海外競馬発売

香港ヴァーズ(G1)

シャティン競馬場 2400メートル(芝)3歳以上

発売開始時刻
日本時間12月9日(日曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:午前9時20分または午前9時30分
発走予定時刻
日本時間12月9日(日曜)午後3時00分

2018年香港ヴァーズデータ分析

過去の香港ヴァーズの結果から、レースの傾向を徹底分析

上位人気馬の信頼度が高い

過去10年の香港ヴァーズの単勝人気別成績を調べると、「1番人気」の馬が勝率30.0%、連対率70.0%、3着内率80.0%と優秀な成績を残している。昨年も1番人気に推されたハイランドリールが快勝した。上位人気馬の信頼度が高いレースで、「1から5番人気」の馬が10勝、2着8回、3着8回。ここ5年の3着以内馬を見ても、15頭中14頭が「1から5番人気」と、平穏な決着が続いている。〔表1〕〔表2〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表1〕
単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3 4 1 2 30.0% 70.0% 80.0%
2番人気 2 0 3 5 20.0% 20.0% 50.0%
3番人気 1 3 1 5 10.0% 40.0% 50.0%
4番人気 3 0 3 5 27.3% 27.3% 54.5%
5番人気 1 1 0 7 11.1% 22.2% 22.2%
6〜9番人気 0 1 2 37 0% 2.5% 7.5%
10番人気以下 0 1 1 34 0% 2.8% 5.6%
注記:
2008年から2015年までの現地主催者発表の単勝オッズと、2016年と2017年のJRA発表の単勝オッズを基準とした
注記:
2011年は3着同着

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表2〕
人気上位組と伏兵組の成績(過去10年)
単勝人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
1〜5番人気 10 8 8 24 20.0% 36.0% 52.0%
6番人気以下 0 2 3 71 0% 2.6% 6.6%
注記:
2008年から2015年までの現地主催者発表の単勝オッズと、2016年と2017年のJRA発表の単勝オッズを基準とした
注記:
2011年は3着同着

フランス調教馬を要チェック

過去10年の香港ヴァーズの調教国別成績を調べると、フランス調教馬が4勝、2着2回、3着7回。昨年もタリスマニックが2着に入るなど、過去10年で毎年3着以内に入っているだけに要チェックだ。2016年優勝のサトノクラウン、昨年3着のトーセンバジルと2年連続で好走中の日本調教馬は、3着内率33.3%と上位争いが期待できる。一方、地元の香港調教馬はあまり冴えず、2014年(2着:ウィリーカザルス、3着:カーヤ)を最後に3着以内馬が出ていない。なお、アイルランド調教馬は勝率、連対率、3着内率と全ての数値が優秀だが、過去10年で3着以内に入ったのはハイランドリール(2015年と昨年に優勝、2016年2着)1頭だけであることを注記しておきたい。〔表3〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表3〕
調教国別成績(過去10年)
調教国 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
フランス 4 2 7 15 14.3% 21.4% 46.4%
イギリス 2 4 1 21 7.1% 21.4% 25.0%
アイルランド 2 1 0 4 28.6% 42.9% 42.9%
香港 1 2 1 34 2.6% 7.9% 10.5%
日本 1 1 2 8 8.3% 16.7% 33.3%
ドイツ 0 0 0 5 0% 0% 0%
アメリカ 0 0 0 2 0% 0% 0%
オーストラリア 0 0 0 2 0% 0% 0%
イタリア 0 0 0 1 0% 0% 0%
シンガポール 0 0 0 1 0% 0% 0%
ニュージーランド 0 0 0 1 0% 0% 0%
南アフリカ 0 0 0 1 0% 0% 0%
注記:
2008年から2015年までの現地主催者発表の単勝オッズと、2016年と2017年のJRA発表の単勝オッズを基準とした
注記:
2011年は3着同着

ブリーダーズカップターフ組は外せない

過去10年の香港ヴァーズで3着以内に入った馬の前走別成績をまとめたのが〔表4〕。16レースと幅が広く、絞りづらい面はあるが、注目したいのはブリーダーズカップターフ。ブリーダーズカップターフ組は延べ7頭が出走して、2勝、2着4回。連対率は85.7%と優秀で、昨年優勝のハイランドリールと2着タリスマニックは、ともにブリーダーズカップターフからの転戦だった。また、凱旋門賞組にも要注意。前走に限らず、当該年の凱旋門賞を使われていた馬は2011年以降で1勝、2着2回、3着3回と好走が目立っている。

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表4〕
香港ヴァーズ3着以内馬の前走(過去10年)
前走 香港ヴァーズにおける成績
1着 2着 3着
ブリーダーズカップターフ(G1・アメリカ) 2 4 0
ジャパンカップ(GT) 1 2 1
香ジョッキークラブカップ(G2・香港) 1 2 0
カナディアンインターナショナル(G1・カナダ) 1 1 0
メルボルンカップ(G1・オーストラリア) 1 0 2
天皇賞(秋)(GT) 1 0 0
コックスプレート(G1・オーストラリア) 1 0 0
ディジベットフロードリットS(LR・イギリス) 1 0 0
ロワイヤリュー賞(G2・フランス) 1 0 0
凱旋門賞(G1・フランス) 0 1 2
ギヨームドルナーノ賞(G2・フランス) 0 0 1
シュヴァリエカップ(クラス1・香港) 0 0 1
カドラン賞(G1・フランス) 0 0 1
京都大賞典(GⅡ) 0 0 1
アルゼンチン共和国杯(GⅡ) 0 0 1
コンセイユドパリ賞(G2・フランス) 0 0 1
注記:
2011年は3着同着

逃げ切りや追い込みは難しい

過去5年の香港ヴァーズにおける残り400メートル地点の通過順別成績をまとめると、「2から5番手」と「6から9番手」が2勝ずつ、「先頭」が1勝、「10番手以下」は未勝利だった。昨年はハイランドリールが残り400メートル地点で「先頭」に立って優勝したが、道中は2番手につけており、逃げ切りではなかった。「10番手以下」も苦戦傾向が出ているように、逃げ切りや追い込みといった極端な戦法はなかなか通じないレースといえる。〔表5〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕
残り400メートル地点の通過順別成績(過去5年)
残り400m地点の位置 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
先頭 1 1 1 2 20.0% 40.0% 60.0%
2〜5番手 2 2 1 15 10.0% 20.0% 25.0%
6〜9番手 2 1 2 15 10.0% 15.0% 25.0%
10番手以下 0 1 1 15 0% 5.9% 11.8%

リピーターと日本調教馬に注意!?

過去5年の香港ヴァーズで3着以内に入った馬のG1実績を振り返ると、延べ15頭中9頭が芝2000メートル以上のG1優勝実績があった〔表6〕。この内、7頭は2400メートルのG1を制した実績があり、まずは長距離のG1優勝馬を重視したい。ただし、古くは2001年優勝のステイゴールドがそうであったように、2016年の優勝馬サトノクラウン、昨年3着のトーセンバジルと、3着以内に入った日本馬はいずれもG1勝ちがなかった。日本調教馬は格負けしないと考えたい。また、2011年優勝のドゥーナデンは2013年3着、2014年優勝のフリントシャーは2015年2着、2015年優勝のハイランドリールは2016年2着、2017年再び1着と、いわゆる「リピーター」の活躍も目立つ。

文:秋山 響(TPC)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表6〕
3着以内馬のその時点までの芝2000メートル以上のG1勝利実績(過去5年)
着順 馬名 G1勝ち鞍(芝2000m以上)
2013年 1着 ドミナント なし
2着 ザフューグ 愛チャンピオンS(アイルランド・芝2000m)、ヨークシャーオークス(イギリス・芝2400m)
3着 ドゥーナデン メルボルンカップ(オーストラリア・芝3200m)、香港ヴァーズ(香港・芝2400m)、コーフィールドカップ(オーストラリア・芝2400m)
2014年 1着 フリントシャー パリ大賞(フランス・芝2400m)
2着 ウィリーカザルス なし
3着 カーヤ なし
2015年 1着 ハイランドリール セクレタリアトS(アメリカ・芝2000m)
2着 フリントシャー パリ大賞(フランス・芝2400m)、香港ヴァーズ(香港・芝2400m)、ソードダンサーS(アメリカ・芝2400m)
3着 ダリヤン なし
2016年 1着 サトノクラウン なし
2着 ハイランドリール セクレタリアトS(アメリカ・芝2000m)、香港ヴァーズ(香港・芝2400m)、キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(イギリス・芝2400m)、ブリーダーズカップターフ(アメリカ・芝2400m)
3着 ワンフットインヘヴン なし
2017年 1着 ハイランドリール セクレタリアトS(アメリカ・芝2000m)、香港ヴァーズ(香港・芝2400m)、キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(イギリス・芝2400m)、ブリーダーズカップターフ(アメリカ・芝2400m)、コロネーションカップ(イギリス・芝2410m)、プリンスオブウェールズS(イギリス、芝2000m)
2着 タリスマニック ブリーダーズカップターフ(アメリカ・芝2400m)
3着 トーセンバジル なし

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: