競馬場 1990メートル(芝)4歳以上

発売開始時刻
日本時間6月19日(水曜)
ネット投票:午前7時00分
発走予定時刻
日本時間6月19日(水曜)午後11時40分

2019年プリンスオブウェールズステークス 前哨戦紹介

  • 注記:太字はプリンスオブウェールズS出走予定馬
  • 注記:6月18日(火曜)時点での情報を基に作成

ゴードンリチャーズS(G3)

2019年4月26日(金曜) イギリス・サンダウン競馬場

芝1990メートル 7頭 良

優勝クリスタルオーシャン(牡5歳)

  • 騎手:R.ムーア
  • 調教師:M.スタウト(イギリス)
  • 2着 ナイトトゥビホールド 2 1/4馬身
  • 3着 エクストライルーシヴ 3 1/2馬身

名門のM.スタウト厩舎のエースとして重賞を4勝、G1レースでも2着が3回あるクリスタルオーシャンの実績はここでは断然。久々にR.ムーア騎手を鞍上に迎えて必勝態勢を敷いたことで、ブックメーカーのオッズは単勝1.8倍の1番人気。2番人気のトレスフリュオースは4.3倍、3番人気のナイトトゥビホールドは8.5倍となった。

人気薄のファブリケートがゲートを突き破るようにして飛び出した序盤は、O.マーフィー騎手でハナを主張したナイトトゥビホールドが、これをかわして先頭に立ち、クリスタルオーシャンとムーア騎手は素早く2番手につけて油断なくレースを進めた。芝の深いサンダウン競馬場の右回りコースを駆け抜ける一群は、直線に向いて凝縮。ゴールまで400メートルを残す地点でクリスタルオーシャンが満を持してスパートして優勝。ナイトトゥビホールドに2馬身1/4差をつけて格の違いを見せつけた。良馬場の勝ちタイムは2分07秒80となった。

クリスタルオーシャンは、2009年の英ダービー(G1・イギリス)、凱旋門賞(G1・フランス)などG1を6連勝してヨーロッパ年度代表馬となったシーザスターズの産駒で、プリンセスオブウェールズS(G2・イギリス)など重賞4勝のクリスタルカペラ(父ケープクロス)、カナディアンインターナショナル(G1・カナダ)を制したヒルスター(父デインヒルダンサー)の半弟。3歳時は英ダービー(G1)前哨戦のダンテS(G2・イギリス)で3着に入り、8月のゴードンS(G3・イギリス。芝2400メートル)で重賞初制覇。英セントレジャー(G1・イギリス)では、勝ち馬カプリと半馬身差の2着に健闘した。

昨年は、4月のゴードンリチャーズS(G3・イギリス。芝1990メートル)から重賞を3連勝して本格化を思わせたが、大一番のキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(G1・イギリス)では同厩舎のポエッツワードにクビ差及ばず(2着)大魚を逃し、その後も9月のセプテンバーS(G3・イギリス)がエネイブルに3馬身半差の2着、さらに10月の英チャンピオンS(G1・イギリス)ではクラックスマンに6馬身差の2着と、強敵相手に銀メダルが続いた。

5歳になった今年は、このゴードンリチャーズSの完勝に続いて、5月18日のアストンパークS(G3・イギリス。芝2400メートル)も2着のララーイブに2馬身差をつけて優勝。待ちに待ったG1タイトル近しを思わせている。

文:奥野 庸介

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: