出走馬レーティング

12月1日(木)時点での情報を基に作成

119から116の間に、出走14頭中11頭がひしめきあい、ここもレーティング的には大混戦模様となっている。

首位には、レーティング119を持つ香港調教馬3頭が横並びとなった。エアロヴェロシティ(せん8歳)は1月にセンテナリースプリントC(香LG1、芝1200m)を勝った際に、ラッキーバブルス(せん5歳)は5月にチェアマンズスプリントプライズ(G1、芝1200m)で2着になった際に、ペニアフォビア(せん5歳)は昨年のこのレースを制した際に、それぞれ得たレーティングである。

前哨戦のジョッキークラブスプリント(G2、芝1200m)を制した際に118を得たノットリスニントゥーミー(せん6歳)が、1ポンド下の第4位となっている。

日本から参戦の2頭は、春の高松宮記念(GI)を制した際に117を得たビッグアーサー(牡5歳)が、5位タイ。秋のスプリンターズS(GI)を制した際に116を得たレッドファルクス(牡5歳)が、9位タイとなっている。だが、首位との差はいずれもわずかで、レーティング的には充分に争覇圏内につけている。

文:合田直弘

出走馬レーティング

出走馬レーティング
順位 馬名(生産国) レーティング
1 エアロヴェロシティAEROVELOCITY (NZ) 119
ラッキーバブルズLUCKY BUBBLES (AUS) 119
ペニアフォビアPENIAPHOBIA (IRE) 119
4 ノットリスニントゥーミーNOT LISTENIN'TOME (AUS) 118
5 アメージングキッズAMAZING KIDS (NZ) 117
ビッグアーサーBIG ARTHUR (JPN) 117
レベルデインREBEL DANE (AUS) 117
サインズオブブレッシングSIGNS OF BLESSING (IRE) 117
出走馬レーティング
順位 馬名(生産国) レーティング
9 レッドファルクスRED FALX (JPN) 116
ストラスモアSTRATHMORE (AUS) 116
11 グラウルGROWL (GB) 114
12 テイクダウンTAKEDOWN (AUS) 113
13 ピュアセンセーション PURE SENSATION (USA) 【出走取消】 112
スーパージョッキーSUPER JOCKEY (NZ) 112
  • ・レーティングは現地主催者発表のものを掲載
  • ・レーティングの単位はポンド

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: