海外競馬発売

香港カップ(G1)

シャティン競馬場 2000メートル(芝)3歳以上

発売開始時刻
日本時間12月9日(日曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:午前9時20分または午前9時30分
発走予定時刻
日本時間12月9日(日曜)午後5時30分

2018年香港カップデータ分析

過去の香港カップの結果から、レースの傾向を徹底分析

1着候補は1桁ゲートから

過去10年の香港カップにおけるゲート番別成績(出走可能頭数は最大14頭)をチェックすると、「1から9番」組が9勝、2着7回、3着8回。スタート後すぐ1コーナーに入るコース設定の影響もあるのか、1桁番号のゲートに入った馬が優位というデータが出ている。昨年(12頭立て)も「5番」のタイムワープが1着、「3番」のワーザーが2着、「1番」のネオリアリズムが3着と、内寄りのゲートに入った馬が上位を占めた。一方、2桁番号の「10から14番」組は、2015年のエイシンヒカリ(11番)の1勝だけ。特に大外のゲートに入った馬は2着が2回あるだけで、出走頭数にかかわらず苦戦傾向にある。昨年のポエッツワード(12番)は、のちにキングジョージⅥ世クイーンエリザベスSを制する実力馬だが、大外のゲートから終始外めを走るロスが響いたか6着に敗れた。1着候補は内寄り、1桁番号のゲートに入った馬からピックアップしたいところだ。〔表1〕〔表2〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表1〕
ゲート番別成績1(過去10年)
ゲート番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
1 3 0 1 6 30.0% 30.0% 40.0%
2 0 1 1 8 0% 10.0% 20.0%
3 1 3 0 6 10.0% 40.0% 40.0%
4 0 0 1 9 0% 0% 10.0%
5 2 1 0 7 20.0% 30.0% 30.0%
6 0 0 1 9 0% 0% 10.0%
7 1 0 1 8 10.0% 10.0% 20.0%
8 2 1 1 6 20.0% 30.0% 40.0%
9 0 1 2 7 0% 10.0% 30.0%
10 0 2 1 7 0% 20.0% 30.0%
11 1 0 0 7 12.5% 12.5% 12.5%
12 0 0 1 6 0% 0% 14.3%
13 0 1 0 2 0% 33.3% 33.3%
14 0 0 0 1 0% 0% 0%

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表2〕
ゲート番別成績2(過去10年)
ゲート番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
1〜9番 9 7 8 66 10.0% 17.8% 26.7%
10〜14番 1 3 2 23 3.4% 13.8% 20.7%
大外 0 2 0 8 0% 20.0% 20.0%

1から3番人気が9勝

過去10年の香港カップの単勝人気別成績を振り返ると、「1番人気」が4勝、「2番人気」が2勝、「3番人気」が3勝と、優勝馬10頭中9頭を1から3番人気の馬が占めている。4番人気以下での優勝は2015年のエイシンヒカリ(9番人気)だけで、1着候補は上位人気馬から選びたい。下位人気の馬では「6から9番人気」組に注目。3着内率17.1%は、「4番人気」と「5番人気」のそれと差がなく、注意を払いたい。〔表3〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表3〕
単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4 2 0 4 40.0% 60.0% 60.0%
2番人気 2 1 2 5 20.0% 30.0% 50.0%
3番人気 3 0 3 4 30.0% 30.0% 60.0%
4番人気 0 2 0 9 0% 18.2% 18.2%
5番人気 0 2 0 7 0% 22.2% 22.2%
6〜9番人気 1 3 3 34 2.4% 9.8% 17.1%
10番人気以下 0 0 2 26 0% 0% 7.1%
注記:
2008年から2015年の現地主催者発表の単勝オッズと、2016年と2017年のJRA発表の単勝オッズを基準とした

香ジョッキークラブカップ組は5着以内馬を要チェック

過去10年の香港カップで3着以内に入った馬の前走レースを調べると、香ジョッキークラブカップ(2009年までの名称はインターナショナルカップトライアル)組が1着5回、2着6回、3着2回と好成績を挙げている。さらにその香ジョッキークラブカップの着順別による香港カップの成績を見ると、両レースの連勝馬は1頭(2012年カリフォルニアメモリー)だけで、他の4頭は2着、3着、5着から着順を上げての優勝。昨年優勝したタイムワープも香ジョッキークラブカップ2着から本番で巻き返しだった。また、6着以下の馬は本番で3着以内に入っていないことからも、香ジョッキークラブカップ組は5着以内だった馬をチェックしておきたい。〔表4〕〔表5〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表4〕
香港カップ3着以内馬の前走のレース(過去10年)
前走 香港カップにおける成績
1着 2着 3着
香ジョッキークラブカップ(G2・香港)(注1) 5 6 2
天皇賞(秋)(GⅠ) 2 1 2
エリザベス女王杯(GⅠ) 1 1 0
凱旋門賞(G1・フランス) 1 0 0
ブリーダーズカップターフ(G1・アメリカ) 1 0 0
オペラ賞(G1・フランス) 0 1 0
アクスマジュー賞(一般・フランス) 0 1 0
英チャンピオンS(G1・イギリス) 0 0 2
マッキノンS(G1・オーストラリア) 0 0 2
チャーチルS(LR・イギリス) 0 0 1
ローマ賞(G1・イタリア) 0 0 1
注1:
旧インターナショナルカップトライアル(香LG2)を含む

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕
前走香ジョッキークラブカップ組(注1)の同レースでの着順別香港カップ成績(過去10年)
香ジョッキークラブカップの着順 香港カップにおける成績
1着 2着 3着
1着 1 4 0
2着 2 1 2
3着 0 1 0
4着 1 0 0
5着 1 0 0
6着以下 0 0 0
注1:
旧インターナショナルカップトライアル(香LG2)を含む

逃げ・先行馬が有利

過去5年の香港カップにおける残り400メートル地点での位置別成績をまとめると、3着内率は位置取りが前になるほど高くなっている。直線に上り坂がなく、道中のペースが落ち着きやすいこともあってか、後方からの逆転はなかなか難しい傾向が出ている。昨年も「先頭」のタイムワープが逃げ切り、「2から5番手」にいたワーザーとネオリアリズムがそれぞれ2着、3着という結果だった。「10番手以下」の優勝は、デザインズオンロームが2014年に10番手から追込みを決めたものだが、同馬は2013-2014年シーズンの香港年度代表馬で、当時も断然人気に推されていた。よほどの実力馬でない限り、追い込み一辺倒の馬の評価は割り引きたい。〔表6〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表6〕
残り400メートル地点の位置別成績(過去5年)
残り400m地点の位置 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
先頭 2 1 0 2 40.0% 60.0% 60.0%
2〜5番手 1 1 5 13 5.0% 10.0% 35.0%
6〜9番手 1 3 0 16 5.0% 20.0% 20.0%
10番手以下 1 0 0 15 6.3% 6.3% 6.3%

香港カップ連覇はわずか1頭

過去10年の香港カップにおける前年優勝馬の成績を記したのが〔表7〕。香港調教馬のカリフォルニアメモリーが2011年と2012年に連覇している。香港カップ創設時(当時は香港招待カップの名称、芝1800メートルの条件で1月に施行)の1988年まで遡っても、これが唯一の連覇となっている。また、春のクイーンエリザベスⅡ世カップの優勝馬が同年の香港カップに出走した際の成績をまとめたのが〔表8〕。2014年のデザインズオンロームが同一年制覇を果たしたほか、3着馬も3頭(2009年プレスヴィス、2015年ブレイジングスピード、2017年ネオリアリズム)出ている。香港カップと同じ芝2000メートルのG1競走だけに、関連性が高く、しっかり復習しておきたい。

文:秋山 響(TPC)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表7〕
前年優勝馬の香港カップ成績(過去10年)
年度 前年優勝馬 着順
2009年 イーグルマウンテン 5
2010年 ヴィジョンデタ 4
2012年 カリフォルニアメモリー 1
2015年 デザインズオンローム 4
2016年 エイシンヒカリ 10
注記:
表に記載のない年は前年優勝馬不出走

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表8〕
同年のクイーンエリザベスⅡ世カップ優勝馬の香港カップ成績(過去10年)
年度 馬名 着順
2009年 プレスヴィス 3
2011年 アンビシャスドラゴン 4
2013年 ミリタリーアタック 4
2014年 デザインズオンローム 1
2015年 ブレイジングスピード 3
2017年 ネオリアリズム 3
注記:
表に記載のない年は前年優勝馬不出走

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: