海外競馬発売

香港カップ(G1)

シャティン競馬場 2000メートル(芝)3歳以上

発売開始時刻
日本時間12月9日(日曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:午前9時20分または午前9時30分
発走予定時刻
日本時間12月9日(日曜)午後5時30分

2018年香港カップ現地リポート

  • 2018年12月8日(土曜)最終回

    ゴールドマウント騎乗のO.マーフィー騎手も一目置く日本馬3頭

    香港カップの出走馬は9頭のみ。昨日の4回目までのリポートで地元馬及び日本馬以外の遠征馬は全て記したので、今回は2回目となるがゴールドマウント(せん5歳)と、日本の各馬について書かせていただこう。

    4日のリポートでR.ギブソン調教師を中心としたリポートを記したゴールドマウント。今回は騎乗するO.マーフィー騎手に話を伺った。
    「もちろん今回が初騎乗になるので追い切りに騎乗しました。すごくスムーズな動きをする馬でした」

  • 2018年12月7日(金曜)第4回

    連覇を狙うタイムワープ 馬場状態も味方するか?

    連覇を狙うタイムワープ(せん5歳)。今年の2月の香港ゴールドカップ(香港・G1)では、香港競馬史上初めて芝2000メートルで2分を切る1分59秒97を叩き出した。しかも、自分でペースを作ってのものなので、価値は相当に高い。

    しかし、その後はなぜか成績の乱高下が続く。5戦して1勝、しんがり負け4回。特に、本来得意とする芝2000メートルのレースで2度もしんがり負けを喫しているのは、かなり気になるところだ。

  • 2018年12月6日(木曜)第3回

    未知の魅力が漂う、南アフリカからの移籍馬ノーザンスーパースター

    ノーザンスーパースター(牡5歳)は、11月25日に香港移籍後初戦(クラス1。芝1600メートル)を使われ、6着に敗れている。
    「検疫に加え、脚の感染症もあって休養期間が当初の予定よりも長くなってしまいました。でも、大レースを前に一度、無事に使えて状態はアップしています」
    そう語るのはA.ミラード調教師だ。感染症に侵されたのはこの9月。右後ろ脚の歩様が乱れ、同時に熱発にも見舞われたと言う。
    「今はもうすっかり完治。競馬も使える状態になったので全く心配はいりません」
    実際、すでに競馬に使われたこともあり、調教を見る限り、歩様が乱れたことは想像もつかないくらい柔らかい動きを見せている。

  • 2018年12月5日(水曜)第2回

    虎視眈々と勝利を狙う地元2騎。シーズンズブルームとグロリアスフォーエバー

    昨年の香港マイル(G1・香港)で本命視されながら4着に敗れたのがシーズンズブルーム(せん6歳)。続く年明けのマイルG1・香スチュワーズカップ(香港)ではきっちりと勝利をものにしており、高かったファンの評価が間違っていなかったことを示したが、今年は距離を延長して香港カップ(G1・香港)に矛先を変えてきた。管理するC.シャム調教師にその点について伺った。

  • 2018年12月4日(火曜)第1回

    前哨戦大敗も見限れない、昨年の覇者タイムワープ

    昨年の覇者タイムワープ(せん5歳)が連覇を狙う。手綱を取るのは昨年同様Z.パートン騎手。日本でもおなじみの同騎手は、この馬の主戦ジョッキーである。
    「リラックスして状態は良さそう」
    こう口を開くとさらに続けた。
    「前哨戦(香ジョッキークラブC)では大きく負けてしまったけど、あれはモレイラが激しく競りかけてプレッシャーをかけてきたから。脚質的に負けるときは大きく負けても仕方ないタイプなので気にすることはありません」

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: