海外競馬発売

ベルモントステークス(G1)

ベルモントパーク競馬場 2400m(ダート)3歳

  • 発売開始時刻日本時間6月10日(土曜)19時30分

  • 発走予定時刻日本時間6月11日(日曜)午前7時37分

出走馬レーティング

6月8日(木曜)時点での情報を基に作成

出走馬レーティング
順位 馬名(生産国) レーティング
1 ルッキンアットリーLookin At Lee (USA) 117
2 アイリッシュウォークライIrish War Cry (USA) 115
3 エピカリス【出走取消】Epicharis (JPN) 113
ゴームリーGormley (USA) 113
5 シニアインベストメントSenior Investment (USA) 112
6 マルチプライヤーMultiplier (USA) 111
タップリットTapwrit (USA) 111
8 ジェイボーイズエコーJ Boys Echo (USA) 110
9 パッチPatch (USA) 108
10 ツイステッドトムTwisted Tom (USA) 105
11 ハリウッドハンサムHollywood Handsome (USA) 104
ミーンタイムMeantime (USA) 104
  • 注釈:6月10日(土曜)22時19分 エピカリス出走取消
  • 備考1:レーティングは現地主催者発表のものを掲載
  • 備考2:レーティングの単位はポンド

ケンタッキーダービーで2着のルッキンアットリーが117で出走馬トップ

今年の北米3歳世代全体の水準は、近年に比べて高いのか低いのか。

ケンタッキーダービー(G1)を制したオールウェイズドリーミングの、レース直後の暫定レートが122。過去3年のケンタッキーダービー優勝馬、2016年のナイキスト、2015年のアメリカンファラオ、2014年のカリフォルニアクロームが、いずれもケンタッキーダービー直後の数字が124だったから、近年に比べれば今年の3歳世代はやや水準が低めというのが、現段階での査定だ。

そんな中、ケンタッキーダービー2着のルッキンアットリーが117でベルモントS(G1)出走予定馬では最高値となり、これにウッドメモリアルS(G2)を3馬身1/2差で優勝した際に115を得たアイリッシュウォークライと続く。

その下にレーティング113で、ゴームリーと横並びで序列3位タイにいるのがエピカリスだ。この数字は、UAEダービー(G2・UAE)で短アタマ差2着に入った際に得たものだが、その後、UAEダービー勝ち馬サンダースノーが、愛2000ギニー(G1・アイルランド)で持ちレート120のチャーチルから2馬身1/2差の2着となっており、ここでのサンダースノーには少なく見積もっても115は与えられるはずだ。そうであるならば、現在のエピカリスも、実質的には115は持っていると評価してよさそうである。

文:合田直弘

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: