海外競馬発売

香港スプリント(G1)

シャティン競馬場 1200m(芝)3歳以上

  • 発売開始時刻日本時間12月10日(日曜)10時00分

  • 発走予定時刻日本時間12月10日(日曜)15時40分

現地リポート

  • 2017年12月9日(土曜)第5回(最終回)

    サイズ調教師がとても強い馬と語るアメージングキッズ

    「前走(G2・香ジョッキークラブスプリント)は前が壁になるシーンがあって、一瞬、追い出しが遅れてしまいました」
    ジョン・サイズ調教師は、アメージングキッズ(せん6歳)についてそう語る。

  • 2017年12月8日(金曜)第4回

    2年連続で香港スプリントに挑戦するサインズオブブレッシング

    昨年に続き、2年連続で香港スプリントに挑戦するため遠征してきたのが、フランスのサインズオブブレッシング(せん6歳)だ。

  • 2017年12月7日(木曜)第3回

    フランスのザライトマン、香港のディービーピン

    今年はフランスから2頭のスプリンターがやってきた。そのうち、ザライトマン(せん5歳)は今年のドバイのアルクオーツスプリント(G1)を勝利しており、日本のファンでもその名前をご記憶の方も多いだろう。昨年の10月からの7戦で4勝を挙げているが、実は7戦のいずれもが直線競馬で、近走だけ見ると右回りの競馬には一抹の不安が生じる。

  • 2017年12月6日(水曜)第2回

    ミスタースタニング、ワンスインナムーンの鞍上が語る、それぞれの感触

    レベルの高い香港のスプリント戦を、連勝中で駒を進めてきたのがミスタースタニング(せん5歳)。当然、かなり有力視される存在となっている。
    その連勝時に手綱をとり、今回も騎乗予定なのがナッシュ・ローウィラー騎手だ。同騎手は前走後の状態について次のように語った。

  • 2017年12月5日(火曜)第1回

    ジャパンカップを制したボウマン騎手が騎乗するラッキーバブルズ

    昨年の香港スプリント(G1)2着馬で、今年5月のチェアマンズスプリントプライズ(G1)で待望のG1タイトルを手にしたラッキーバブルズ(せん6歳)。今シーズン初戦のプレミアボウル(G2)2着と上々の滑り出しを見せたが、前走の香ジョッキークラブスプリント(G2)では、勝負どころで再三の不利を受け、10頭立ての9着と大きく敗れた。

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: