海外競馬発売

アイリッシュチャンピオンステークス(G1)

レパーズタウン競馬場 2000メートル(芝)3歳以上

発売開始時刻
日本時間9月14日(土曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:午前9時20分または午前9時30分
発走予定時刻
日本時間9月15日(日曜)午前0時15分

2019年アイリッシュチャンピオンステークス現地リポート

  • 2019年9月13日(金曜)第5回(最終回)

    本レース8勝目なるか。出走馬の半数を占めるオブライエン勢

    当初、アイリッシュチャンピオンS(G1・アイルランド)登録馬34頭のうち、大挙15頭を占めていたA.P.オブライエン厩舎だが、最終的にはマジカル(牝4歳)、アンソニーヴァンダイク(牡3歳)、マジックワンド(牝4歳)、ハンティングホーン(牡4歳)の4頭がエントリーしてきた。

  • 2019年9月12日(木曜)第4回

    毎日のルーティンで状態は上々。得意の左回りでG1初制覇を狙うマッドムーン

    前日(現地リポート第3回)に記したエラーカムのほかに、ハムダン殿下は所有馬をもう1頭出走させる。それが地元アイルランドの3歳牡馬、マッドムーン(K.プレンダガスト厩舎)だ。

  • 2019年9月11日(水曜)第3回

    イギリス通算最多勝記録を持つ伯楽が自信を持って送り込む、エラーカム

    9月10日に追加登録が締め切られ、日本のシュヴァルグランも出走したG1・英インターナショナルS(イギリス)で3着と好走したエラーカム(牡4歳。M.ジョンストン厩舎)が、滑り込みでアイリッシュチャンピオンS(G1・アイルランド)にエントリーしてきた。

  • 2019年9月10日(火曜)第2回

    フランスで蓄えた自信を携え、いざG1へ。上がり馬ヘッドマン

    2017年のアイリッシュチャンピオンSでは、単勝オッズ26倍という伏兵のデコレーテッドナイトで、ポエッツワードやチャーチルなどの人気馬を撃破。観衆をあっと言わせたイギリスのR.チャールトン調教師が、今年は上がり馬のヘッドマン(牡3歳)を送り込む。

  • 2019年9月9日(月曜)第1回

    日本調教馬初のアイルランドG1制覇なるか。“ヨーロッパ仕様”のディアドラ

    8月1日のナッソーSを鮮やかに差し切り勝ち。2000年のジュライCを制したアグネスワールド以来、日本調教馬による史上2頭目のイギリスG1制覇を成し遂げたディアドラ(牝5歳。橋田満厩舎)が、今度はアイルランドへと舵を切った。

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: