海外競馬発売

香港ヴァーズ(G1)

シャティン競馬場 2400メートル(芝)3歳以上

発売開始時刻
日本時間12月9日(日曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:午前9時20分または午前9時30分
発走予定時刻
日本時間12月9日(日曜)午後3時00分

2018年香港ヴァーズ現地リポート

  • 2018年12月8日(土曜)最終回

    希代の癖馬パキスタンスターによる偉業達成なるか

    香港ヴァーズがG1に昇格した2000年以降、1勝しかしていない地元・香港勢だが、今年はちょっと様相が違う。
    クイーンエリザベスⅡ世カップ(G1・香港。芝2000メートル)を圧勝し、続く芝2400メートルのチャンピオンズ&チャターカップ(G1・香港)も制したパキスタンスター(せん6歳)が出走する。
    春のレースでは、アルアイン(5着)、ダンビュライト(7着)をもまるで相手にしなかった。

    実績から香港カップ(G1・香港)という選択肢もあっただろうが、何故こちらを選んだのだろうか。管理するA.クルーズ調教師に尋ねた。

  • 2018年12月7日(金曜)第4回

    フェローズ調教師に初のG1制覇を届けられるか、プリンスオブアラン

    メルボルンカップ(G1・オーストラリア)で3着に入り、こちらへ転戦となるのがイギリスのプリンスオブアラン(せん5歳)だ。

    メルボルンカップのわずか3日前にはホッサムハンデ(G3・オーストラリア)に出走し優勝。
    管理するC.フェローズ調教師は当時「中2日での競馬は私の厩舎でも初めて。だからメルボルンカップはボーナスのつもりで臨みます」と語っていた。しかし結果は先述した通り3着と好走。
    その反動はないか、フェローズ調教師に伺った。

  • 2018年12月6日(木曜)第3回

    進路を2400メートルへ! エジーラとイーグルウェイ

    香港ヴァーズに出走する牝馬は日本からの2頭のほかにも、アイルランドからのエジーラ(牝4歳)がいる。ここまでG1勝ちはないものの、昨年の愛オークス(G1・アイルランド)でエネイブルの3着、そして今年のヨークシャーオークス(G1・イギリス)でも今年の愛オークス馬シーオブクラスの3着と、強敵相手に好走を続けている。前走はブリーダーズカップフィリー&メアターフ(G1・アメリカ)に遠征し、6着だった。D.ウェルド厩舎のトラベリングヘッドラッド(遠征主任)のP.オブライエン氏が前走を振り返る。

  • 2018年12月5日(水曜)第2回

    オーストラリア経由での参戦 レッドヴァードン

    イギリス調教馬だが、オーストラリアで競馬をしてから香港入りしているのがレッドヴァードン(牡5歳)だ。
    管理するのは、日本ではスノーフェアリーやレッドカドーで有名なE.ダンロップ調教師。

    「コーフィールドカップ(G1・オーストラリア)は馬場が固すぎてこの馬には向きませんでした。その後、メルボルンカップ(G1・オーストラリア)を目標に仕上げ直しましたが、直前に怪我をして出走できませんでした」

    ダンロップ調教師がそう語るようにコーフィールドカップでは11着と大敗。その後、メルボルンカップにエントリーされたが、当初騎乗を予定していた騎手が騎乗停止となり、新たにコンビを組むことになったD.オリヴァー騎手で追い切る予定でいた。ところが今度はオリヴァー騎手がゲート内で足をぶつけて負傷したため、追い切りが2日間延期となった。
    不運は重なる。延期となった間にレッドヴァードン自身が前脚に怪我を負い、獣医の診断の結果、回避となったのだ。

  • 2018年12月4日(火曜)第1回

    心身充実のシーズンを締めくくれるかフランスのヴァルトガイスト

    凱旋門賞(G1・フランス)で4着、ブリーダーズカップターフ(G1・アメリカ)で5着となった後、今回の遠征となるのがヴァルトガイスト(牡4歳)。
    「アムステルダム経由でまる24時間かけての移動。長旅となりました」
    そう語るのはA.ファーブル厩舎のアシスタントトレーナー、R.ランバート氏だ。
    昨年は早めに香港入りしていたファーブル調教師だが、今回はレース前日に入るとのことで、このランバート氏が面倒を見ると言う。

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: