このページは2004年に制作されたものです

競馬史に残る壮絶なマッチレース
昭和52年有馬記念 テンポイント



【史上最高と呼ばれるレース】
日本の競馬史上、“名勝負”と言われるレースは数多くある。そんな中で、「最高の名勝負は?」と聞かれたとき、多くの競馬ファンが迷わず選ぶのが、テンポイントとトウショウボーイの最後の対決となった昭和52年の有馬記念だ。
出走頭数はわずかに8頭。表面上の勝ち時計も平凡なこのレースが“史上最高の名勝負”と呼ばれるのは、いったい何故なのだろうか。

【テンポイントと鹿戸明の苦悩】
昭和50年8月のデビューから5連勝を飾り、スター街道を驀進していたテンポイント。しかし、1頭のスターホースの出現が同馬と鞍上の鹿戸を苦悩の道へと追いやることになる。その馬の名はトウショウボーイ。初対戦の皐月賞でテンポイントはトウショウボーイの5馬身差2着に敗れてしまう。
その後、ダービーではトウショウボーイが2着、テンポイントは7着。3度目の対戦となった菊花賞でついに宿敵に先着を果たしたものの、優勝はグリーングラスにさらわれテンポイントは2着。4度目の対戦は暮れの有馬記念だったが、ここでもトウショウボーイの後塵を拝する2着に終わる。

「テンポイントの4歳時は僕にとって苦悩の時代。脚光を浴びながら勝てないのだから、悪夢を見ているようでした」
それまで、人気薄馬での大駆けで穴党ファンに人気のあった鹿戸だが、現役屈指の人気馬で勝てない日々は辛い。5歳最初の対戦となった宝塚記念は、5ヵ月半振りの休み明けだったトウショウボーイに対し、テンポイントは重賞3連勝中、春の天皇賞制覇の勢いを駆っての出走。雪辱の絶好の機会かと思われたが、またも宿敵を捕まえ切れず、3/4馬身差の2着に敗れ去ってしまう。

【宿敵との最後の対戦】
こうして迎えたのが、2頭の6度目の対戦となった昭和52年の有馬記念。
ここまでテンポイントはトウショウボーイに対して1勝4敗。この年、天皇賞など6戦5勝と成績上ではナンバーワンとなったテンポイントだが、唯一の敗戦がトウショウボーイの出た宝塚記念。名実ともに最強馬と認められるには、トウショウボーイを打ち負かすしかない。トウショウボーイはこのレースを最後に引退が決まっており、今回がそのラストチャンスとなるのである。

【壮絶なマッチレース】
“トウショウボーイを倒して日本一になる”
胸に強い決意を秘めた鹿戸の気迫は凄かった。その気迫が乗り移ったのか、テンポイントも他馬を圧倒する気迫でこれに応える。しかし、トウショウボーイを駆る武の気迫もまた凄かった。戦前は好位からの競馬をすると見られていたが、スタートが切られると武・トウショウボーイは敢然と先頭に立つ。負けてなるかと鹿戸・テンポイントがこれを追う。2500mのスタートから2頭のマッチレースが始まった。
武がペースを落とそうとすると、すかさず鹿戸はテンポイントを内から併せに行く。“ペースを落とすなら、こちらが前に行くよ”という鹿戸の無言の圧力。向正面に入ると鹿戸は一旦下げ、今度は外から馬体を併せてトウショウボーイを揺さ振りに出る。他の出走馬などもはや頭にない。宿敵を倒すことが、すなわち勝つこと。鹿戸と武、テンポイントとトウショウボーイ、まさにがっぷり四つの真剣勝負である。
勝ちたいという執念、負けたくないという気迫。互いに認め合ったライバル同士の、プライドを賭けた壮絶な戦い。何故“史上最高の名勝負”と呼ばれるのかが、レースを見れば分かるはずだ。


(年齢は旧表記)






動画の掲載は、2004年
 をもって終了しました。

S38 日本ダービー メイズイ
S40 有馬記念 シンザン
S42 阪神大賞典 キーストン
S47 日本ダービー ロングエース
S48 弥生賞 ハイセイコー
S48 日本ダービー タケホープ
S50 桜花賞 テスコガビー
S51 朝日杯3歳S マルゼンスキー
S52 有馬記念 テンポイント
S56 ジャパンC メアジードーツ
S58 菊花賞 ミスターシービー
S59 ジャパンC カツラギエース
S59 有馬記念 シンボリルドルフ
H01 ジャパンC ホーリックス
H02 有馬記念 オグリキャップ
H05 有馬記念 トウカイテイオー
H08 阪神大賞典 ナリタブライアン
H10 毎日王冠 サイレンススズカ
H11 有馬記念 グラスワンダー
H12 有馬記念 テイエムオペラオー
H13 JCダート クロフネ
 
当サイトのムービーはMicrosoft Windwos MediaPlayerを使用しております。
 
 1977年 第22回 有馬記念

3467 1977年12月18日
5回中山6日9R
  2500m
  芝・右
  天候:晴 
  芝:良 
  発走 15時 10分

本賞
52,000,000円 21,000,000円   13,000,000円   7,800,000円   5,200,000円
付加賞
 295,400円   84,400円  42,200円
 







馬 名


騎手名
調教師名
タイム
着差
単勝
人気
1
3
3
テンポイント

5
 
鹿戸 明
小川 佐助
2:35.4

(1)
2
1
1
トウシヨウボーイ

5
 
武 邦彦
保田 隆芳
2:35.5
3/4
(2)
3
6
6
グリーングラス

5
 
嶋田 功
中野 隆良
2:35.6
1/2
(3)
4
5
5
プレストウコウ

4
 
郷原 洋行
加藤 朝治郎
2:36.6

(4)
5
2
2
トウフクセダン

5
 
宮田 仁
大久保 末吉
2:37.2
3・1/2
(7)
6
4
4
シンストーム

7
 
横山 富雄
尾形 藤吉
2:37.4
1・1/2
(6)
7 7
7
スピリツトスワプス

5
 
中野 栄治
荒木 静雄
2:37.4
アタマ
(8)
8 8
8
メグロモガミ

4
 
東 信二
境 勝太郎
2:37.4
ハナ
(5)

(年齢は旧表記)