出走馬情報

3月22日(水曜)時点

イギリス

ポストポンド

牡6歳

POSTPONED(IRE)

史上初のドバイシーマクラシック(G1)連覇を狙うポストポンドは、愛2000ギニー(G1・アイルランド)やジャックルマロワ賞(G1・フランス)を制し、種牡馬としても仏ダービー(G1・フランス)馬のニューベイなどを送り2015年にフランスのチャンピオンサイヤーに輝いたドバウィの産駒です。
イギリスのL.クマーニ厩舎からデビューしたポストポンドは3歳(2014年)8月のグレートヴォルティジュールS(G2・イギリス、芝2400m)で重賞初制覇。翌4歳時には7月のキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(イギリス、芝2400m)でG1初制覇を果たし、続く9月のフォワ賞(G2・フランス、芝2400m)も連勝しましたが、その直後に現在のR.ヴェリアン厩舎(イギリス)に転厩となると、予定されていた凱旋門賞(G1)を回避してシーズンを終えました。
昨年はドバイで迎えた初戦のドバイシティーオブゴールド(G2、芝2410m)を難なく制すと、そのままドバイに滞在して迎えた2戦目のドバイシーマクラシック(G1、芝2410m)では日本の二冠馬ドゥラメンテに2馬身差をつけて優勝。さらに帰国後もコロネーションカップ(G1・イギリス、芝2410m)でファウンド、英インターナショナルS(G1・イギリス、芝2080m)ではハイランドリールをそれぞれ2着に下してG1・3連勝を果たしましたが、10月の凱旋門賞(G1)では直線で伸び切れずファウンドの5着に敗れてシーズンを終えました。6歳を迎えた今年は3月4日のドバイシティーオブゴールド(G2)で始動。直線で包まれる場面もあって、プライズマネーの2着に終わっています。

アイルランド

ハイランドリール

牡5歳

HIGHLAND REEL(IRE)

父は現役時代に英ダービーやキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(以上、G1・イギリス)に勝ち、種牡馬としても英愛チャンピオンサイヤーに8度も輝くガリレオで、祖母はAJCオークス(G1・オーストラリア)の勝ち馬サークルズオブゴールド。近親にはドバイデューティフリー(G1)を制したエルヴストロームを筆頭に活躍馬が多数います。
ハイランドリールは、昨年イギリスとアイルランドでチャンピオントレーナーの座に就いたA.オブライエン調教師(拠点はアイルランド)の管理馬。2015年の3歳クラシックでは仏ダービー(G1・フランス)の2着が最良の成績でしたが、アメリカに遠征した同年8月のセクレタリアトS(芝2000m)を5馬身1/4差で快勝してG1初制覇。12月には香港ヴァーズ(G1・香港、芝2400m)を制して3歳シーズンを締めくくりました。
4歳を迎えた昨年は、3月のドバイシーマクラシック(G1)で始動しポストポンドの4着に終わりましたが、4戦目となった7月のキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1・イギリス、芝2400m)を鮮やかに逃げ切ってシーズン初勝利をマーク。英インターナショナルS(G1・イギリス)2着(勝ち馬ポストポンド)、愛チャンピオンS(G1・アイルランド)7着、凱旋門賞(G1・フランス)2着を経て向かったアメリカのブリーダーズカップターフ(芝2400m)では軽快に逃げて、2014年と2015年の凱旋門賞2着馬フリントシャーや2016年の凱旋門賞馬ファウンドの追撃を完封。4つ目のG1勝ちを手にしました。その後は12月の香港ヴァーズ(G1・香港)に出走しましたが、ゴール前でサトノクラウンに差されて2着。ここはそれ以来のレースとなります。

イギリス

ジャックホブス

牡5歳

JACK HOBBS(GB)

英インターナショナルS(イギリス)の連覇を含む5つのG1を制し、1996年にはヨーロッパ最優秀古馬にも選ばれたホーリングの産駒です。
イギリスの首位調教師に2度輝くJ.ゴスデン調教師が管理するジャックホブスは2歳(2014年)12月のデビュー戦(オールウェザー1730m)を3馬身差、続く3歳4月の2戦目(芝2010m)を12馬身差で連勝して注目されると、ダンテS(G2・イギリス)と英ダービー(G1・イギリス)ではともに同厩舎のゴールデンホーンの2着に終わりましたが、続く愛ダービー(アイルランド、芝2400m)を5馬身差で圧勝してG1初制覇。その後、秋にはセプテンバーS(G3・イギリス、オールウェザー2400m)を制したほか、英チャンピオンS(G1・イギリス)でも3着に入り、古馬になっての大成が期待されました。
しかし、昨年は初戦となった4月のジョッキークラブS(G2・イギリス)のレース中に骨盤を痛めて競走を中止。10月に復帰して英チャンピオンS(G1・イギリス)に出走しましたがアルマンゾルの3着に終わりました。ここはそれ以来の休み明けとなります。

アイルランド

セブンスヘブン

牝4歳

SEVENTH HEAVEN(IRE)

父ガリレオはハイランドリールの項を参照。半兄にはミドルパークS(G1・イギリス)の勝ち馬クルセイドがいます。
ハイランドリールと同じアイルランドの伯楽A.オブライエン調教師が手がけるセブンスヘブンは3歳(2016年)4月に3戦目(オールウェザー1600m)で初勝利を挙げると、続くオークストライアルフィリーズS(イギリス・芝2300m)も連勝。勢いに乗って挑んだ英オークス(G1・イギリス)では同厩舎のマインディングから約33馬身も離された6着と大敗しましたが、7月の愛オークス(アイルランド、芝2400m)を見事に差し切ってG1初制覇。さらに続く8月のヨークシャーオークス(G1・イギリス、芝2400m)でも、直線で抜群の瞬発力を見せ、のちに凱旋門賞(G1)を制すことになるファウンドを2着に下してG1連勝としました。
しかし、その後は1番人気に推された10月の英チャンピオンズフィリーズ&メアズS(G1・イギリス)で5着に終わると、続く前走11月のブリーダーズカップフィリー&メアターフ(G1・アメリカ)でもじわじわとしか伸びず4着に敗れています。

日本

サウンズオブアース

牡6歳

SOUNDS OF EARTH(JPN)

2003年の日本ダービーと皐月賞(以上、GI)を制し、同年のJRA賞最優秀3歳牡馬に輝いたネオユニヴァースの産駒で、ブルーグラスS(G1・アメリカ)の勝ち馬ドミニカンの半弟にあたります。
初勝利は3歳(2014年)2月の未勝利戦(芝2000m)。直線で前をカットされるアクシデントがありましたが、そこから鋭く伸びて勝利を手にしました。その後、重賞初挑戦となった京都新聞杯(GII)で2着に入り、日本ダービーにも出走(11着)。秋には神戸新聞杯(GII)2着から向かった菊花賞(GI)でも2着になって、世代トップレベルの実力をアピールしました。
古馬になってからは前走の有馬記念(GI)までの10戦全てで重賞に使われ、勝つことはできていませんが、2015年の有馬記念ではゴールドアクターのクビ差2着、2016年のジャパンカップ(GI)でもキタサンブラックの2着に入るなど、長きにわたって芝中長距離路線の中心馬として活躍を続けています。

UAE

プライズマネー

せん4歳

PRIZE MONEY(GB)

英ダービーや英インターナショナルS(以上、G1・イギリス)を制し、ヨーロッパ最優秀3歳牡馬にも選出されたオーソライズドの産駒で、おばには愛1000ギニー(G1・アイルランド)馬のクリンプリーンがいます。
イギリスとドバイに厩舎を持つS.ビン・スルール調教師が管理するプライズマネーは2歳(2015年)10月にイギリスでデビュー勝ち(芝1600m)。昨年6月のターセンテナリーS(G3・イギリス)ではのちにエクリプスS(G1・イギリス)を制すことになるホークビルの2着に入りましたが、続く重賞2戦では8着、5着と精彩を欠いたこともあって去勢。復帰戦となった11月のノベンバーH(芝2400m)でようやく2勝目を挙げました。
ドバイ入りして迎えた今年は、1月のアーバープロパティーズこそ2着に敗れましたが、2月のザメイダンホテル(芝2435m)で差し切り勝ちを収めると、続いて向かった3月4日の前走ドバイシティーオブゴールド(G2、芝2410m)でも直線で鋭く伸びて前年の覇者であるポストポンドを2着に下して優勝。重賞初制覇を果たしました。

UAE

アーンショー

牡6歳

EARNSHAW(USA)

トラヴァーズSやホイットニーH(以上、G1・アメリカ)を制し、種牡馬としてはアメリカ年度代表馬のレイチェルアレキサンドラやアメリカ最優秀2歳牝馬、3歳牝馬のソングバードなどを送るメダリアドロの産駒です。
フランスのA.ファーブル厩舎からデビューしたアーンショーは2歳(2013年)9月の初戦から2連勝で10月のトーマスブライアン賞(G3・フランス、芝1600m)に優勝。11月のクリテリウムアンテルナシオナル(G1)でも2着に入り2歳シーズンを終えました。
しかし、その後は勝ち星からは遠ざかっており、3歳5月のグレフュール賞(G2・フランス)で2着に入ったほか、ドバイのS.ビン・ガデイヤー厩舎に移った4歳以降にも2走前のドバイミレニアムS(G3)2着を含めて4度も重賞で3着以内に入ってはいるものの、デコレーテッドナイトの5着に終わった3月の前走ジェベルハッタ(G1)まで現在17連敗中となっています。

文:秋山響(TPC)

備考:国旗は「調教国」、英語表記右の国コードは「生産国」

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: