海外競馬発売

競馬場・コース紹介

競馬場・コース紹介

シャティン競馬場

シャティン競馬場(沙田馬場)は、ジャニュアリーカップ(G3、ハッピーバレー競馬場で開催)を除く香港における全ての重賞と、特別条件競走である4歳三冠シリーズ(香港クラシックマイル、香港クラシックカップ、香港ダービー)が行われるコース。香港にある2つの競馬場のうちのひとつで、九龍半島新界エリアの沙田(シャティン)区にある。もともと入り組んでいた沿岸の一部を埋め立てた土地に建設された。1978年開場と、130年を超える香港ジョッキークラブの歴史から考えるとまだ日は浅いが、2つの観覧スタンドを備え、競馬場全体で10万人まで収容が可能。馬場内はペンフォード公園として一般市民に開放されている。また、2008年に開催された北京オリンピックの馬術競技が隣接する特設会場で行われ、その後、厩舎は国際検疫厩舎として、競技場は国際厩舎の準備運動の角馬場として転用されている。

非営利団体として、ロイヤル香港ジョッキークラブ(当時)は病院や学校、その他の社会インフラへの貢献に重きを置いていたが、これらの原資は全て競馬興行とその馬券発売によるもので、これらをより拡充させるために、新たな競馬場を建設することが急務とされた。そこで、1972年にジョッキークラブは政府にこの計画を提出すると、ほどなくして承認を受け、その計画は即座に実行へと移された。

コースのデザインにおいては、世界中の競馬主催者の研究や意見を参考にし、これらの経験を共有することで行われた。開設後、多少のマイナーチェンジを経て、現在のコースは楕円型の右回りで、1周1899m、直線距離430m、幅員30.5m(Aコース使用時、仮柵使用で最小18.3m)の芝コースと、1周1555m、直線距離365m、幅員22.8mのオールウェザーコースとなっている。芝コースには2コーナーと4コーナーの各出口に合流するシュート走路がある。2コーナー入り口から3コーナーにかけて緩やかな上り坂、3コーナー過ぎからゴールにかけて緩やかな下り坂となっているほか、走路の断面はアーチ状で、3〜4コーナーはコースの外側がややせり上がったバンク状になっている。芝はシーズン序盤やシーズン後半は野芝、多くの大レースが行われる10月から5月頃までは野芝に洋芝をオーバーシードしたもので、ドバイのメイダン競馬場とほぼ同質。スタート地点は8か所が設定されており、1000〜2400mの距離で開催されている。

多雨多湿な気候の香港で、毎年9〜7月の10か月間、週1日ペースで開催されるため、前述のオーバーシードなど、芝の保全にはかなりの力を入れている。水はけの良さは世界屈指で、レース当日の早朝にスコールが降ったとしても、レース開始の昼頃にはすっかり水が抜けているほど。パドックは開閉式の屋根が据え付けられており、ここでも天候への配慮がなされている。

競馬場建設と同時に交通インフラも整備され、MTR東鉄線の「馬場(Racecourse)」駅が直結されている。九龍半島の繁華街中心部からも30分程度で着く。このほか、開催当日は香港の各地から臨時バスが運行。香港国際空港からも車で40分程度と非常にアクセスがいい。

シャティン競馬場が最もにぎわうのは、シーズンの初日と最終日、香港ダービー、そして旧正月の開催で、それぞれの開催日は文字通り立すいの余地もない。

2017年現在、1200頭あまりの香港調教馬は全てシャティン競馬場にある厩舎に在厩。一部のバリアトライアル(模擬レース)を除いて、全ての調教がこの地で行われている。ほとんどの騎手や調教師、厩舎スタッフも周辺に居住しており、香港競馬に関するものの大半がここに集約されている。しかし、2018年より、国境を越えた広東省・広州に「従化トレーニングセンター」がオープンする。この新施設はサテライトとして運用される見通しで、一部の馬とスタッフが新しいファシリティに移されることとなる。

注記:重賞の格付けは、2017-2018年シーズンの格付けを記載

文:土屋真光
(2017年11月現在)

  • シャティン競馬場芝1200m

    香港スプリントの行われる芝1200mは、向正面の中ほどからスタート。同じ舞台では、他に1月のセンテナリースプリントカップと4月のチェアマンズスプリントプライズという2つのG1競走が行われる。

    香港スプリントで使用されるAコースは仮柵を使用せず、最も幅員のあるもので、フルゲートは14頭となっている。スタート地点の外側は、運河とそれに並行するジョギングおよびサイクリングコースとなっている。競馬場はそれよりも一段高い位置にあるものの、外の風景は丸見えで、集中力を欠く馬は輪乗りの段階で注意が必要となってくる。

    最初のコーナーである3コーナーまでの距離が約300mと短いため、序盤の攻防が非常に激しくなりやすい。また、馬格のない馬はここでもまれるので、小型馬はやや不利。3コーナーに向かっては上り坂で、先行馬はスピードに加えて、この坂に負けないパワーも必要になってくる。3コーナーに入ると徐々に外側がせり上がったバンク状のコースとなる。そのため、スピードが緩むことなくコーナーを通過できる。4コーナーでは再びフラットになり、シュートコースと合流して直線へと向かう。最後の直線はゴールに向かって緩やかな下り坂で、またコース全体の断面が丸みを帯びたカマボコ状となっているため、外から伸びる馬は内に切れ込みながら加速をつけることが多い。直線距離は430m。

    芝1200mAコースにおいて、2014-2015年シーズン、2015-2016年シーズン、2016-2017年シーズンの3年間の統計で、最も勝率が高いのは大外「14番」で60戦8勝、勝率は13.3%とイメージよりも高い。これに続くのが、80戦10勝で勝率12.5%の「2番」、79戦8勝で勝率10.1%の「7番」で、勝率が10%を超えるのはこの3つ。最も勝率が低いのは67戦2勝、勝率3.0%の「13番」で、「10番」も勝利5%を切っている(76戦3勝、勝率3.9%)。連対率で見ると、「7番」の22.8%が最も高く、3着内率でも32.9%でトップ。これに続くのが連対率20.0%の「6番」で、3着内率も32.5%(2位)。また、「2番」は連対率で18.8%、3着内率で30.0%(共に3位)となっている。一方、勝率1位の「14番」は、連対率が16.7%、3着内率が18.3%で、勝率ほどのアベレージはない。

    香港スプリントが現在の条件となった2006年以降、香港調教馬が8勝、日本が2勝、南アフリカが1勝。また芝1200mのレコードタイムは、2007年11月のインターナショナルスプリントトライアル(現:香ジョッキークラブスプリント)でセイクリッドキングダムがマークした1分07秒50だが、香港スプリントで1分07秒台を計時したのは2006年のアブソリュートチャンピオン(1分07秒80)のみで、他は1分08秒台の決着が多い。

    注記:重賞の格付けは、2017-2018年シーズンの格付けを記載

    文:土屋真光
    (2017年11月現在)

  • シャティン競馬場芝1600m

    香港マイルの行われる芝1600mは、2コーナーへと合流する引き込みコース上からスタート。同じ舞台では、他に1月の香スチュワーズカップ、5月のチャンピオンズマイルという2つのG1競走と、特別条件競走である1月の香港クラシックマイルが行われる。

    香港マイルで使用されるAコースは仮柵を使用せず、最も幅員のあるもので、フルゲートは14頭となっている。スタンドから離れている分、スタンドの騒がしさが届きにくく、いれ込みやすい馬も落ち着かせやすい。

    序盤は、3コーナーに向かって上り坂の向正面いっぱいを使うため、縦の隊列は早く決まりやすく、それほど流れが速くはなりにくいが、緩い流れの中で細かい動きも多い。ラップで見ると、重賞クラスでは、最初の400mが24秒台後半で、3コーナーに入りバンク状のコーナーを抜けて4コーナーへ入る次の400m-400mがそれぞれ23秒台前半、ゴールに向かって緩やかな下り坂となる最後の400mが22秒台中盤となっている。コース全体の断面が丸みを帯びたカマボコ状となっているため、外から伸びる馬は内に切れ込みながら加速をつけることが多い。

    芝1600mAコースにおける2014-2015年シーズン、2015-2016年シーズン、2016-2017年シーズンの3年間の統計で、最も勝率が高いゲート番は「3番」で51戦7勝、勝率は13.7%。50戦5勝、勝率10.0%の「2番」「10番」が2位タイで、勝率10%以上はここまで。最も勝率が低いのは50戦0勝の「6番」で、「12番」も47戦2勝の勝率2.1%、「13番」も46戦2勝の勝率4.3%と低い。連対率では、「2番」が22.0%でトップ。これに続くのが「3番」「9番」で19.6%。3着内率でも「2番」は36.0%(1位)で、29.4%(2位)の「9番」を大きく引き離している。一方、3着内率で15%を下回るのは、「6番」「12番」「14番」となっている。

    香港マイルが国際G1に昇格した2000年以降の17回で、香港調教馬が12勝、日本が3勝、イギリスとニュージーランドが各1勝(S.ビン・スルール調教師の管理馬は、イギリス調教馬扱いとした)。2015年にモーリスが勝利するまでは、香港馬が9連勝を果たしており、2016年も再び香港勢が上位を独占した。レコードはグッドババが2008年の香港マイルで計時した1分32秒71だが、その他の年の香港マイルでは1分33〜34秒台の決着が多い。

    注記:重賞の格付けは、2017-2018年シーズンの格付けを記載

    文:土屋真光
    (2017年11月現在)

  • シャティン競馬場芝2000m

    香港カップが行われる芝2000mはスタンド前の発走。他に2月の香港ゴールドカップ、4月のクイーンエリザベスⅡ世カップという2つのG1競走と、特別条件競走である3月の香港ダービーが行われる。

    香港カップで使用されるAコースは仮柵を使用せず、最も幅員のあるもので、フルゲートは14頭となっている。スタート地点がスタンドの目の前のため、スタンドの騒がしさの影響を受けやすく、いれ込む馬は注意が必要。スタートしてから最初の1コーナーまでが短く、序盤は内めの位置取り争いが厳しい一方で、位置を取りに行くなかで折り合いを欠く馬も少なくない。特に内枠の先行馬は、前に入られることを避けるために、スタートしてすぐに馬に勢いをつけすぎてしまうこともある。

    ラップで見ると、重賞クラスでは、最初の400mが26秒前後で、2コーナーから向正面中ほどまでの400m、そこから3コーナー手前までの400mがそれぞれ24秒台前半、そして、ここから400mごとに1〜1.5秒ずつ加速していくので、後半の800mは芝1600mとほぼ同ラップになる。コース全体の断面が丸みを帯びたカマボコ状となっているため、外から伸びる馬は内に切れ込みながら加速をつけることが多い。

    芝2000mのAコースにおける2014-2015年シーズン、2015-2016年シーズン、2016-2017年シーズンの3年間の統計で、最も勝率が高いゲート番は「3番」と「6番」で、共に20戦4勝、勝率20.0%。続いて16戦2勝、勝率12.5%の「12番」で、他では「1番」「2番」「8番」が20戦2勝、勝率10.0%で並んでいる。最も勝率が低いのは、それぞれ0勝の「7番」「9番」「13番」「14番」。このうち「13番」「14番」はレース数が11戦以下でのものだが、「7番」は20戦して、「9番」は18戦しての0勝。勝率1位タイの「3番」は、連対率35.0%、3着内率40.0%でそれぞれ1位。連対率では、「8番」が25.0%で2位。他に「2番」「4番」「6番」が20.0%で、0勝ながら2着2回の「13番」が18.2%で続く。3着内率では、「4番」が35.0%で2位。これに「8番」が30.0%で続く。「14番」は連対率でも0%。他では「11番」が勝率、連対率、3着内率の全てで5.6%と低い。

    香港カップではゲート番「3〜8番」が優勢で、外枠は2015年のエイシンヒカリ(11番、1着)のように腹をくくって早めに行き切るか、早々に控えるか、というはっきりとした乗り方が必要だ。国際G1に昇格した1999年以降、香港調教馬が6勝、イギリスが4勝、フランスと日本が各3勝、アイルランドと南アフリカが各1勝で、目下日本調教馬が2連勝中(S.ビン・スルール調教師の管理馬は、イギリス調教馬扱いとした)。コースレコードは1999年にジムアンドトニックが記録した2分00秒10で、勝ち時計が2分を切ったことはなく、香港カップの勝ち時計も概ね2分01〜02秒台の決着になることが多い。

    注記:重賞の格付けは、2017-2018年シーズンの格付けを記載

    文:土屋真光
    (2017年11月現在)

  • シャティン競馬場芝2400m

    香港ヴァーズが行われる芝2400mは、4コーナーへと合流する引き込みコース上からスタート。現在の香港における最長距離で、レース数も少なく、重賞は香港ヴァーズ、5月のチャンピオンズ&チャターカップ(G1)、その前哨戦であるクイーンマザーメモリアルカップ(G3)の3レースが行われるのみだ。

    香港ヴァーズで使用されるAコースは仮柵を使用せず、最も幅員のあるもので、フルゲートは14頭となっている。スタートから最初のコーナーまで約500mあり、序盤からスローになりやすい。

    ラップで見ると、序盤から1600mまでは400mあたり25〜26秒台で流れることが多い。ここで動く馬もいるものの、全体のラップが速くなることは少ない。しかし、3コーナーに入る残り800mから23秒台中盤と急激にペースが上がり、最後の400mは22秒台となる。後半の800mは、芝1600mや芝2000mとほぼ同ラップと考えていいだろう。後半1200mがスプリント戦並のタイムになることもあり、この急激なラップの変化への対応力が必要で、近年はメルボルンカップ上位馬の好走もあることから、息の長い末脚とスタミナが要求されるコースとなっている。

    芝2400mは2014-2015年シーズン、2015-2016年シーズン、2016-2017年シーズンの3年間でB+2コース(幅員24m)を含めても9レースしか行われてなく、またフルゲートでのレースは1度しか行われていない(2016年の香港ヴァーズ)。その中で最も勝率が高いゲート番は、6戦2勝の「9番」で勝率は33.3%。「1番」「4番」が9戦2勝(勝率22.2%)で続く。「9番」は連対率も50.0%、3着内率も66.7%とダントツ。他に連対率では「4番」が33.3%で、3着内率では「4番」「7番」が44.4%となっている。一方で低いのが、勝率、連対率共に0%の「6番」「14番」。また、「3番」「5番」も0勝で、連対率も11.1%どまり。

    香港ヴァーズが国際G1となった2000年以降、フランス調教馬が7勝、イギリスが6勝、日本が2勝、香港とアイルランドが各1勝(S.ビン・スルール調教師の管理馬は、イギリス調教馬扱いとした)。この10年でも、フランス調教馬は5勝を挙げている。コースレコードはヴィヴァパタカが2007年6月のチャンピオンズ&チャターカップで記録した2分24秒60で、香港ヴァーズの勝ちタイムはこれより約3〜4秒遅い。

    注記:重賞の格付けは、2017-2018年シーズンの格付けを記載

    文:土屋真光
    (2017年11月現在)

  • シャティン競馬場 紹介ムービー

ページトップへ戻る
表示モード: