顕彰馬 紹介

日本の誇るマイラー タイキシャトル

日本の誇るマイラー タイキシャトル  イギリスの競走体系に範を取り、一方で優秀な軍馬の育成を国策としてきた日本では、かつてスタミナに長けた馬を重んじてきた歴史がある。戦後、競馬が国民のレジャーとなってからも、クラシックや天皇賞、有馬記念など伝統ある重賞の勝ち馬と比べ、短距離志向の馬はなかなか一流とは認められなかった。そんな歴史に風穴を開け、短距離路線の活躍馬として初めて年度代表馬のタイトルを手にしたのがタイキシャトルである。
 父のデヴィルズバッグはサンデーサイレンスと同じヘイロー産駒で、2歳時には卓越したスピードを武器にG1・2勝をあげ、アメリカの最優秀2歳牡馬に選出された。母のウェルシュマフィンは現役時5勝。その父カーリアンは仏ダービーの勝ち馬で、日本でもシンコウラブリイ、フサイチコンコルドなど多数活躍馬を出している。そうした血統背景はタイキシャトルの競走成績にもよく表れている。平成9年、3歳の春にデビューし、早くからダート・芝ともに非凡な能力を見せた。当時秋に行われていたダートのユニコーンSで重賞初勝利をあげた後は本格的に芝の重賞路線に転じ、スワンS、マイルチャンピオンシップ、スプリンターズSと、短距離戦線の王道で次々とタイトルを奪取した。その年、デビューから8戦7勝でJRA賞最優秀短距離馬に輝いたが、それもタイキシャトルにとっては、翌年さらに高く飛翔するための助走に過ぎなかったと言えるだろう。

平成10年★第48回安田記念(GI)  平成10年は夏の欧州遠征を目標に掲げ、始動戦の京王杯スプリングCをレコードタイムで快勝。安田記念で初めて不良馬場を経験したが、タフなコンディションのなかでも圧倒的な強さを見せつけた。そして、フランスはドーヴィル競馬場で行われた8月のジャック・ル・マロワ賞。欧州伝統のマイル戦で1番人気に推されたタイキシャトルは、アマングメン、ケープクロスといったG1ウイナーとの激しい競り合いを制し、鞍上・岡部幸雄騎手とともに栄光のゴールを駆け抜けた。1週前にはシーキングザパールがモーリス・ド・ゲスト賞に出走、日本調教馬初の海外G1制覇を成し遂げたばかりで、日本の競馬サークルと多くの競馬ファンにとって忘れられない夏となった。

平成10年★第48回安田記念(GI)  帰国後にはマイルチャンピオンシップを2年連続で制し、平成10年度のJRA賞年度代表馬を受賞。翌年、短距離馬として初の殿堂入りも果たし、新たな時代の到来を世に知らしめた。現在は種牡馬として活躍中で、芝・ダート不問の快足馬メイショウボーラー(フェブラリーS)を筆頭に、ウインクリューガー(NHKマイルカップ)、サマーウインド(JBCスプリント)らを送り出している。

レース映像

平成10年 安田記念

HIGH

LOW

血統表

タイキシャトル
牡 栗毛
平成6年3月23日生
米・Taiki Farm生産
調教師 藤沢和雄(美浦)
馬主 (有)大樹ファーム

Devil's Bag
1981 鹿
Halo Hail to Reason
Cosmah
Ballade Herbager
Miss Swapsco

Welsh Muffin
1987 鹿
Caerleon Nijinsky
Foreseer
Muffitys Thatch
Contrail

成績表

通算 中央12戦10勝 海外1戦1勝

年月日 レース名 距離 着順 タイム 斤量 騎手
平 9. 4.19 東京 未勝利 ダ1600 1 1:39.0 55 岡部 幸雄
9. 5. 3 京都 500万下 ダ1200 1 1:12.2 55 岡部 幸雄
9. 6. 8 東京 菖蒲S 1600 1 1:36.5 55 岡部 幸雄
9. 7. 6 阪神 菩提樹S 1400 2 1:20.9 56 岡部 幸雄
9.10. 4 東京 ユニコーンS(GIII) ダ1600 1 1:36.8 56 岡部 幸雄
9.10.25 京都 スワンS(GII) 1400 1 1:20.7 55 横山 典弘
9.11.16 京都 マイルチャンピオンシップ(GI) 1600 1 1:33.3 55 横山 典弘
9.12.14 中山 スプリンターズS(GI) 1200 1 1:07.8 55 岡部 幸雄
10. 5.16 東京 京王杯スプリングC(GII) 1400 1 R 1:20.1 58 岡部 幸雄
10. 6.14 東京 安田記念(GI) 1600 1 1:37.5 58 岡部 幸雄
10. 8.16 ジャック・ル・マロワ賞(G1) 1600 1 1:37.4 59 岡部 幸雄
10.11.22 京都 マイルチャンピオンシップ(GI) 1600 1 1:33.3 57 岡部 幸雄
10.12.20 中山 スプリンターズS(GI) 1200 3 1:08.6 57 岡部 幸雄

※レース名は当時の表記による

主な産駒

  • ウインクリューガー…NHKマイルカップ
  • メイショウボーラー…フェブラリーS
  • サマーウインド…JBCスプリント

2012.2.18 レーシングプログラム掲載

ページの先頭へ戻る