海外競馬発売

メルボルンカップ(G1)

フレミントン競馬場 3200メートル(芝)3歳以上 ハンデキャップ

発売開始時刻
日本時間11月6日(火曜)
ネット投票:午前7時00分
発走予定時刻
日本時間11月6日(火曜)午後1時00分

2018年メルボルンカップ データ分析

過去10年のメルボルンカップの結果から、レースの傾向を徹底分析

57.5キログラム以上、もしくはトップハンデは割り引き

過去10年のメルボルンカップにおける負担重量別成績を調べると、「54.5から55.5キログラム」の馬が4勝を挙げてトップ。「52.5キログラム以下」の馬が3勝、「53から54キログラム」の馬が2勝で続いており、ハンデキャップレースらしく負担重量が軽い馬にもチャンスがある。一方、「57.5キログラム以上」の馬は2015年クライテリオン(57.5キログラム)の3着があるだけで苦戦傾向。トップハンデの馬も3着以内に入っておらず、遡ると2005年に優勝したマカイビーディーヴァ(58キログラム)を最後に好走例がない。〔表1〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表1〕
負担重量別成績(過去10年)
負担重量 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
52.5kg以下 3 2 0 56 4.9% 8.2% 8.2%
53〜54kg 2 4 4 77 2.3% 6.9% 11.5%
54.5〜55.5kg 4 2 3 42 7.8% 11.8% 17.6%
56〜57kg 1 2 2 17 4.5% 13.6% 22.7%
57.5以上 0 0 1 10 0% 0% 9.1%
トップハンデ 0 0 0 11 0% 0% 0%
注記:
2016年はトップハンデ(57キログラム)が2頭

内寄りのゲートが有利だが、ゲートの偏りも顕著

過去10年のメルボルンカップのゲート番別成績(出走可能頭数は最大24頭)をチェックすると、ゲート番が「1から8番」だった馬が5勝、「9から16番」だった馬が3勝、「17から24番」だった馬が2勝と、内寄りのゲートに入った馬が一歩リードしている。勝率、連対率、3着内率を見ても、内枠がトップで、中枠、外枠と外側へ進むほど数値が低くなっている。特に大外のゲートに入った馬は3着以内の好走がなく、評価を下げた方が良さそうだ。〔表2〕〔表3〕。なお、ここ4年は上位馬のゲート番が著しく偏っており、例えば2015年はゲート番「1番」の馬が1着、「2番」が2着、「4番」が3着、2017年はゲート番「4番」が1着、「3番」が2着、「2番」が3着、「5番」が4着と内寄りのゲートが上位を占めた一方で、2014年と2016年は2桁ゲート番の馬がそれぞれ8着、6着までを占めた。

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表2〕
ゲート番別成績1(過去10年)
ゲート番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
1 1 0 0 9 10.0% 10.0% 10.0%
2 0 2 2 6 0% 20.0% 40.0%
3 0 1 0 9 0% 10.0% 10.0%
4 1 0 1 8 10.0% 10.0% 20.0%
5 2 1 1 6 20.0% 30.0% 40.0%
6 0 0 0 10 0% 0% 0%
7 0 0 0 10 0% 0% 0%
8 1 0 0 9 10.0% 10.0% 10.0%
9 0 0 0 10 0% 0% 0%
10 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
11 1 1 1 7 10.0% 20.0% 30.0%
12 0 0 2 8 0% 0% 20.0%
13 1 0 1 8 10.0% 10.0% 20.0%
14 0 1 0 9 0.0% 10.0% 10.0%
15 0 1 0 9 0.0% 10.0% 10.0%
16 0 0 0 10 0% 0% 0%
17 1 0 0 9 10.0% 10.0% 10.0%
18 0 0 0 10 0% 0% 0%
19 0 0 1 9 0% 0% 10.0%
20 0 0 0 10 0% 0% 0%
21 1 0 0 9 10.0% 10.0% 10.0%
22 0 0 1 9 0% 0% 10.0%
23 0 2 0 6 0% 25.0% 25.0%
24 0 0 0 4 0% 0% 0%

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表3〕
ゲート番別成績2(過去10年)
ゲート番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
内枠(1〜8番) 5 4 4 67 6.2% 11.3% 16.3%
中枠(9〜16番) 3 4 4 69 3.8% 8.8% 13.8%
外枠(17〜24番) 2 2 2 66 2.8% 5.6% 8.3%
大外 0 0 0 10 0% 0% 0%

下位人気馬に注意が必要

過去10年のメルボルンカップの単勝人気別成績を調べてみると、「1番人気」が1勝、「2番人気」が1勝、「3番人気」が2勝と、上位人気馬が少し頼りない。一方、下位人気馬の台頭が目立ち、「6から9番人気」の馬は3勝、2着3回、3着5回となかなかの好成績。「10番人気以下」の馬も2勝を挙げており、そのうち2015年のプリンスオブペンザンスは、なんと24頭中23番人気(単勝101倍)という低評価を覆して優勝を果たしている。穴狙いの“大振り”をしてみても面白いレースだろう。〔表4〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表4〕
単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
1番人気 1 0 2 8 9.1% 9.1% 27.3%
2番人気 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
3番人気 2 0 0 9 18.2% 18.2% 18.2%
4番人気 1 1 1 5 12.5% 25.0% 37.5%
5番人気 0 1 1 9 0% 9.1% 18.2%
6〜9番人気 3 3 5 44 5.5% 10.9% 20.0%
10番人気以下 2 4 1 119 1.6% 4.8% 5.6%
注記:
2008年から2015年、2017年は現地競馬統轄団体レーシングオーストラリア発表の単勝オッズ、2016年はJRAの単勝オッズを基準とした

アイルランド調教馬を要チェック

過去10年のメルボルンカップで3着以内に入った馬の調教国をまとめたのが〔表5〕。地元オーストラリア調教馬が6勝、2着2回、3着6回と意地を見せている。オセアニア(オーストラリア、ニュージーランド)以外では、アイルランド調教馬の好走が目立つ。昨年はリキンドリングが優勝、ヨハネスフェルメールが2着、マックスダイナマイトが3着に入って上位3着までを独占。2015年から3年連続で連対馬を出しており、警戒が必要だ。なお、日本調教馬は過去8頭が挑戦して、2006年にデルタブルースが優勝、ポップロックが2着とワンツーフィニッシュを決めている。

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕
3着以内馬の調教国(過去10年)
年度 1着馬 2着馬 3着馬
2008年 オーストラリア イギリス オーストラリア
2009年 オーストラリア イギリス 南アフリカ
2010年 フランス オーストラリア オーストラリア
2011年 フランス イギリス オーストラリア
2012年 オーストラリア オーストラリア イギリス
2013年 オーストラリア イギリス イギリス
2014年 ドイツ イギリス オーストラリア
2015年 オーストラリア アイルランド オーストラリア
2016年 オーストラリア アイルランド オーストラリア
2017年 アイルランド アイルランド アイルランド
注記:
S.ビン・スルール調教師の管理馬は、イギリス調教馬扱いとした

前走大敗からの巻き返しは意外と少ない

過去10年のメルボルンカップの前走着順別成績を調べると、「前走1着」の馬が4勝、2着4着、3着3回と、まずまずの成績を残している。また、「前走4着以内」と「前走5着以下」に区分けしてみると、前者が8勝を挙げる一方、後者は2012年のグリーンムーン(前走7着)と2008年のヴュード(前走11着)の2勝にとどまっている。波乱傾向の強い一戦ながら、前走大敗からの巻き返しは意外と少ないといえる。〔表6〕〔表7〕

文:秋山 響(TPC)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表6〕
メルボルンカップ3着以内馬の前走着順別成績(その1)
前走着順 メルボルンカップにおける成績
1着 2着 3着
前走1着 4 4 3
前走2着 1 0 3
前走3着 1 2 0
前走4着 2 2 0
前走5着 0 0 1
前走6〜9着 1 2 1
前走10着以下 1 0 2

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表7〕
メルボルンカップ3着以内馬の前走着順別成績(その2)
前走着順 メルボルンカップにおける成績
1着 2着 3着
前走4着以内 8 8 6
前走5着以下 2 2 4

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: