海外競馬発売

インターナショナルステークス(G1)

ヨーク競馬場 2050メートル(芝)3歳以上

発売開始時刻
日本時間8月21日(水曜)
ネット投票:午前7時00分
発走予定時刻
日本時間8月21日(水曜)午後11時35分

2019年インターナショナルステークス 前哨戦紹介

  • 注記:太字はインターナショナルS出走予定馬
  • 注記:8月20日(火曜)時点での情報を基に作成

セントジェームズパレスS(G1)

2019年6月18日(火曜) イギリス・アスコット競馬場

芝1590メートル 11頭 良

優勝サーカスマキシマス(牡3歳)

  • 騎手:R.ムーア
  • 調教師:A.P.オブライエン(アイルランド)
  • 2着 キングオブコメディ クビ
  • 3着 トゥーダーンホット 3/4馬身

ロイヤルアスコット開催で行われるセントジェームズパレスS(G1・イギリス)は、ヨーロッパ各国の2000ギニー馬が集結して3歳牡馬のマイル王が決まるレースだが、今年は英2000ギニー(G1・イギリス)を勝ったマグナグリーシア、仏2000ギニー(G1・フランス)優勝馬のペルシアンキングがここを回避。愛2000ギニー(G1・アイルランド)優勝のフェニックスオブスペインの出走はあったものの、スポットライトは、昨年の2歳牡馬チャンピオンで、今シーズンはダンテS(G2・イギリス)と愛2000ギニーで2着を続け、巻き返しの期待がかかったトゥーダーンホットに集まった。

レースは独2000ギニー(G2・ドイツ)を制したフォックスチャンピオンが馬群を引っ張り、2番手にサーカスマキシマス、3番手にフェニックスオブスペイン、内ラチ沿いの4番手にトゥーダーンホットという並びで淡々と進んだ。直線に入って残り400メートル付近でR.ムーア騎手を鞍上にしたサーカスマキシマスが動いて先頭。これをトゥーダーンホットが外から追撃し、2頭の一騎打ちか、と見られたところに、後方から強烈な末脚を使ったキングオブコメディが強襲。脚色が鈍ったトゥーダーンホットをかわして、先頭のサーカスマキシマスに近づいたところがゴールだった。ぎりぎり逃げ込んだサーカスマキシマスは、内を通って距離ロスのない競馬が勝利を手繰り寄せ、待望のG1勝利。クビ差まで迫ったキングオブコメディが2着で、トゥーダーンホットは3着に敗れた。良馬場の勝ちタイムは前年のウィズアウトパロールが記録した1分38秒64より1秒以上余計にかかる1分39秒90だった。

ニアルコスファミリーの生産所有馬で、A. P.オブライエン厩舎のサーカスマキシマスは、父がガリレオで、母はデュークオブケンブリッジS(G2・イギリス)など重賞に3勝したダントル。2歳時は4戦1勝で英オータムS(G3・イギリス)3着、フューチュリティトロフィー(G1・イギリス)は、のちの英2000ギニー馬マグナグリーシアの4着。3歳になって最初のリステッド・ディーS(イギリス)を勝って臨んだ英ダービー(G1・イギリス)では、5頭が横一線になる激戦から4馬身ほど遅れた6着で入線した。陣営は相手関係を見たうえでマイル戦のここを選択。追加登録料4万5000ポンド(約635万円。1ポンド=141円で換算)を支払って好結果を得た。サーカスマキシマスは、7月31日のサセックスS(G1・イギリス)に駒を進めたが、ここではトゥーダーンホットの巻き返しの前に2着に終わり、再び中距離戦に挑む。父ガリレオ、母の父デインヒルダンサーの組み合わせは、英オークス馬のマインディングや愛ダービー馬ソヴリンなどと同じ。距離不安は少ないものと見られている。

強烈な末脚を披露したキングオブコメディはここまで5戦3勝。前走のヘロンS(リステッド・イギリス)をL.デットーリ騎手で制し、G1初挑戦となったここでも敗れてなお強しを感じさせた。父はマイルのG1・4勝を含む8戦7勝でヨーロッパ年度代表馬になったキングマン。今年の仏2000ギニー優勝のペルシアンキングを送って快調な滑り出しを見せており、距離が伸びての走りに注目が集まっている。

文:奥野 庸介

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: