海外競馬発売

インターナショナルステークス(G1)

ヨーク競馬場 2050メートル(芝)3歳以上

発売開始時刻
日本時間8月21日(水曜)
ネット投票:午前7時00分
発走予定時刻
日本時間8月21日(水曜)午後11時35分

2019年インターナショナルステークス現地リポート

  • 2019年8月20日(火曜)第5回(最終回)

    前走ヨークSを完勝し本格化を思わせるエラーカム、昨年のヨークS覇者サンダリングブルー

    昨日取り上げたオメーラ調教師同様、ヨーク競馬場が地元と言えるのがマーク・ジョンストン調教師。厩舎のあるミドルハムという街は、競馬場から馬運車でも1時間半ほどで行ける。2400メートルのトラックがあるプライベート厩舎で270頭を管理する彼が送り込むのがエラーカム(牡4歳)だ。
    父母共にG1馬の超良血ということでデビュー前から話題になっていた同馬。前走のヨークS(G2・イギリス)で、ロイヤルアスコット開催のウォルファートンS(リステッド・イギリス)では敗北したアデイブらを相手に、実に強い内容で完勝し、本格化を思わせた。

  • 2019年8月19日(月曜)第4回

    地元で再び大輪の花を咲かすかロードグリッターズ、馬場状態が気掛かりなリーガルリアリティ

    ヨーク競馬場のおひざ元。馬運車でわずか30分足らずのアッパーヘルムズリーという田舎街に厩舎を構えるのがディヴィッド・オメーラ調教師だ。40人の従業員を雇い、135頭を管理する彼は、看板馬ロードグリッターズ(せん6歳)を地元の大レースに出走させる。

  • 2019年8月18日(日曜)第3回

    調子を持続するクリスタルオーシャン、再び輝くかアンソニーヴァンダイク

    エネイブルが回避する公算が大きい現在、1番人気になっておかしくない存在なのがクリスタルオーシャン(牡5歳。M.スタウト厩舎)だろう。
    前走のキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(G1・イギリス)では最後の直線で400メートルにわたり、女王エネイブルと競り合った。結果、わずかに敗れはしたものの、実力があるところを存分に披露したといってよい内容。「ロンジンワールドベストレースホースランキング」世界1位(127)の座は守り抜いた。

  • 2019年8月17日(土曜)第2回

    名門厩舎期待の3歳馬。ゴスデン厩舎のキングオブコメディとオブライエン厩舎のジャパン

    厩舎の大将格で、インターナショナルS(G1・イギリス。8月21日)に登録のあるエネイブルが、翌日・同じくヨーク競馬場でのヨークシャーオークス(G1)に回っても、別の有力馬を送り込める層の厚さがあるのが、ジョン・ゴスデン厩舎。その彼がインターナショナルSに出走させるのがキングオブコメディ(牡3歳)だ。

  • 2019年8月16日(金曜)第1回

    オブライエン厩舎は4頭がエントリー。大将格マジカルと3歳馬サーカスマキシマス

    15日の登録の時点で4頭がエントリーしてきたA.P.オブライエン厩舎。今回はまず2頭を紹介しよう。

    アイルランドのダブリン空港から車を飛ばすこと約2時間半。バリードイルのプライベート厩舎を訪ね、出走を予定している馬たちの調教を見させていただいた。

    まずは牝馬ながら大将格と言えるマジカル(牝4歳)。昨年の凱旋門賞(G1・フランス)こそ10着と大敗したが、その後は5つのG1を含む重賞ばかり7戦を走り、4勝、2着3回(G1・2勝)。この間、負けた相手はエネイブル(2度)とクリスタルオーシャンだけだ。

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: