顕彰馬 紹介

黒鹿毛の勇者 セントライト

黒鹿毛の勇者 セントライト  日本競馬史上初の三冠馬セントライトは、昭和13年、岩手県雫石の小岩井農場で生まれた。小岩井農場といえば戦前の馬産を下総御料牧場とともに支えた名門で、日本のサラブレッドの基礎牝系となる優良な繁殖馬を多数繋養していたことで知られている。セントライトの母フリツパンシーも初仔から帝室御賞典優勝馬タイホウを出した名牝で、さらにセントライト、トサミドリを出し、2頭の顕彰馬の母ともなった。父は昭和10年に輸入された英2000ギニー馬ダイオライト。後年、種牡馬として一時代を築くが、導入当初は大柄な馬体が好まれず、芳しい評価を得られなかった。そうした見方に反発したのがダービー馬クモハタの馬主であった加藤雄策氏で、加藤氏は父馬似のセントライトを自らの所有馬とすると、他の有力馬に先駆けて旧4歳3月の横浜でセントライトをデビューさせた。

昭和16年★横濱農林省賞典四歳呼馬(第3回皐月賞)  折しも日本の競馬は大きな転換期を迎えていた。明治以降、全国で設立された競馬主催団体が「日本競馬会」に統合され、馬匹改良を目的に体系的な競馬番組の編成が行われたのである。その目玉がクラシック五大競走の創設で、昭和7年創設の東京優駿に加え、昭和13年には菊花賞(京都農林省賞典四歳呼馬)とオークス(阪神優駿牝馬)、14年に皐月賞(横濱農林省賞典四歳呼馬)と桜花賞(中山四歳牝馬特別)が初めて行われた。セントライトが初陣を迎えたのは、そうした情勢下の昭和16年であった。人気薄ながら初戦を勝利で飾ったセントライトは、続く皐月賞を1番人気で快勝。ダービーでは後続を8馬身ちぎる大楽勝を収め、鞍上の小西喜蔵騎手をして「あんな楽なレースはなかった」と言わしめている。秋は太め残りと66キロの斤量が響いて始動戦を3着に敗れたが、その後2連勝して京都へ移動。1戦を叩いて菊花賞に駒を進め、史上初の三冠制覇を成し遂げた。それは太平洋戦争が勃発するひと月半前のことであった。
 引退後、種牡馬となったセントライトは、産駒から天皇賞馬オーライトらを出し、また昭和22年には「セントライト記念」が創設され、その功績を称えられた。現在、競走馬の質は飛躍的に向上し、各馬の特性と力量に合わせて細かく適鞍を選べるようにもなった。一方で、クラシック三冠レースは今も春秋二季に渡り、距離もコースも異なる条件で争われている。そこで問われるのは「あらゆる条件を克服して勝つ」ことであり、揺るぎのない強さである。セントライトからオルフェーヴルまで、時は移ろえど、三冠馬の価値と輝きは不変であり、人々の憧れであり続けている。

※三冠レースの競走名は現在の表記に準じた。

血統表

セントライト
牡 黒鹿毛
昭和13年4月2日生
岩手・小岩井農場生産
調教師 田中和一郎(東京)
馬主 加藤雄策氏

ダイオライト
1927 黒鹿
Diophon
Grand Parade
Donnetta
Needle Rock
Rock Sand
Needlepoint

フリツパンシー
1924 黒鹿
Flamboyant
Tracery
Simonath
Slip
Robert le Diable
Snip

成績表

通算 12戦9勝

年月日 レース名 距 離 着順 タイム 斤量 騎 手
昭16.3.15 横濱 新呼馬 1700 1 1:53.0 55 小西 喜藏
16.3.30 横濱 横濱農林省賞典四歳呼馬 1850 1 1:59.2 57 小西 喜藏
16.4.5 中山 呼馬 2000 1 2:12.8 58 小西 喜藏
16.4.27 中山 呼馬 2200 1 2:23.4 58 阿部正太郎
16.5.3 東京 古呼馬特殊ハンデキヤツプ 2300 2 58 小西 喜藏
16.5.10 東京 古呼馬 2300 1 2:27.6 61 小西 喜藏
16.5.18 東京 東京優駿 2400 1 2:40.2 57 小西 喜藏
16.9.27 横濱 古呼馬特殊ハンデキヤツプ 2200 3 66 小西 喜藏
16.10.5 横濱 古呼馬 2200 1 2:30.6 66 小西 喜藏
16.10.12 横濱 横濱農林省賞典四、五歳呼馬 2800 1 3:08.0 56 小西 喜藏
16.10.18 京都 古呼馬 2400 2 68 小西 喜藏
16.10.26 京都 京都農林省賞典四歳呼馬 3000 1 3:22.6 57 小西 喜藏

※レース名等は当時の表記による。また昭和34年(1959年)9月4日までの競走タイムは、1/5秒単位で記録されていたものをすべて1/10秒単位に換算(1/5秒単位を2倍)して表示した。

主な産駒

  • オーライト…平和賞〔天皇賞(春)〕
  • オーエンス…天皇賞(春)
  • セントオー…菊花賞
  • ニユージヤパン…農林省賞典〔中山大障害(秋)〕

昭和59年顕彰馬選出

2012.4.14 レーシングプログラム掲載

ページの先頭へ戻る