海外競馬発売

香港カップ(G1)

シャティン競馬場 2000m(芝)3歳以上

  • 発売開始時刻日本時間12月10日(日曜)10時00分

  • 発走予定時刻日本時間12月10日(日曜)17時30分

現地リポート

  • 2017年12月9日(土曜)第5回(最終回)

    英国の名門厩舎が送りだす“成長力の”ポエッツワード

    8日の金曜日には芝コースで800mを56秒0で乗られたのがイギリスからの遠征馬ポエッツワード(牡4歳)だ。 その後、パドックをスクーリングし、騎乗したライダーのケビン・ブラッドショー氏は「気分よく走ってくれたし、スクーリングでも落ち着いていた」と語った。 その様子を見ていたのがレースで騎乗するアンドレア・アッゼニ騎手だ。

  • 2017年12月8日(金曜)第4回

    香港の名門・クルーズ厩舎で一番勢いのある馬・タイムワープ

    11月5日にシャティン競馬場で行われたレディースパース(G3)の勝ちタイム1分45秒41は、シャティン競馬場における芝1800mのレコードタイムだった。勝ち馬ナッサも香港カップに出走を予定していたが、残念ながら故障で回避。しかし、そのナッサにアタマ差2着だったタイムワープ(せん4歳)が、続く香ジョッキークラブカップ(G2)も2着として、ここに駒を進めてきた。

  • 2017年12月7日(木曜)第3回

    エイダン・オブライエン厩舎が送り込むドーヴィル

    今回、香港国際競走に5頭を送り込んできたアイルランドのエイダン・オブライエン厩舎。香港ヴァーズ(G1)には日本のファンにもおなじみのハイランドリールが出走するが、5頭の中で、ハイランドリールに次いでレーティングが高いのが、香港カップ(G1)に出走するドーヴィル(牡4歳)だ。

  • 2017年12月6日(水曜)第2回

    ワーザーのジョン・ムーア調教師、不敵な笑みを浮かべるその真意とは!?

    「パーフェクト!!」
    現地時間12月6日の早朝、香港カップ(G1)に出走するワーザー(せん6歳)についてジョン・ムーア調教師に伺うと、開口一番そう答えが返ってきた。

  • 2017年12月5日(火曜)第1回

    ネオリアリズムとワーザーの鞍上、意気込みを語る

    まだまだ記憶に新しい、ネオリアリズム(牡6歳、美浦・堀宣行厩舎)の香港・クイーンエリザベスⅡ世カップ(G1)の勝利。決して良いとは言えないスタートから、3コーナー手前で一気にまくって出ての押し切り勝ちは、日本馬ひいきでなくても痛快と思える勝利だった。

    「出遅れ気味。しかもスローペースで馬は前に行きたがって、骨の折れるレースでした。ネオリアリズムの良さである、長くいい脚を生かすことができたと思います。あのスローペースが徐々にペースが上がるような展開だったら、少し厳しかったかもしれません」

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: