顕彰馬 紹介

奇跡の豪脚 ミスターシービー

奇跡の豪脚 ミスターシービー  英国の詩人バイロンは「真実は小説より奇なり」と言ったが、誕生のエピソードからレースぶり、競走人生に至るまで、小説顔負けのドラマを演じたのが、史上3頭目の三冠馬に輝いたミスターシービーである。
 父のトウショウボーイと母のシービークインは現役時代に同じ新馬戦でデビューし、先行争いで天賦の才を競い合った間柄。シービークインの馬主であり、生産者でもある千明大作氏は、その時に目の当たりにしたトウショウボーイのスピードに魅せられ、愛馬の繁殖入りに際し、配合相手にトウショウボーイを選んだ。オークス3着、毎日王冠のレコード勝ちなど快足で鳴らしたシービークインと“天馬”トウショウボーイの仔なら、きっと一流の逃げ馬となるに違いない。そんな千明氏の青写真で誕生したミスターシービーは、神の悪戯か、稀代の追い込み馬へと成長を遂げていく。そして、シービークインは運命の仔を授かって以降、何故か産駒に恵まれることはなかった。

昭和58年★東京優駿(第50回日本ダービー)  母同様に手綱を吉永正人騎手に預けたミスターシービーは、初陣こそ親譲りのスピードで先行したものの、2戦目以降は追い込みに転じ、スリリングな走りでファンの熱狂的な支持を集めていった。不良馬場の皐月賞では泥だらけになりながら接戦の末に優勝。ダービーはスタートで出遅れる波乱の幕開けから、直線で豪快な末脚を繰り出してスタンドを興奮の坩堝(るつぼ)に変えた。当時のダービーは出走頭数が多く、序盤で10番手以内につけることが勝利のセオリーとされていた。ミスターシービーの破天荒なレースぶりは人々の度肝を抜き、その末脚は“神業”とさえ言われた。そして、夏風邪の影響で前哨戦4着からの挑戦となった菊花賞。「ゆっくり上り、ゆっくり下る」が定石とされる2周目の3コーナーで、早くもミスターシービーはスパートを開始した。早すぎる――。誰もがそう思ったが、直線では脚勢が衰えるどころか、逆に後続を突き放す強さを見せつけ、昭和58年のクラシックを壮大な叙事詩へと昇華したのだった。
 翌年は天皇賞(秋)にも優勝。番組改革により3200メートルから2000メートルに短縮された伝統の一戦で、導入されたばかりのターフビジョンが英雄の姿を映し出すと、観衆は新たな時代の風に沸いた。競走生活後半は1歳下の三冠馬シンボリルドルフの躍進に押される格好となったが、その哀愁さえも人気の原動力とし、人々の心を捉えて離さなかった。引退後は皐月賞2着のシャコーグレイド、天皇賞(秋)3着のヤマニングローバルらを出し、晩年は千明牧場で母シービークインとともに穏やかな余生を過ごした。

レース映像

昭和58年 日本ダービー

HIGH

LOW

血統表

ミスターシービー
牡 黒鹿毛
昭和55年4月7日生
浦河・千明牧場生産
調教師 松山康久(美浦)
馬主 千明牧場

トウシヨウボーイ
1973 鹿
テスコボーイ
Princely Gift
Suncourt
ソシアルバターフライ
Your Host
Wisteria

シービークイン
1973 黒鹿
トピオ
Fine Top
Deliriosa
メイドウ
アドミラルバード
メイワ

成績表

通算 15戦8勝

年月日 レース名 距 離 着順 タイム 斤量 騎 手
昭57.11.6 東京 新馬 1600 1 1:38.5 54 吉永 正人
57.12.4 中山 黒松賞400万下 1600 1 1:36.3 54 吉永 正人
57.12.25 中山 ひいらぎ賞800万下 1800 2 1:50.4 55 吉永 正人
58.2.13 東京 共同通信杯4歳S 1800 1 1:49.5 55 吉永 正人
58.3.6 中山 報知杯弥生賞 1800 1 1:50.2 55 吉永 正人
58.4.17 中山 皐月賞 2000 1 2:08.3 57 吉永 正人
58.5.29 東京 東京優駿 2400 1 2:29.5 57 吉永 正人
58.10.23 京都 京都新聞杯 2000 4 2:03.2 57 吉永 正人
58.11.13 京都 菊花賞 3000 1 3:08.1 57 吉永 正人
59.10.7 東京 毎日王冠GII 1800 2 1:47.5 59 吉永 正人
59.10.28 東京 天皇賞(秋)GI 2000 1 R1:59.3 58 吉永 正人
59.11.25 東京 ジャパンカップGI 2400 10 2:28.2 57 吉永 正人
59.12.23 中山 有馬記念GI 2500 3 2:33.3 57 吉永 正人
60.3.31 阪神 サンケイ大阪杯GII 2000 2 2:01.4 59 吉永 正人
60.4.29 京都 天皇賞(春)GI 3200 5 3:22.3 58 吉永 正人

※レース名は当時の表記による

主な産駒

  • ヤマニングローバル……デイリー杯3歳S、アルゼンチン共和国杯、目黒記念

昭和61年顕彰馬選出

2012.5.26 レーシングプログラム掲載

ページの先頭へ戻る