海外競馬発売

香港スプリント(G1)

シャティン競馬場 1200メートル(芝)3歳以上

発売開始時刻
日本時間12月9日(日曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:午前9時20分または午前9時30分
発走予定時刻
日本時間12月9日(日曜)午後3時40分

2018年香港スプリント現地リポート

  • 2018年12月8日(土曜)最終回

    前回王者の威厳を見せるかミスタースタニング

    ミスタースタニング(せん6歳)について「とても乗り易い馬」と語るのはレースでも騎乗するK.ティータン騎手だ。ここ2走、続けて騎乗。今回が3回連続でのコンビとなる。
    「無理することなく好位で上手に立ち回れる器用さがあります。前走の競馬ぶりを見ていても今回も十分にチャンスがあると思っています」
    その前走の香ジョッキークラブスプリント(G2・香港)では勝ったホットキングプローンより5ポンド重い斤量を背負いながら、ゴール前ではこれに詰め寄ってみせた(2着)。

  • 2018年12月7日(金曜)第4回

    ホットキングプローンを中心にタイトルを狙うスプリント王国・J.サイズ厩舎

    昨年、ミスタースタニングで香港スプリント(G1・香港)を制し、その後に行われた昨シーズンの2つの1200メートルのG1(センテナリースプリントカップ、チェアマンズスプリントプライズ)をディービーピンアイヴィクトリーで完全制圧したJ.サイズ厩舎。その後、ミスタースタニングはF.ロー厩舎に転厩したが、新たにホットキングプローンという超上がり馬が陣容に加わり、今年もいずれも勝利を狙える4頭(アイヴィクトリーディービーピンビートザクロックホットキングプローン)を香港スプリントに送り込む。

  • 2018年12月6日(木曜)第3回

    絶好の内枠を引いたディービーピン、本番での巻き返しはあるか

    昨年の香港スプリント(G1・香港)では2着に好走したディービーピン(せん6歳)。今年は3月に左前脚の腱を損傷。手術を施したため長期の休養を余儀なくされた。
    今回はなんとか間に合ったという感じで、前哨戦である前走の香ジョッキークラブスプリント(G2・香港)が1月以来の競馬だった。結果は9頭立ての9着だったが、最後は大外から差を詰めるそぶりを披露。一度使って上昇すれば、次は変わって来ると思える走りだった。

  • 2018年12月5日(水曜)第2回

    デビュー戦コンビ復活 K.ティータン騎手とミスタースタニング

    昨年の香港スプリント(G1・香港)を勝ったミスタースタニング(せん6歳)。待望のG1初制覇となって、いよいよこの馬の時代が到来かに思えたが、そこからまさかの5連敗。もっとも、その5戦中4戦が2着で残る1戦も3着、2度出走したG1はともに2着で、シーズン替わりの間にはJ.サイズ厩舎から、F.ロー厩舎に転厩をしてのものなのだから、非常に高いレベルで安定していると言える。香港スプリントはリピーターが多いレースだけに、中心にいることは間違いなさそうだ。

  • 2018年12月4日(火曜)第1回

    香港のエース・ホットキングプローンと、シンガポールの雄・リムズクルーザー

    猫の目のように毎回主役が入れ替わる群雄割拠の香港スプリント界において、今年の香港スプリントの目玉は既存勢力ではなく、今回がG1初出走となるホットキングプローン(せん4歳)だと目されている。

    それもそのはず。デビュー以来10戦9勝、2着1回とほぼパーフェクトな成績。しかも、今シーズンは重賞を3連勝中、それも既存のG1勝ち馬を全く相手にしない内容での勝利と、すでに文句なしの成績も残している。

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: