海外競馬発売

インターナショナルステークス(G1)

ヨーク競馬場 2050メートル(芝)3歳以上

発売開始時刻
日本時間8月21日(水曜)
ネット投票:午前7時00分
発走予定時刻
日本時間8月21日(水曜)午後11時35分

前哨戦紹介

  • 注記:太字はインターナショナルS出走予定馬
  • 注記:8月20日(火曜)時点での情報を基に作成

ヨークS(G2)

2019年7月27日(土曜) イギリス・ヨーク競馬場

芝2050メートル 6頭 重

優勝エラーカム(牡4歳)

  • 騎手:D.オニール
  • 調教師:M.ジョンストン(イギリス)
  • 2着 アデイブ 3 1/4馬身
  • 3着 ナイトトゥビホールド 1 1/2馬身
  • 4着 リーガルリアリティ

インターナショナルS(G1・イギリス)と同コース、同距離で行われた前哨戦には3歳馬1頭、4歳馬3頭、5歳馬2頭の計6頭が参戦した。 ヨーク競馬場の芝2050メートル戦は、スタートしてすぐに左に45度曲がり、向正面を約550メートル走ってからUターン気味に左カーブして、幅員の広い約900メートルの直線が待ち受ける。

1番人気は好メンバーがそろったアスコットのウォルファートンS(リステッド。芝1990メートル)を差し切って、ここに臨んだアデイブ。2番人気はエクリプスS(G1・イギリス)でエネイブルの3着に健闘したリーガルリアリティ、3番人気には唯一の3歳馬でキングエドワードⅦ世S(G2・イギリス)でジャパンの2着に入ったバンコクの順で続いた。

レースは逃げたナイトトゥビホールドをエラーカムが半馬身後ろからマークして2番手。その内にフォレストレンジャーが追走し、直後にアデイブがつけて6頭がほぼ一団。最後の急カーブを通過した馬群は直線に向いてばらけた。イギリスで最もフェアといわれる競馬場は最も強い馬を浮き立たせる。

直線の半ばで逃げ馬をかわしたエラーカムが先頭を奪うと2番手を離して堂々のゴールイン。昨年の英2000ギニー(G1・イギリス)でサクソンウォリアーの4着に入った実力馬が、約1年10か月ぶりに重賞タイトルをつかみ本番への挑戦権を手に入れた。3馬身1/4差の2着にアデイブ。3着に逃げたナイトトゥビホールド。リーガルリアリティは4着、バンコクは5着に終わった。重馬場の勝ちタイムは2分12秒47だった。

エラーカムは、14戦14勝で競走生活を終え2年連続でヨーロッパ年度代表馬に輝いたフランケルと、2004年の英1000ギニー(イギリス)などG1だけで5勝し、2003年のヨーロッパ最優秀2歳牝馬に選出されたアトラクションの間に誕生した、厩舎の期待馬。デビューから2連勝でタタソールズS(G3・イギリス)に優勝。クラシック候補となって注目されたが、マイル戦の英2000ギニーは4着、愛2000ギニー(G1・アイルランド)はローマナイズドの6着。昨年のヨークS(G2・イギリス)では勝ったサンダリングブルーからクビ+クビ差の3着に善戦するも、3歳時は4戦未勝利。4歳になった今年は4戦して2度のリステッド勝ちで力を蓄えての挑戦だった。

エラーカムはインターナショナルSへの登録がなかったが、この勝利を受けてオーナーのハムダン殿下は追加登録料の7万5000ポンド(約1057万5000円。1ポンド=141円で換算)を支払っての参戦を決めた。

文:奥野 庸介

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: