海外競馬発売

香港マイル(G1)

シャティン競馬場 1600メートル(芝)3歳以上

発売開始時刻
日本時間12月9日(日曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:午前9時20分または午前9時30分
発走予定時刻
日本時間12月9日(日曜)午後4時50分

2018年香港マイル出走馬情報

12月5日(水曜)時点。

香港 勝負服

ビューティージェネレーション

せん6歳

BEAUTY GENERATION (NZ)

血統

クイーンエリザベスSとジョージメインSを制し、ドンカスターマイル(以上、G1・オーストラリア)でも2着に入ったロードトゥロックの産駒です。

成績

オーストラリアのA.カミングス厩舎からモンテーニュの名前でデビューしたビューティージェネレーションは、ローズヒルギニー2着(G1・オーストラリア)を含む7戦2勝の成績を残して香港のJ.ムーア厩舎(香港チャンピオントレーナー7回。香港マイルは2011年エイブルワン、14年エイブルフレンド、17年ビューティージェネレーションで3勝)に移籍しました。

現在の名前に改名されて迎えた香港(以下、記載のある同馬が出走したレースは香港での開催)では、芝2000メートルの香港ダービーで3着に入り、クラス2の芝2200メートル戦をコースレコード(2分12秒42)で勝つなど当初は中距離でも好成績を残していましたが、2017-2018年シーズンに入るとマイル路線に照準を絞り、まず初戦となった10月のセレブレイションカップ(G3。芝1400メートル)と2戦目のシャティントロフィー(G2。芝1600メートル)を連勝。12月には香港マイル(G1。芝1600メートル)も逃げ切ってG1初制覇を果たしました。

その後、今年1月のスチュワーズカップ(G1)は7着でしたが、続く2月のクイーンズシルバージュビリーカップ(G1。芝1400メートル)を2番手から直線で伸びて優勝。さらにチェアマンズトロフィー(G2)5着を経て向かったチャンピオンズマイル(G1。芝1600メートル)では逃げて後続を寄せ付けず優勝。シーズン3つ目のG1制覇を果たし、このシーズンの香港年度代表馬と最優秀マイラーに選出されました。

今シーズンは昨シーズン以上のパフォーマンスを見せており、まず初戦となった10月1日のセレブレイションカップ(G3。芝1400メートル)と10月21日のシャティントロフィー(G2。芝1600メートル)をともに133ポンドのトップハンデを背負いながら先行策から完勝して2レースともに連覇を果たすと、前走11月18日の香ジョッキークラブマイル(G2。芝1600メートル)では一旦控えた後で、残り1000メートル付近からまくる競馬をして、さらに直線では大きく左にヨレましたが、サザンレジェンドに3馬身差をつけて圧勝。単勝オッズ1.5倍の圧倒的人気に応えました。

騎手ザカリー・パートン(Zachary Purton) 詳細 閉じる

年齢:35歳

2013-2014年シーズンに112勝を挙げて初めて香港騎手リーディングを獲得し、ダグラス・ホワイト騎手が記録していた連続リーディング記録を13でストップさせた。同シーズンで香港史上最速での50勝を達成、ダグラス・ホワイト騎手に次ぐ史上2人目となるシーズン100勝を達成した。2017-2018年シーズンでは、ジョアン・モレイラ騎手の3年連続リーディングを阻止し、2度目の香港騎手リーディングに輝いた。オーストラリア、ブリスベンで騎手としてのキャリアをスタートし、2003年には見習騎手でありながら同地区のリーディングジョッキーに輝いた。その後シドニーに拠点を移し、2度シドニー地区リーディング2位となった。2007年9月から香港での騎乗を開始。主な勝鞍は2012年ロイヤルアスコットのキングズスタンドS。

  • 表彰歴

    香港リーディングジョッキー(2013-2014年、2017-2018年シーズン)、 ブリスベン地区リーディングジョッキー(2003年見習騎手で獲得)、JRAワールドスーパージョッキーズシリーズ優勝(2012年)

  • 香港国際競走

    6勝 香港カップ(2017年タイムワープ)、香港マイル(2012年アンビシャスドラゴン、2016年ビューティーオンリー)、香港スプリント(2014年・2016年エアロヴェロシティ)、香港ヴァーズ(2013年ドミナント)

  • 香港通算勝利数

    886勝

日本 勝負服

ペルシアンナイト

牡4歳

PERSIAN KNIGHT (JPN)

血統

現役時代にはキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(G1・イギリス)を11馬身差&当時のコースレコードで圧勝し、種牡馬としてはエリザベス女王杯(GⅠ)のモズカッチャン、秋華賞(GⅠ)のディアドラなどを送るハービンジャーの産駒。母オリエントチャームはマーメイドS(GⅢ)3着、秋華賞(GⅠ)4着。伯父のゴールドアリュールはフェブラリーS(GⅠ)などを制したJRA賞最優秀ダートホースです。

成績

栗東の池江泰寿調教師が管理するペルシアンナイトは2歳(2016年)8月に芝1800メートル戦でデビュー勝ち。アイビーS(オープン)2着を経て、こうやまき賞(500万下。芝1600メートル)を快勝して2歳シーズンを終えました。

3歳時は1月のシンザン記念(GⅢ)で最後の直線で包まれる場面があって3着の後、2月のアーリントンカップ(GⅢ。芝1600メートル)を後方から一気に伸びて3馬身差で重賞初制覇を果たすと、続く皐月賞(GⅠ)でも内から一旦先頭の場面を作って2着に入りました。

その後、日本ダービー(GⅠ)で7着に終わると、秋は距離を短縮。富士S(GⅢ)は5着でしたが、続いて向かったマイルチャンピオンシップ(GⅠ。芝1600メートル)では後方からグイグイと伸びて、ゴール前でエアスピネルを差し切って優勝。GⅠ初制覇を果たしました。

今年は初戦となった2月の中山記念(GⅡ)5着を経て向かった大阪杯(GⅠ)で2着。続いて向かった安田記念(GⅠ)では直線で前が壁になる場面があってモズアスコットの6着でした。秋は富士Sで始動し、ここも残り400メートル付近で前が狭くなって5着でしたが、続く11月18日の前走マイルチャンピオンシップでは内からよく追い上げて勝ったステルヴィオからアタマ差の2着と改めて力のあるところを示しました。

オーストラリア 勝負服

カミンスルー

せん5歳

COMIN' THROUGH (AUS)

血統

ライトニングSやオークレープレート(以上、G1・オーストラリア)などを制したオーストラリア最優秀3歳牡馬、最優秀スプリンターで、種牡馬としてはオーストラリア最優秀3歳牝馬のアトランティックジュエル、クラウンオークス(G1・オーストラリア)の勝ち馬モシーンなどを送って2011-2012年、2014-2015年シーズンのオーストラリアチャンピオンサイヤーに輝いたファストネットロックの産駒。半兄のクライテリオンはクイーンエリザベスS、オーストラリアンダービーなどオーストラリアG1・4勝を挙げた強豪です。

成績

オーストラリアのC.ウォーラー厩舎(オーストラリア・シドニー地区のチャンピオントレーナー8回)に所属するカミンスルーは3歳(2016年)9月に芝1400メートル戦(オーストラリア。以下、記載のある同馬が出走したレースはオーストラリアでの開催)でデビュー勝ちを収めると、3戦目にはカーバインクラブS(G3。芝1600メートル)を勝って早くも重賞勝ち。3歳時には他にもランドウィックギニー(G1)で3着に入りました。

翌2017-2018年シーズンは大きく飛躍。9月のビルリッチーハンデ(G3。芝1400メートル)、今年3月のエイジャックスS(G2。芝1500メートル)を制すと、4月のドンカスターマイル(G1)でも2着に健闘。その後、中6日で向かったクイーンエリザベスS(G1)5着、続くA.D.ホリンデールS(G2)6着の後、5月のドゥームベンカップ(G1。芝2000メートル)では後方から長くいい脚を使って優勝。G1初制覇を果たしました。

今シーズンは9月1日のトラムウェイS(G2。芝1400メートル)を差して優勝しましたが、その後はマカイビーディーヴァS(G1)6着、アンダーウッドS(G1)5着、クレイヴンプレート(G3)8着、そして前走11月3日のカンタラS(G1)は直線で不利を受けての11着と好成績を残せずにいます。

騎手マイケル・ウォーカー(Michael Walker) 詳細 閉じる

年齢:34歳

ニュージーランド出身。弱冠11歳でアラン・シャーロック調教師に師事し、1999年、15歳で騎手デビュー。デビュー当初から頭角を現すと、1999-2000年シーズンに早くも131勝を挙げ見習騎手チャンピオンに輝き、同時にニュージーランドリーディングジョッキーのタイトルも手にした。通算3度にわたるニュージーランドリーディング獲得後、2004年にオーストラリア・メルボルンに移住。移住後間もなくしてブリスベンカップを制するなど大きな注目を集めたが、その後は調子を落とし2005年にニュージーランドに帰国した。2008年5月、ピッグ・ハンティングをしている最中に崖から転落して重傷を負うも同年12月に復帰。2010年には再びオーストラリア移籍を果たし、主にデヴィッド・ヘイズ厩舎の所属馬に騎乗している。これまでの通算G1勝利数は22勝、本年はカミンスルーでドゥームベンカップを制した。

  • 香港通算勝利数

    2勝

日本 勝負服

モズアスコット

牡4歳

MOZU ASCOT (USA)

血統

英2000ギニー、クイーンエリザベスS、英チャンピオンS(以上、G1・イギリス)など10のG1を含む14戦無敗で引退した歴史的名馬で、種牡馬としては英チャンピオンSを連覇したクラックスマン、セントジェームズパレスS(G1・イギリス)優勝のウィズアウトパロール、オークス(GⅠ)を制したソウルスターリングなどを送るフランケルの産駒。母インディアはコティリオンブリーダーズカップハンデ(G2)、アゼリブリーダーズカップS(G3)とアメリカの重賞に2勝。近親にはウッドワードS(G1・アメリカ)優勝のトゥオナーアンドサーヴ、シャンデリアS(G1・アメリカ)優勝のアンジェラレネなどがいます。

成績

栗東の矢作芳人厩舎に所属するモズアスコットは3歳(2017年)7月にデビュー3戦目(芝1600メートル)で初勝利を挙げると、そこから500万下(芝1600メートル)、三鷹特別(1000万下、芝1400メートル)、渡月橋S(1600万下、芝1400メートル)と4連勝をマーク。12月の阪神カップ(GⅡ)で4着に終わって連勝は途切れましたが、一気に重賞レベルまで上がってきました。

今年は阪急杯(GⅢ)2着、読売マイラーズカップ(GⅡ)2着、安土城S(オープン)2着と2着が続いていましたが、安土城Sから連闘での参戦となった安田記念(GⅠ。芝1600メートル)では直線で鋭く伸びてゴール前でアエロリットを交わして優勝。重賞初制覇をGⅠの大舞台で飾りました。

秋はスワンS(GⅡ)で勝ち馬よりも2キログラム重い斤量を背負ってハナ差の2着の後、前走11月18日のマイルチャンピオンシップ(GⅠ)は直線入り口で寄られるアクシデントもあって13着と不完全燃焼に終わっています。

日本 勝負服

ヴィブロス

牝5歳

VIVLOS (JPN)

血統

日本のチャンピオンサイヤーにここ6年連続して輝く三冠馬ディープインパクトの産駒。今年はワグネリアンがG1日本ダービーを制したほか、サクソンウォリアーが英2000ギニー(G1・イギリス)、スタディオブマンが仏ダービー(G1・フランス)を優勝と、海外でも産駒が大活躍を見せました。全姉にはヴィクトリアマイル(GⅠ)を連覇したヴィルシーナ、半兄にはジャパンカップ(GⅠ)の勝ち馬シュヴァルグランがいるという良血馬です。

成績

栗東の友道康夫調教師が手がけるヴィブロスは2歳(2015年)11月に2戦目(芝1800メートル)で初勝利。3歳7月に500万下(芝2000メートル)を4馬身差で快勝して2勝目を挙げると、紫苑S(GⅢ)2着を経て向かった秋華賞(GⅠ。芝2000メートル)では中団待機から直線で鋭く伸びて半馬身差で優勝。重賞初制覇をGⅠで飾りました。

4歳になった昨年は中山記念(GⅡ)で5着の後、ドバイターフ(G1・UAE。芝1800メートル)を、J.モレイラ騎手を背に鮮やかに差し切って優勝。秋は府中牝馬S(GⅡ)で逃げ粘るクロコスミアをクビ差まで追い詰めての2着の後、初めて2000メートルを超える距離に出走したエリザベス女王杯(GⅠ)は5着でしたが、この年のJRA賞最優秀4歳以上牝馬に選ばれました。

今年は2月の中山記念で始動して8着の後、連覇を目指したドバイターフは後方からよく追い上げましたが、ベンバトル(この後でオーストラリアのコーフィールドS、ドイツのダルマイヤー大賞とG1・2勝を挙げ、オーストラリアのG1・コックスプレートではウィンクスの2馬身差2着)の2着。帰国初戦となった6月の宝塚記念(GⅠ)4着の後、前走10月28日の天皇賞(秋)(GⅠ)は休み明けのせいか少し行きたがるところもあって8着に終わっています。

騎手ウィリアム・ビュイック(William Buick) 詳細 閉じる

年齢:30歳

ノルウェー出身。2008年にイギリス見習騎手チャンピオンとなる。G1初制覇は2009年ラハリーブに騎乗して勝利したE.P.テイラーS。2010年にはジョン・ゴスデン調教師の所属騎手となり、早速ドバイシーマクラシックをダーレミで勝利する。2014年には、ゴドルフィンと騎乗契約を結びチャーリー・アップルビー調教師の主戦騎手となると、翌年のドバイワールドカップをプリンスビショップで制するなどすぐに素晴らしい成績を収めた。これまでのG1勝利は、名スプリンタードリームアヘッドとのコンビでの4勝、2015年プリンスビショップ でのドバイワールドカップ、2018年パキスタンスターでのクイーンエリザベスⅡ世カップやマサーでの英ダービーなど9勝を含む通算50勝。

  • 香港通算勝利数

    1勝

香港 勝負服

ビューティーオンリー

せん7歳

BEAUTY ONLY (IRE)

血統

ジャンリュックラガルデール賞(G1・フランス)やフェニックスS(G1・アイルランド)を制し、種牡馬としても英1000ギニー(G1・イギリス)の勝ち馬ホームカミングクイーン、香港年度代表馬のデザインズオンロームなどを送るホーリーローマンエンペラーの産駒。半弟のディーディードールは伊ダービー(G2・イタリア)の2着馬です。

成績

ビューティーオンリーはイタリアのS.ボッティ厩舎からジェントルマンオンリーの名でデビュー。グイドベラルデリ賞(G3・イタリア。芝1800メートル)優勝を含む4戦3勝の後、香港のA.クルーズ厩舎(香港チャンピオントレーナー2回。香港マイルは2003年ラッキーオーナーズ、10年ビューティーフラッシュ、16年ビューティーオンリーで3勝)の下に移籍。現在の名前に改名されました。

香港ではいきなり2014年10月のクラス3と11月のクラス2(ともに芝1600メートル)を連勝(香港のレースは下からクラス5から1、ほかにグループレースおよびリステッドレースと新馬戦に近いグリフィンで構成。以下、記載のある同馬が出走したレースは香港での開催)。翌年1月には4歳馬が全3戦で争う4歳クラシックシリーズの初戦にあたる香港クラシックマイル(香LG1。芝1600メートル)を差し切って初めてビッグタイトルを手にしました。

その後も2015-2016年シーズンにチェアマンズトロフィー(香LG2。芝1600メートル)、2016-2017年シーズンは香港マイル(G1。芝1600メートル)と香ジョッキークラブマイル(G2。芝1600メートル)、2017-2018年シーズンもチェアマンズトロフィー(G2。芝1600メートル)と昨シーズンまで4シーズン続けて重賞勝ちを果たすなど香港を代表するマイラーとして息長く活躍。

7歳を迎えた今シーズンも10月1日のセレブレイションカップ(G3)4着、10月21日のシャティントロフィー(G2)9着の後(勝ち馬はともにビューティージェネレーション)、前走11月18日の香ジョッキークラブマイルではビューティージェネレーションから3馬身差の3着と古豪健在を示しています。なお、前走はメンコを外し、チークピーシズを初装着してのレースでした。

騎手ヒュー・ボウマン(Hugh Bowman) 詳細 閉じる

年齢:38歳

1999年にナチュラライズドでデビューして以来、積み重ねてきた勝利数は2000を超え、G1勝利数は87という素晴らしいキャリアを築いてきた。これまでに4度のシドニー地区リーディングを獲得。そして過去3シーズン、オーストラリアで最もG1勝利を挙げた騎手。チャンピオン牝馬ウィンクスに騎乗して29戦28勝。同馬でコックスプレート4連覇も達成した。香港ではクイーンエリザベスⅡ世カップ、香港ダービーとチャンピオンズ&チャターカップをワーザーで優勝し、2017年のチェアマンズスプリントプライズはラッキーバブルズで優勝。今シーズンも既に6つのG1勝利を挙げている。

  • 表彰歴

    シドニー地区リーディングジョッキー(2008-2009年、2011-2012年、2014-2015年、2016-2017年シーズン)、  ロンジン・ワールドベストジョッキー(2017年)

  • 香港通算勝利数

    26勝

イギリス 勝負服

ワンマスター

牝4歳

ONE MASTER (GB)

血統

父はカミンスルーの項を参照。母エンタイシングはキングジョージS(G3・イギリス)とモールクームS(G3・イギリス)の勝ち馬で、祖母スーパースターレオはフライングチルダーズS(G2・イギリス)やノーフォークS(G3・イギリス)を制し、アベイドロンシャン賞(G1・フランス)でも2着に入ったヨーロッパ最優秀2歳牝馬です。

成績

イギリスのW.ハガス調教師が管理するワンマスターは3歳(2017年)8月にデビューした後、9月の2戦目(イギリス。芝1200メートル)で初勝利。続く3戦目にはオクトーバーS(イギリス、リステッド。芝1400メートル)に出走し、これを最後方から差し切って優勝。3歳シーズンを締めくくりました。

4歳を迎えた今年は5月のチャートウェルフィリーズS(G3・イギリス)4着、6月のバリーオーガンS(G3・アイルランド)3着、8月のオークツリーS(G3・イギリス)4着と足踏みしましたが、続くフェアリーブリッジS(G3・アイルランド。芝1490メートル)で馬群を縫うように抜け出して重賞初制覇を果たすと、さらにフォレ賞(G1・フランス。芝1400メートル)も後方から差し切って、重賞連勝でG1初制覇。続いて初めてのマイル戦となった前走11月3日のブリーダーズカップマイル(G1・アメリカ)では中団の内ラチ沿いから直線で差を詰めてきましたが、勝ち馬から1馬身差の5着に終わりました。

騎手ライアン・ムーア(Ryan Moore) 詳細 閉じる

年齢:35歳

近年の世界屈指の騎手のひとり。2014年にG1競走15勝を挙げて同年に創設されたロンジン・ワールドベストジョッキーの初代チャンピオンになる。2016年にも再び受賞。2000年5月にトウスター競馬場で障害騎手として、父であるゲイリー・ムーア調教師が管理するマージービートで初勝利を達成。その後すぐに平地騎手に転向し、2002年1月にリングフィールド競馬場でマーウェルズキスに騎乗して平地初勝利を挙げた。2006年にヨーク競馬場でノットナウケイトに騎乗して制したインターナショナルSがG1初勝利。これまでに異なる11カ国で積み重ねたG1勝利数は119。凱旋門賞、英ダービー、ジャパンカップ、ブリーダーズカップ、メルボルンカップなど世界一流の競走の多くに優勝している。

  • 表彰歴

    イギリスリーディングジョッキー(2006年、2008年、2009年)、イギリス見習騎手チャンピオン(2003年)、インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップ優勝〔2009年(同点)・2010年〕、ロンジン・ワールドベストジョッキー(2014年・2016年)

  • 香港国際競走

    5勝 香港カップ(2010年スノーフェアリー、2016年モーリス)、香港マイル(2015年モーリス)、香港ヴァーズ(2015年、2017年ハイランドリール)、香港カップ(2016年モーリス)

  • 香港通算勝利数

    30勝

イギリス 勝負服

ビートザバンク

せん4歳

BEAT THE BANK (GB)

血統

クイーンアンS(G1・イギリス)、ロッキンジS(G1・イギリス)、フォレ賞(G1・フランス)と3つのG1を制し、種牡馬としては英2000ギニー(G1・イギリス)とセントジェームズパレスS(G1・イギリス)に優勝したガリレオゴールドなどを送るパコボーイの産駒です。

成績

ビートザバンクは3歳(2017年)2月にアイルランドのオールウェザー1400メートル戦でデビュー勝ちを収めた後、現在のA.ボールディング厩舎(イギリス)に移籍。同年7月にサーヘンリーセシルS(リステッド、イギリス。芝1600メートル。以下、記載のある同馬が出走したレースはイギリスでの開催)を最後方から差し切って3馬身差で快勝すると、続くサラブレッドS(G3。芝1600メートル)を3馬身差、さらにジョエルS(G2。芝1600メートル)も5馬身差で快勝。シーズン最後のクイーンエリザベスⅡ世S(G1)では10着に終わりましたが、大きく飛躍した1年でした。

4歳になった今年は5月のロッキンジS(G1)12着、6月のクイーンアンS(G1)6着の後、7月のサマーマイルS(G2。芝1590メートル)を中団から差して優勝。続くサセックスS(G1)5着の後、セレブレイションマイルS(G2。芝1600メートル)を制して自身4つ目の重賞制覇を果たしましたが、前走クイーンエリザベスⅡ世Sは早々に後退してロアリングライオンの11着に終わりました。

騎手オイシン・マーフィー(Oisin Murphy) 詳細 閉じる

年齢:22歳

ヨーロッパのカタールレーシングの専属騎手。アイルランドのキラーニー出身でアイルランドポニーレーシングサーキットを卒業。チェルトナムゴールドカップ優勝騎手である叔父ジム・カロティーに騎乗技術を学び、夏期休暇ではトミー・スタック調教師やエイダン・オブライエン調教師のもとで働いた。2012年10月にアンドリュー・ボールディング厩舎の見習騎手になる。初騎乗は2013年5月、18歳の時。最初のシーズンでは、歴史ある短距離ハンデキャップ競走をメインに据えたエアゴールドカップデイでの4勝をあげるなど41勝を挙げた。2016-2017年シーズンに香港で短期免許を取得して4勝を挙げる前にオーストラリアやUAEで活躍をした。2017年10月にアクレイムに騎乗してフォレ賞(G1)を優勝。その2週間後にはE.P.テイラーS(ブロンドミー)に勝利した。今年はロアリングライオンとのコンビでの4勝を含め、G1を9勝している。

  • 表彰歴

    イギリス見習騎手チャンピオン(2014年)

  • 香港通算勝利数

    5勝

香港 勝負服

フィフティーフィフティー

せん6歳

FIFTY FIFTY (NZ)

血統

オーストラリアでストラドブロークハンデ(G1)を含む6つの短距離重賞を制し、種牡馬としてもコックスプレート(G1・オーストラリア)の勝ち馬オーシャンパークやニュージーランドダービー(G1・ニュージーランド)を制したジミーチュウなどを送るソーンパークの産駒です。

成績

フィフティーフィフティーは、スピーディーグレイという名前でニュージーランドにてデビュー。4歳(2016年)11月にデビュー勝ち(芝1400メートル)を収めた後、香港のL.ホー厩舎に移籍となり、現在の名前に変更となりました。

香港では2017年9月にクラス3の芝1200メートル戦を2馬身差で快勝して、香港2戦目で初勝利(香港のレースは下からクラス5から1、ほかにグループレースおよびリステッドレースと新馬戦に近いグリフィンで構成。以下、記載のある同馬が出走したレースは香港での開催)を挙げると、10月にはクラス2(芝1400メートル)、11月にはクラス1(芝1600メートル)と勝ち、今年の元日にはチャイニーズクラブチャレンジカップ(G3。芝1400メートル)で重賞初制覇を果たしました。

その後はスチュワーズカップ(G1)2着、クイーンズシルバージュビリーカップ(G1)3着(勝ち馬ビューティージェネレーション)とG1でも善戦した後、シーズン最後のチェアマンズトロフィー(G2)は8着と崩れました。

今シーズンは10月1日に芝1400メートルのセレブレイションカップ(G3)で9着の後、芝1200メートルのプレミアボウル(G2)でホットキングプローンの2着に好走。続いて同距離の前走、11月18日の香ジョッキークラブスプリント(G2)は中団から追い上げましたが、ホットキングプローンの5着でした。

騎手ジェームズ・マクドナルド(James McDonald) 詳細 閉じる

年齢:26歳

ニュージーランド生まれ。2007年にニュージーランドで初勝利を挙げると、2008-2009年シーズンには早くも同国のリーディングジョッキーに輝き、その後2010-2011年シーズンにも同国最高記録となる207勝を挙げリーディングジョッキーとなった。2012年にニュージーランドダービーを制覇。その後拠点をオーストラリアに移すと、2013-2014年シーズン及び2015-2016年シーズンの2度にわたりシドニー地区のリーディングを獲得、2015年3月にはオーストラリアにおけるゴドルフィンの主戦騎手に抜擢された。しかしながら、2016年12月、競馬施行規程違反を犯したことから18か月間の騎乗停止処分が下された。2018年5月、レースに復帰。

  • 表彰歴

    ニュージーランドリーディングジョッキー(2008-2009年、2010-2011年シーズン)、シドニー地区見習騎手チャンピオン(2013-2014年、2015-2016年シーズン)

  • 香港通算勝利数

    5勝

香港 勝負服

サザンレジェンド

せん6歳

SOUTHERN LEGEND (AUS)

血統

自身は芝1000メートルと芝1200メートルのリステッドレース(ともにオーストラリア)に優勝し、種牡馬としてはブルーダイヤモンドS(G1・オーストラリア)の勝ち馬であるミラクルズオブライフやエクストリームチョイス、それにヴァイナリースタッドS(G1・オーストラリア)を制したシングルゲイズなどを送るノットアシングルダウトの産駒です。

成績

サザンレジェンドはオーストラリアでデビュー。3戦目での初勝利から3連勝で制したダービームンロS(リステッド、芝1200メートル)やテオマークスS(G2)3着、TABドットコムS(G2)3着を含む9戦4勝の成績を収めた後、香港のC.ファウンズ厩舎(香港チャンピオントレーナー3回。香港マイルは2006年ザデュークで優勝)へと移籍しました。

香港では2017年7月に移籍後2戦目(クラス2の芝1200メートル戦)で初勝利(香港のレースは下からクラス5から1、ほかにグループレースおよびリステッドレースと新馬戦に近いグリフィンで構成。以下、記載のある同馬が出走したレースは断りのない限り香港での開催)。同年12月にはナッシングアイライクモアを2着に下してクラス1の芝1400メートル戦を制しました。

その後はチャイニーズクラブチャレンジカップ(G3)6着、スチュワーズカップ(G1)4着、クイーンズシルバージュビリーカップ(G1)9着と後方からの競馬で連敗しましたが、続くクラス1の芝1600メートル戦を逃げ切って優勝すると、チャンピオンズマイル(G1)では中団から追い上げてビューティージェネレーションの3着に健闘。そこから5月にはシンガポールに向かい、クランジマイル(シンガポールLG1。芝1600メートル)を3馬身差で制してビッグタイトルを手にしました。

今シーズンは9月2日のクラス1で始動して5着の後、10月1日のセレブレイションカップ(G3)がビューティージェネレーションの8着。続く前走11月18日の香ジョッキークラブマイル(G2)では後方から末脚を伸ばし、ビューティージェネレーションには3馬身離されたものの、ビューティーオンリーとの接戦を制して2着に入っています。

騎手ダグラス・ホワイト(Douglas Whyte) 詳細 閉じる

年齢:46歳

南アフリカのダーバン出身。ニックネームは“ダーバン・デーモン”。13シーズン連続で香港リーディングを獲得したが、2013-2014年シーズンにパートン騎手にその座を明け渡した。2歳の時に初めて馬に跨がり、騎手だった亡き父とともに田舎で騎乗技術を磨いた。南アフリカジョッキーアカデミーを卒業した後、1996年にはシンガポールとマレーシアで騎乗し、1996-1997年シーズン開幕には香港の短期免許を取得した。1997-1998年シーズンには再び香港に戻り、以降香港を拠点としている。香港で通算1000勝を達成した唯一の騎手であり、2005-2006年シーズンに記録したシーズン114勝は2014-2015年シーズンにモレイラ騎手に更新されるまでシーズン最多勝記録だった。香港通算最多勝利記録(1804勝)と、これまでのキャリアで15億香港ドルを獲得し、最多獲得賞金記録を保持している。

  • 表彰歴

    香港リーディングジョッキー(2000-2001年から2012-2013年シーズン、13シーズン連続)、ロンジン・インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップ優勝(2002年、2007年、2008年)、JRAワールドスーパージョッキーズシリーズ優勝(2004年)

  • 香港国際競走

    3勝 香港カップ(2013年アキードモヒード)、香港マイル(2013年グロリアスデイズ)、香港ヴァーズ(1998年インディジェナス)

  • 香港通算勝利数

    1804勝

香港 勝負服

シンガポールスリング

せん5歳

SINGAPORE SLING (SAF)

血統

クイーンズカウンティハンデ(G3・アメリカ)の勝ち馬で、種牡馬としてはニアークティックS(G1・カナダ)を制したフィルズドリームなどを送るフィランソロピストの産駒。伯父のグランドエンポリウムはトリプルクラウン1600(G1・南アフリカ)、デイリーニューズ2000(G1・南アフリカ)の勝ち馬です。

成績

シンガポールスリングは南アフリカのG.ウッドラフ厩舎からデビューして3歳時に制したディンガーンズ(G2・南アフリカ。芝1600メートル)を含む6戦2勝の成績を残した後、香港のA.ミラード厩舎(香港マイルは2012年アンビシャスドラゴンで優勝)に移籍しました。

香港では2017年12月に移籍後2戦目(クラス2の芝1650メートル戦)で初勝利(香港のレースは下からクラス5から1、ほかにグループレースおよびリステッドレースと新馬戦に近いグリフィンで構成。以下、記載のある同馬が出走したレースは香港での開催)。

そこからはトップレベルのレースを走り、まず4歳馬が全3戦で争う4歳クラシックシリーズの初戦にあたる香港クラシックマイルでナッシングアイライクモアの2着に入った後、2戦目の香港クラシックカップ(芝1800メートル)を3番手から直線で抜け出して優勝し、ビッグタイトルを獲得。続く最終戦の香港ダービーでも2着に入って同世代ではトップレベルの力があることを示しました。

その後は4月のチャンピオンズマイル(G1)でビューティージェネレーションの5着に敗れてシーズンを終了。今シーズンは10月21日のシャティントロフィー(G2)でビューティージェネレーションの2着の後、前走11月18日の香ジョッキークラブマイル(G2)もビューティージェネレーションの4着でした。

騎手シルヴェスター・デソウサ(Silvestre de Sousa) 詳細 閉じる

年齢:37歳

ブラジル出身。10人兄弟姉妹のうちの1人。18歳の時に初めて馬に跨がり、その後2年もたたないうちに、サンパウロの見習騎手チャンピオンに輝いた。22歳の時にヨーロッパに拠点を移し、アイルランドのダーモット・ウェルド厩舎の攻馬手として雇われた。アイルランドでは2年間騎乗することなく2004年にイギリスに移籍し、ノースヨークシャーのダンディ・ニコルス調教師のもとでキャリアを積んだ。2006年1月1日にサウスウェル競馬場でソニックアンセムに騎乗してイギリス初勝利。2010年には年間100勝を達成。2012〜2014年にはゴドルフィンの専属騎手となる。2015年にフリーとなると132勝を挙げてイギリスリーディングジョッキーに輝く。また2017年(155勝)、2018年にも148勝を挙げて3度リーディングジョッキーに輝いている。2015-2016年、2016-2017年シーズンではイギリスのオフシーズンに合わせて香港の短期免許を取得。それぞれ16勝を挙げる活躍をみせた。現在は香港を拠点にしている。主な勝鞍はドバイワールドカップ(2014年アフリカンヒストリー)、英インターナショナルS(2015年アラビアンクイーン)、ロッキンジS(2013年ファー)、ドバイデューティフリー(2013年サッジャー)、チャンピオンS(2013年ファー)

  • 表彰歴

    イギリスリーディグジョッキー(2015年、2017年、2018年)

  • 香港通算勝利数

    37勝

フランス 勝負服

インズオブコート

牡4歳

INNS OF COURT (IRE)

血統

英スプリントカップ(G1・イギリス)、デュークオブヨークS(G3・イギリス)、ボーランドS(G3・アイルランド)と重賞3勝を挙げ、種牡馬としてはヨーロッパ年度代表馬キングマン、ヨーロッパ最優秀古馬のムーンライトクラウド、仏ダービー馬のローマンなどを送るインヴィンシブルスピリットの産駒。本馬の祖母リュヌドールはリディアテシオ賞(G1・イタリア)の勝ち馬で、その産駒には今年の菊花賞(GⅠ)を制したフィエールマンがいます。

成績

フランスのA.ファーブル調教師(仏チャンピオントレーナー28回)が管理するインズオブコートは2歳(2016年)11月のデビュー戦(フランス。オールウェザー1400メートル。以下、記載のある同馬が出走したレースはフランスでの開催)と、3歳4月の2戦目(芝1400メートル)を連勝して臨んだ仏2000ギニー(G1)は6着に終わりましたが、 続くパレロワイヤル賞を最後方から差し切ると、続くポルトマヨ賞(以上、G3。芝1400メートル)も中団から抜け出して重賞連勝。その後、ジャックルマロワ賞(G1)では3頭が横一線となったゴール前の争いに加わって2着に健闘し、続くムーランドロンシャン賞(G1)でも5着に入りました。

4歳になった今年は初戦となった6月のパレロワイヤル賞、続くポルトマヨ賞と2戦続けて2着の後、初めての芝1200メートル戦となった7月のリスオランジス賞(G3)を最後方から鮮やかに突き抜けて2馬身差で快勝しました。

その後は8月のモーリスドゲスト賞(G1)こそ後方のまま15着と精彩を欠きましたが、9月のパン賞(G3)で追い込んで3着に入ると、フォレ賞(G1)では一旦先頭の場面を作ってワンマスターの2着。さらに続く前走10月31日のセーヌエオワーズ賞(G3)も後方から脚を伸ばしての4着と勝ち切れないまでも上位争いを演じています。

騎手ミカエル・バルザローナ(Mickael Barzalona) 詳細 閉じる

年齢:27歳

フランスのアヴィニョン生まれ。コルシカ島の調教師クリスチャン・バルザローナの孫であり、平地と障害の騎手だったアルマン・バルザローナの甥。フランスの名門アンドレ・ファーブル調教師のもとでキャリアをスタートし、現在はフランスにおけるゴドルフィンの主戦騎手。若干19歳にして2011年のドバイカーニバルで躍進し、ゴドルフィン陣営のもと主要レースを優勝、その勢いのままに同年6月の英ダービーをプールモアに騎乗して優勝。2011-2012年シーズンに香港の短期免許を取得して42戦1勝。2012年にはモンテロッソに騎乗してドバイワールドカップを、2017年にはタリスマニックでブリーダーズカップターフを制覇。13個目のG1勝利となった直近の勝利はカイトサーフで勝利した2018年のヴェルメイユ賞。

  • 香港通算勝利数

    1勝

香港 勝負服

ナッシングアイライクモア

せん5歳

NOTHINGILIKEMORE (AUS)

血統

現役時代は5戦5勝で、亜グランクリテリウム、ラスアメリカス大賞(アルゼンチン)、R.シェヴァリエ夫妻大賞(以上、G1・アルゼンチン)などを制したハッサンの産駒。父の代表産駒にはトゥーラックハンデとウィリアムリードS(以上、G1・オーストラリア)を制したラッキーハスラーがいます。

成績

香港のJ.サイズ調教師(香港チャンピオントレーナー10回。香港マイルは2013年グロリアスデイズで優勝)が管理するナッシングアイライクモアは2017年1月にクラス4の芝1200メートル戦(香港のレースは下からクラス5から1、ほかにグループレースおよびリステッドレースと新馬戦に近いグリフィンで構成。以下、同馬が出走したレースは香港での開催)でデビュー勝ちを収めると、そこからシーズンをまたいで同年10月のクラス2の芝1400メートル戦まで5連勝をマークしました。

その後、12月のクラス1では追い込み届かずサザンレジェンドの2着(ただし、斤量がナッシングアイライクモアの方が7ポンド重かった)に敗れて連勝はストップしますが、4歳クラシックシリーズの初戦にあたる香港クラシックマイル(芝1600メートル)でシンガポールスリングを余裕を持って差し切って優勝。続く1800メートルの香港クラシックカップはシンガポールスリングの4着、2000メートルの香港ダービーは11着に終わりましたが、マイルではトップレベルの存在であることを示しました。

今シーズンは10月1日のセレブレイションカップ(G3)でビューティージェネレーションの5着の後、前走10月21日のシャティントロフィー(G2)もビューティージェネレーションの6着に終わっています。

騎手ジョアン・モレイラ(Joao Moreira) 詳細 閉じる

年齢:34歳

ブラジル出身。南米で通算1000勝以上を挙げ、2009年にシンガポールに拠点を移し、4年間シンガポールで旋風を巻き起こした。2013年10月に香港に移籍後3シーズンは従来の記録を更新する勝利(145勝、168勝、170勝)をあげリーディングジョッキーを獲得している。オーストラリア、イギリス、フランス、アメリカ、ドイツ、日本、マカオ、スウェーデン、UAEでの騎乗経験がある。2017年にラッパードラゴンとのコンビで4歳三冠シリーズの香港クラシックマイル、香港クラシックカップと香港ダービーを優勝。同馬は史上初の三冠馬に輝いた。

  • 表彰歴

    香港リーディングジョッキー(2014-2015年、2015-2016年、2016-2017年シーズン)、ロンジン・インターナショナルジョッキーズチャンピオンシップ優勝(2012年)、JRAワールドオールスタージョッキーズ優勝(2015年)、シンガポールリーディングジョッキー(2010年から2013年)、エクリプス賞(ブラジル)(2006-2007年、2007-2008年シーズン)
    香港史上最速でシーズン100勝を達成(2017年2月22日)、香港のシーズン最多勝利記録(2016-2017年シーズンに170勝)、香港の1日最多勝利記録(2017年3月5日に1日8勝)、シンガポールのシーズン最多勝記録(2012年シーズン206勝)、1日8騎乗機会で8勝(シンガポール、2013年9月6日)、1日8勝(ブラジル2006年3月)

  • 香港国際競走

    4勝 香港マイル(2014年エイブルフレンド)、香港カップ(2014年デザインズオンローム)、香港スプリント(2015年ペニアフォビア)、香港ヴァーズ(2016年サトノクラウン)

  • 香港通算勝利数

    772勝

香港 勝負服

ホワットエルスバットユー

せん6歳

WHAT ELSE BUT YOU (AUS)

血統

BTCカップ(G1・オーストラリア)やゴールデンローズS(G2・オーストラリア)を制し、種牡馬としてはマニカトS(G1・オーストラリア)やオーストラリアンギニー(G1・オーストラリア)に優勝したヘイドックなどを送るデューポースの産駒。祖母のラヴィングカップはゴールデンスリッパーS(G1・オーストラリア)3着馬です。

成績

ホワットエルスバットユーはオーストラリアでエミネントナイトという名で走り、5戦2勝(芝1625メートルと芝1800メートル)の後、香港のJ.サイズ厩舎(香港チャンピオントレーナー10回。香港マイルは2013年グロリアスデイズで優勝)に移籍しました。

香港では2017年2月に3戦目のクラス3(芝1600メートル)で初勝利(香港のレースは下からクラス5から1、ほかにグループレースおよびリステッドレースと新馬戦に近いグリフィンで構成。以下、記載のある同馬が出走したレースは香港での開催)。さらにクラス3、クラス2と芝1600メートル戦を勝って3連勝としましたが、そこからはクラス2を3連敗してシーズンを終えました。

2017-2018年シーズンは脚部不安もあって3戦しか走ることが出来ませんでしたが、クラス2を卒業して、クラス1(芝1400メートル)にも優勝しました。今シーズンは初戦となった10月11日のクラス1で7着の後、前走11月25日のクラス1では中団から鋭く差して一旦は先頭に立ちましたが、ゴール前で差し返されて2着に終わっています。

騎手カリス・ティータン(Karis Teetan) 詳細 閉じる

年齢:28歳

モーリシャス出身。2013年8月に香港に移籍。14歳で南アフリカジョッキーアカデミーに入学、2008年に南アフリカ見習騎手チャンピオンに輝いた。2009年に147勝を挙げ、見習騎手を卒業。その後も南アフリカで毎年100勝以上を挙げた。母国モーリシャスで2008年11月24日にヘイローハンターに騎乗してトップレベルの競走を勝利するなど、これまでG1競走5勝を記録している。香港への移籍初年度には50勝を挙げる活躍。2017-2018年シーズンはG3競走3勝含む通算52勝を挙げ、リーディング3位の成績を残した。

  • 表彰歴

    南アフリカ見習騎手チャンピオン(2008年)

  • 香港通算勝利数

    247勝

文:出走馬については秋山 響(TPC)。騎手については香港ジョッキークラブ発表のプロフィールをJRAで翻訳したもので予定騎手(JRA所属騎手以外を掲載)

注記:騎手の香港国際競走勝ち鞍のレース名は現在のもの。香港通算勝利数は2018年11月29日現在のもの

国旗は「調教国」、英語表記右の国コードは「生産国」

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: