海外競馬発売

アイリッシュチャンピオンステークス(G1)

レパーズタウン競馬場 2000メートル(芝)3歳以上

発売開始時刻
日本時間9月14日(土曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:午前9時20分または午前9時30分
発走予定時刻
日本時間9月15日(日曜)午前0時15分

2019年アイリッシュチャンピオンステークス現地リポート

2019年9月13日(金曜)本レース8勝目なるか。出走馬の半数を占めるオブライエン勢

当初、アイリッシュチャンピオンS(G1・アイルランド)登録馬34頭のうち、大挙15頭を占めていたA.P.オブライエン厩舎だが、最終的にはマジカル(牝4歳)、アンソニーヴァンダイク(牡3歳)、マジックワンド(牝4歳)、ハンティングホーン(牡4歳)の4頭がエントリーしてきた。

例年ならトップジョッキーたちは、イギリスのドンカスター競馬場で同日に行われるG1・英セントレジャーのレース後に、飛行機でレパーズタウン競馬場まで移動。国をまたいで英セントレジャーとアイリッシュチャンピオンSを”はしご”することが可能だったが、今年はアイリッシュチャンピオンSの発走時刻が繰り上がったことで事実上不可能に。A.P.オブライエン調教師は、英セントレジャーのサードラゴネットを息子のD.オブライエン騎手に任せ、マジカルにライアン・ムーア騎手を配してきた。

マジカルは今年6戦を消化。3連勝後はイギリスのG1を3戦していずれも2着。プリンスオブウェールズSはクリスタルオーシャン、エクリプスS、ヨークシャーオークスはエネイブルの後塵を拝した。
「前走(ヨークシャーオークス)はラーティダーの後ろにつけられましたが、エネイブルに突き放されました。それでもいい走りだったと思いますよ。(今年前半は)ヨークを目標にしてきて、結果がいいからハッピーです」(以下、コメントは全てA.P.オブライエン調教師)

今季はこれで7戦目になるが、調整は順調に進んでいる。
「(前走の)レース後は少し疲れがありましたが、予定通りここに来られました」
昨年10月から8戦連続で連対中というタフな牝馬。前述の2頭(クリスタルオーシャン、エネイブル)が不在のここで、惜敗続きのうっぷんを晴らすか。

  • 安定感が光るオブライエン厩舎の大将格マジカル

  • 前走大敗から巻き返したいアンソニーヴァンダイク

アンソニーヴァンダイクは前走のキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(G1・イギリス)で5番手から運んだが、10着に敗れた。
「流れが速かったうえに、馬場が悪くて力を出し切れませんでしたね」
レース前夜からの降雨で「GOOD TO SOFT」(稍重)となり、エネイブル、クリスタルオーシャンなど差してきた馬が上位を占める展開。本領発揮とはいかなかったと強調する。

前走から約1か月半ぶりと少し間隔はあいたが、「調教の動きはいいですよ」と体調に自信を見せた。

アメリカ遠征明けとなるマジックワンドもスタンバイ。”キングジョージ”では11着に敗れたが、前走のアーリントンミリオン(G1・アメリカ)では差し込んで2着と、すぐさま巻き返した。
「気性が良くて、調教のしやすい馬。乗り手の言うことにも従順ですよ」
これまでの勝ち鞍は2つだが、2着が6回という安定した走りで上位進出をうかがう。

ハンティングホーンは今年すでに8戦を消化。これが今年5か国目のレースになるが、体調は維持できている。
「とてもタフで、丈夫な馬です。前めにつけたいと思っています」
8頭立ての少頭数でもあり、展開のカギを握りそうだ。

2006、2007年に連覇したディラントーマスなど、アイリッシュチャンピオンSで史上最多の7勝を挙げているA.P.オブライエン調教師。
「レパーズタウンはスピードが必要で、なおかつタフなコース。コントロールが利く本当にいい馬じゃないと勝てないフェアな競馬場だと思っています」
出走馬8頭のうち半数を占める4頭出しで、2011年のソーユーシンク以来となる8勝目を狙っている。

文:橋本 樹理

  • アメリカ遠征明けのマジックワンド

  • 展開のカギを握るハンティングホーン

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: