データ分析

過去のドバイターフの結果から、レース傾向を徹底分析!

10番ゲートに注目

メイダン競馬場で行われた2010年以降、過去7年のドバイターフ(2014年までのレース名はドバイデューティフリー)を振り返ると、2勝以上しているゲート番はなく、基本的にはゲートの内・外の有利不利は少ないといえる。注目したいのは10番ゲート。1勝、2着3回、3着1回の好成績で、昨年まで5年連続で3着以内に入っている。〔表1〕

※表は横にスクロールすることができます。

〔表1〕
ゲート番別成績(過去7年)
ゲート番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
1 0 0 1 6 0% 0% 14.3%
2 1 0 1 5 14.3% 14.3% 28.6%
3 0 1 1 5 0% 14.3% 28.6%
4 0 0 0 7 0% 0% 0%
5 1 0 1 5 14.3% 14.3% 28.6%
6 1 1 0 5 14.3% 28.6% 28.6%
7 1 0 0 6 14.3% 14.3% 14.3%
8 0 1 0 6 0% 14.3% 14.3%
9 0 0 1 6 0% 0% 14.3%
10 1 3 1 2 14.3% 57.1% 71.4%
11 1 1 0 4 16.7% 33.3% 33.3%
12 0 0 0 6 0% 0% 0%
13 0 0 1 5 0% 0% 16.7%
14 1 0 0 4 20.0% 20.0% 20.0%
15 0 0 0 4 0% 0% 0%
16 0 0 0 2 0% 0% 0%

サンデーサイレンス系をチェック

過去7年のドバイターフで上位3着以内に入った馬の父馬を示したのが〔表2〕。ミスタープロスペクター系とヘイルトゥリーズン系が2勝で並んでいる。後者は2014年のジャスタウェイと2016年のリアルスティールによるもので、両馬の父はサンデーサイレンス系種牡馬だった。3着以内の回数ではノーザンダンサー系が最多。中でもサドラーズウェルズ系、ダンジグ系、ストームキャット系の主要3系統は押さえておきたい。〔表3〕

※表は横にスクロールすることができます。

〔表2〕
3着以内馬の父馬(過去7年)
1着馬 2着馬 3着馬
2010年 Medicean(ミスタープロスペクター系) Medicean(ミスタープロスペクター系) Russian Revival(ノーザンダンサー・ ヌレイエフ系)
2011年 Sakhee(ネヴァーベンド系) Jet Master(ノーザンダンサー・ ラキーン系) High Chaparral(ノーザンダンサー・ サドラーズウェルズ系)
2012年 Selkirk(ネイティヴダンサー系) Encosta de Lago(ノーザンダンサー・ フェアリーキング系) City Zip(ミスタープロスペクター系)
2013年 キングズベスト(ミスタープロスペクター系) Mogok(ノーザンダンサー・ ストームキャット系) Dansili(ノーザンダンサー・ ダンジグ系)
2014年 ハーツクライ(ヘイルトゥリーズン系) Silvano(ノーザンダンサー・ ニジンスキー系) Dansili(ノーザンダンサー・ ダンジグ系)
2015年 Singspiel(ノーザンダンサー・ サドラーズウェルズ系) Mastercraftsman(ノーザンダンサー・ ダンジグ系) Medaglia d'Oro(ノーザンダンサー・ サドラーズウェルズ系)
2016年 ディープインパクト(ヘイルトゥリーズン系) Myboycharlie(ノーザンダンサー・ ダンジグ系) Shamardal(ノーザンダンサー・ ストームキャット系)

※表は横にスクロールすることができます。

〔表3〕
父がノーザンダンサー系の3着以内馬の系統(過去7年)
父系統 1着 2着 3着
サドラーズウェルズ系 1 0 2
ダンジグ系 0 2 2
ストームキャット系 0 1 1
ニジンスキー系 0 1 0
フェアリーキング系 0 1 0
ラキーン系 0 1 0
ヌレエフ系 0 0 1

高勝率の日本馬に期待

過去7年のドバイターフで上位3着以内に入った馬の調教国を調べると、地元アラブ首長国連邦(UAE)調教馬とイギリス調教馬、日本調教馬が2勝を挙げて並んでいる。なかでも日本は出走頭数(5頭)が少ないながらも、高い勝率(40.0%)をマークしており期待できる。優勝こそないが、2着5回、3着1回の南アフリカ調教馬にも要注意だ。〔表4〕

※表は横にスクロールすることができます。

〔表4〕
3着以内馬の調教国(過去7年)
年度 1着馬 2着馬 3着馬
2010年 UAE 南アフリカ 南アフリカ
2011年 イギリス 南アフリカ イギリス
2012年 イギリス 南アフリカ UAE
2013年 UAE 南アフリカ フランス
2014年 日本 南アフリカ イギリス
2015年 フランス イギリス アメリカ
2016年 日本 イギリス UAE
備考:
S.ビン・スルール調教師など、アラブ首長国連邦(UAE)とヨーロッパの両方に調教拠点がある調教師の管理馬については、UAE調教馬扱いとした

ジェベルハッタ、中山記念組が狙い目

過去7年のドバイターフで上位3着以内に入った馬の前走レースをまとめたのが〔表5〕。UAE・メイダン競馬場で行われる前哨戦のジェベルハッタ(G1)から臨んだ馬が2勝、2着3回、3着3回と好走している。また、2014年のジャスタウェイ、2016年のリアルスティールと2頭の勝ち馬を送る中山記念(GII)も重要なステップレースといえる。なお、前走着順別成績を調べると、前走4着以下から本番で巻き返したのは2010年の勝ち馬アルシェマリだけだった。前走1〜3着馬を素直に中心視したい。〔表6〕

※表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕
3着以内馬の前走レース(過去7年)
前走 ドバイターフにおける成績
1着 2着 3着
ジェベルハッタ(G1・UAE) 2 3 3
中山記念(GII) 2 0 0
アル・マクトゥームチャレンジ ラウンド3(G1・UAE) 1 0 0
香港マイル(G1・香港) 1 0 0
モンジュー賞(一般・フランス) 1 0 0
バランシーン(G2・UAE) 0 2 0
愛チャンピオンS(G1・アイルランド) 0 1 0
アルファヒディフォート(G2・UAE) 0 1 0
ブリーダーズカップフィリー&メアターフ(G1・アメリカ) 0 0 1
ガルフストリームパークターフH(G1・アメリカ) 0 0 1
香港カップ(G1・香港) 0 0 1
ザビールマイル(G2・UAE) 0 0 1
備考:
ジェベルハッタ、アル・マクトゥームチャレンジ ラウンド3はG2時の成績を含む

※表は横にスクロールすることができます。

〔表6〕
前走着順別成績(過去7年)
前走着順 ドバイターフにおける成績
1着 2着 3着
1着 3 4 5
2着 1 2 2
3着 2 1 0
4着 1 0 0

ムーア騎手が好成績

過去7年のドバイターフで上位3着以内に入った馬の騎手を調べると、日本でもおなじみのライアン・ムーア騎手の活躍が目立つ。騎乗機会7回で2勝、2着1回、3着1回という好成績を残している。2着3回、3着1回のクリストフ・スミヨン騎手にも注目したい。〔表7〕

文:秋山響(TPC)

※表は横にスクロールすることができます。

〔表7〕
3着以内馬の騎手(過去7年)
年度 1着馬 2着馬 3着馬
2010年 R.フレンチ K.シェイ C.スミヨン
2011年 R.ムーア B.フェイダーブ J.スペンサー
2012年 J.ドイル C.スミヨン M.バルザローナ
2013年 S.デソウサ C.スミヨン M.ギュイヨン
2014年 福永祐一 C.スミヨン R.ムーア
2015年 M.ギュイヨン R.ムーア L.デットーリ
2016年 R.ムーア L.デットーリ W.ビュイック

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: